engawa文庫

kanakenoがプロデュースするcafe&shop「お茶とてつびん engawa」には南部鉄器やお茶にまつわる書籍が置いてあります。

ご興味のある方は是非手にとっていただき、お読みいただきながらコーヒーやお茶をお楽しみください。
きっと穏やかな時間になることでしょう。

夢中になり、時間を忘れていただいても構いません。
時間の許す限り、ごゆっくりとお過ごしください。

また、ご自宅に眠っている

もっとみる
明日もきっといい日になる☆

9月10日 「向こう見ず」

22歳になった。
20歳以降、誕生日を迎えてもまだ20歳なのではないかと思う。
2年経ってあの頃とすこしは変わったのかな。
むしろあの頃と変わらないものってなにかな。
自分の中でずっと変わらないものってなんだろう。

なんかポエマーみたいだな。
寒気がするのでやめよう。

そういえば最近よく「学生っぽさ」がないと言われる。
「学生っぽさ」とは一体どういうことなのか。
現にわたしは学生で、
学生生活

もっとみる
ぜひまた読んでください!
10

アジア×スパイスカレーの掛け算

アジア料理をカレーにしたら? エダジュン 文化出版局

アジア料理特有の酸っぱい料理にカルダモンを合わせたり、ココナッツミルクの甘さにフェンネルのほろ苦さをミックスしたり、アジア料理の味わいを生かしつつ、カレー風味をプラス。
同じアジア圏とはいえ、それぞれの地域に様々な食文化があるところに、さらに「二度美味しい」掛け算レシピ集。
#ブックスはせがわ #書店 #本屋 #移動本屋 #移動販売 #移動

もっとみる

カレーカルチャー裏街道

奇書カレー屋まーくんのあなたが知らないスパイスの世界 カレー屋まーくん TANGDENG

かなり異質なのギャグ・シュール満載のカレー本。
「こういうノリ」が嫌いじゃない人はぜひ。
本職は音楽関係?
#ブックスはせがわ #書店 #本屋 #移動本屋 #移動販売 #移動販売車 #bookknock #読書 #雑誌 #書籍 #単行本 #文庫 #漫画 #絵本 #児童書 #エッセイ #小説 #magazi

もっとみる

「さよなら、シリアルキラー」殺人鬼の英才教育を受けた高校生の悩める青春

以前続編が平積みになってるのを見かけて惹かれたのだが、一巻目が見当たらなかったので買うのを断念したシリーズ。

書店はシリーズ物の最新刊だけ並べるのでなく、既刊もそろえていてほしい……(何十冊とでてるなら別だが、当時はまだ二冊目だったし)

今回は漫画家が帯と表紙を描くフェアに便乗して購入。

ちなみにこの企画「囀る鳥は羽ばたかない」のヨネダコウが「ストリート・キッズ」を、「からくりサーカス」の藤

もっとみる
読んでくれてありがとうございました!SNSでのシェアも歓迎です。

スパイスカレーに合う器って意外とあるようでない

andCURRYの野菜が主役の季節のカレー 阿部由希奈 世界文化社

流しのカレー屋、オルタナティブなカレーと名乗る女性店主によるレシピ集。
旬野菜・スパイス・ココナッツやハーブ、フルーツ、お麩や大豆製品を主な材料として展開。
ベジに興味ある方への参考に。

現在たつまき堂に並べています。お近くの方は是非足を運んでみてください。
そして、 「カレーをあれこれ楽しむ通販セット」販売中です!
スパイス

もっとみる

ラーメン王国at新潟

月刊Komachi(コマチ)
2020年10月号 ラーメン特集

年に1度のラーメン特大号
ラーメンパスポート付き
レベル高い新潟ラーメンの最新版!
新潟まで食べに行きたいけど出掛けられない方は誌面でぜひチェックを。
#ブックスはせがわ #書店 #本屋 #移動本屋 #移動販売 #移動販売車 #bookknock #読書 #雑誌 #書籍 #単行本 #文庫 #漫画 #絵本 #児童書 #エッセイ #小

もっとみる

書評|『人生論ノート』三木清

京都帝大で西田幾多郎に学んだのち、ドイツに留学して、リッケルトやハイデッガーに師事、哲学者であるとともに、社会評論家、文学者でもあった三木清のエッセー集。
学術論文のような堅苦しさはなく、語るような筆致で「~について」の23項目が書かれている。

死について/幸福について/懐疑について/習慣について/虚栄について/名誉心について/怒について/人間の条件について/孤独について/嫉妬について/成功につ

もっとみる
ありがとうございます。励みになります。
3

<おすすめ最新刊情報>〜 9月小説編Vol.4〜

「アスク・ミー・ホワイ」古市憲寿 (著)

過去はね、変えられるはずなんだよ。もしかしたら、未来よりもずっと簡単に初めて港くんと会ったのは、大寒波が到来した冬の日だった。港颯真・元俳優。写真週刊誌のスキャンダル報道によって、彼は、少し前に芸能界から姿を消した。ヨーロッパの街を転々としていたようが、ここアムステルダムに住み始めたという噂は本当だったのだ。

「空想クラブ」逸木 裕 (著)

吉見駿は

もっとみる
お読みいただきありがとうございます!励みになります!
2