【spin a yarn】
空をくるむのは誰
星模様のマントを羽織る烏(からす)
羽ばたくごとに夜が滴る

空をほどくのは誰
陽の瞳を持つ水鶏(くいな)
戸をたたいて朝を起こしてまわる

サンキュー。袖口から花びらが甘く香ってこぼれますように。
7

チャンネル

五郎は、何気なくテレビの電源をつけていた。

ただいつもと違うのは、今まで持っていたブラウン管の古びたテレビと昨日、購入したばかりの液晶テレビを横に並べ、ふたつともテレビの電源を入れていることであった。

購入した液晶テレビの画質と今までのブラウン管テレビの画質の違いを比較したいということで、古いテレビと横に並べてチャンネルを回す五郎。

当然、結果は明白。

地上アナログ放送が終了して、何年も経

もっとみる
Cảm ơn bạn "Ski"「スキ」ありがとうございます
13

「ま」が「わ」になる必要悪

「今って忙しいですか?」―Misakiより

「にゃん!」―from gyi8u

「あなたのアカウントは異常ログインをされたました」―xxxyo8T

「コン!」―まゆゆゆ☆

「Be sure to read this message!」―from spmdes YO

迷惑メールというものはどうしてこう、明らかに迷惑メールとわかるクオリティのものを送り付けてくるのだろう。使うサービスによって

もっとみる
あなたにも私にも、幸せ予報が出たよー!
37

たらこ

卒業式で突然告白する方っておりますけれど、あれは成功する訳ないですよね。
だって告白って付き合うのにいらないというか、確認儀式ですよ。そもそもカートに入ってないんだから買われる訳ないじゃない。
ああ、ごめんなさい。わたし、タハラコイと申します。友達にはたらこって呼ばれてます。どうしてのっけから繰り言ばかりかというと、わたしは今、そのまさにその、卒業式の後の教室に例の彼を呼び出して。
ガラリ、と黒板

もっとみる

「 二〇一九年 八月一六日 」

古い桐の箱を開けると、中には細い竹筒がひとつと、ふくらんだ巾着、そして、小さな巻物が入っていた。

 なんとはなしに、私は巻物へと手を伸ばす。ふいに、竹筒が動いた。ことりと、かすかな音をたてる。自然、私の意識は、そちらへ向いた。おそるおそる、手に取ってみる。とたん、竹筒の栓が吹き飛んだ。

 情けのない声をあげて、筒を取り落とす。床に落ちた竹筒は、ころころと転がり、私の足もとで止まった。かと思えば

もっとみる
ありがとうございます
2

少年エロティシズム

https://kakuyomu.jp/works/1177354054885801418/episodes/1177354054885801423

 エロビデオが欲しかった。
 兄が引越し、俺の部屋にデッキが来た。となれば、エロビデオは必須ではないか。
 だが、店舗で購入するにはリスクが高すぎる。18禁ののれんが、ベルリンの壁のように立ちふさがるのだ。これを突破するのは容易ではないし、さらに商

もっとみる

掌編 狭量

https://kakuyomu.jp/works/1177354054893773792/episodes/1177354054893773798

昼休憩の鐘が鳴ると一目散に駆けていくのは社食のみそ汁を大盛りでよそうためである。
 その俊足を見て工場の面々はやれやれといったように苦笑を浮かべ、つられるようにして食堂へ向かうのだが、相田だけは鋭い目つきで戸塚の後姿を睨むのだった。

 相田は

もっとみる

【掌編】内側。

毎日のように通る道に、私の好きな造りをした家がある。四角い窓の中に、ひとつだけある丸窓。

そこから毎日違うひとが外を眺めている。じーっと、睨みつけることもあれば、笑い転げていたり、時に涙している。

なにが怖くて、面白くて、悲しいのだろう。ぼくから見る世界は特に変わったことなどないように見える。

今日見かけたのは、初老のおじいさん。その目は虚ろだった。どんな思いを抱いているのだろう。声をかけて

もっとみる
いいんですか!?ありがとうございます😊
8

【spin a yarn】
脳が空転する、もちろん、もちろん。
全力疾走させたんだ。
音楽を聴く。
スピーカーのボリュームをひとつまみ上げる。
ウーハーに足を乗せる。
ベースが痺れるように響いて心地いい。
わたしは生きていた。
イマジナリーキャットをなでる。
にゃ、と鳴く空耳。

サンキュー。コンペイトウの瞬きが甘く心を照らしますように。
5

菊一文字~きくいちもんじ~

ねぇ、知ってる?
「菊一文字」って元はただの「一文字」だったんだって
なんで「菊」がついたかって?
そんなこと聞くんだ、こんなことしているのに
ヒトは花になるんだよ
芍薬だったり牡丹だったり百合の花だったり
で、アンタの相手してるのは…

菊一文字~きくいちもんじ~
1)菊:キク科キク属の植物。
2)一文字:「一」の字のように横にまっすぐなこと。
3)菊一文字:仰臥した主導者の上に被主導者が足を大

もっとみる
Σ>―(*・д・*)→ キュン