2021/9/26【電子書籍】人気ランキングインした雑誌や写真集【俳優・女優・アニメ】

2021/9/26【電子書籍】人気ランキングインした雑誌や写真集【俳優・女優・アニメ】

2021/9/26【電子書籍】人気ランキングインした雑誌や写真集【俳優・女優・アニメ】 HELLO KITTY アイテムコレクション 3号 (トートバッグ) [分冊百科] (アイテム・カード・フォルダ付) (HELLO KITTY なつかしのアイテムコレクション) 2021/10/12発売 #HELLOKITTY #HELLOKITTY #ハローキティ #キティ  https://amzn.to/3i8FuvQ HELLO KITTY アイテムコレクション 2号 (

平手友梨奈さん

平手友梨奈さん

こんばんは 今回はすでに公開されている、新曲 かけがえのない世界 についてお話ししようと思います! 昨日のスクールオブロックで平手友梨奈さんやファンの方が話していた通りこの曲は、その時の感情などによって、歌詞の受け取り方が違うなと私も思います! 初めてこの曲を聴いた時には、平手友梨奈さんが少し明るめの曲なことに驚きました、、、でも、歌詞を聞くとなんだか決して明るい曲ではないなという感じがしました。 でもこの曲は、1度聞いてしまうと、何度も聞きたくなるような曲で、私が一

スキ
1
#15 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL5

#15 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL5

このシリーズ、VOL1~4まで、クニラの推測をウダウダと書き連ねてきたが、決して荒唐無稽な事を書いてるのではない。 なぜなら、こから先に起こる欅坂の結末は「平手派」の強烈な巻き返しでもあるし、また、その後の櫻坂の施策は、この頃の事を反面教師としているからだ。 それは今後書いていくこととなるのだが。 さて、本題。 いつもパワーダウンするライブ当日の記事ではあるのだが(笑) 運営(平手派、反平手派)平手友梨奈、他のメンバー、それぞれの思惑や決意が交差する春。 いよいよ! 欅坂

スキ
5
かけがえのない世界/平手友梨奈 を聴いて

かけがえのない世界/平手友梨奈 を聴いて

こんにちは。高校5年生です。 記事を書いている本日9月24日、平手友梨奈さんのソロデビューから2作目の楽曲となる「かけがえのない世界」がデジタルシングルとして発売されました。 早速購入し、1回フルで聴いてみましたので、その感想を今から書かせていただきます。 ちなみに私、この楽曲をフルで聴くのは初めてではありません。1度、FNS歌謡祭で披露されているからです。あのパフォーマンスは忘れられません。印象的だったのもありますし、単に私が録画を繰り返し観すぎて頭から離れなくなって

スキ
3
#13 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL3

#13 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL3

このシリーズ「ガラスを割れ~2018年お隠れの春」は、欅坂46の2ndアニバーサリーライブについて書こうとしている。 前回シリーズの「イマニミテイロ~2018年冬の分水嶺」もそうだったが、ライブの記事を書くまでに、長々とライブのバックグラウンドやクニラの当時の心境(妄想?)等を書いている。 それは何故か? それは当時を振り返ってのライブ感想を記事にしても、そのライブに対する熱がたりないからだ。 リアルタイムの熱には勝てない。 クニラがリアタイでライブを観た時の感情と、そ

スキ
4
平手友梨奈(てち)

平手友梨奈(てち)

今回紹介する雑誌はこの雑誌です!                                 平手友梨奈さんが様々なアートを巡るというもので、以前も違うところの アートを回って紹介していました。 私は自然が好きで、アートも好きなのですが現在コロナでなかなか遠くに行くことができないので、このアート巡りの雑誌を見て心を癒したいと思います!!!                          平手友梨奈さんが好きな方、アート巡りが好きな方是非読んでみてください

スキ
1
平手友梨奈(てち)

平手友梨奈(てち)

私が平手友梨奈さんのことを知ったのが、中学1年生の時でした。        兄が乃木坂のファンだったこともあり、私は、欅坂を知り欅坂ファンになりました!その中でも推しメンが、平手友梨奈さん(てち)でした。              あの迫力や不思議な感じに引き付けられ、、、                それからは、イベントがあると応募していたのですが、なかなか当たらず 平手友梨奈さん(てち)が脱退するまでに行けたイベントが握手会とミニライブでした。。。 握手会には、平手

スキ
4
#12 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL2

#12 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL2

改めて、もう1度書くが、この記事はファンとしての穿った想像であり、フィクションだ。 何1つ、根拠は無い。もちろん物的証拠もだ。 ただ、その後の欅坂の活動結果を状況証拠、根拠として書いている。 【平手の思い】 欅坂46の6枚目シングルにおける平手のセンター交代論争において、平手友梨奈本人はどう思っていたのだろうか。 まず、平手本人は、自分がセンターであることに拘りがあったのだろうか。 逆を言えば、センターでなくなった時に新センターの横(または後)で踊れるのか、つまり、センタ

スキ
3
#11 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL1

#11 ガラスを割れ~2018年 お隠れの春 VOL1

前回、「ひらがなけやきや」の武道館ライブについて、かなり穿った記事を書いた。 それに対して、当時を知らない「おひさま」かつ「リトルヤホス」から質問があった。 曰く、平手欠場で「ひらがな」に振り替え公演となったが、何故、平手抜きの欅坂公演ではなく、ひらがなに振り替えたのか。 即ち、「平手抜き欅坂」<「ひらがなけやき」なのか?である。 それは簡単な答えだった。 当時、平手抜きでのライブは想像が出来なかったと言う事。 それは、世間もファンも、なによりメンバーもだ。 もちろん運営も

スキ
2
派閥は自民党だけではないのだ!

派閥は自民党だけではないのだ!

イジメの多くは表面化しない。またその事実は匿名で語られる。ゆえに真実が見えてこないことが多いし、さらには被害者も加害者も口をつぐめばもうあとは傍観者だけが証言するのでそこには嘘もホントもなんでもありな状態になる。 今でこそ胸を張っておひさまですと言えるが、その前は欅坂46のファンだった。サイレントマジョリティ、二人セゾン、世界には愛しかない、風に吹かれても、エキセントリック、不協和音など、どれも好きだったし、けやかけなどで見せるメンバーの素の表情はどれも面白く、まさに今のひ