Toru Sugawara(JPN)

昭和ライダー世代の鉄馬乗り

Toru Sugawara(JPN)

昭和ライダー世代の鉄馬乗り

    マガジン

    • 令和2年松戸帰省

      令和2年10月19日から23日にかけて義母の住む松戸へ帰省しました。

    • 毎日の15分トレーニング/日記を書いてみる

      感じたことや思ったことを書こうと思わないこと/文章の長短にこだわらないこと/ネガテイブなことをポジティブに書いてみる/日記に書いたことは現実となる/日記をつけるメリット(自分を客観視できる/記憶力がよくなる/観察力がつく)

    • 平成30年北海道胆振東部地震

    • 料理本

    最近の記事

    【引越し#03】捨てたもの(1月29日現在)

    23日から27日の間に不要なものを処分。 過去に使っていたマイボトル、ランチボックス、ガラスボウルなどの燃やせないゴミ。 使用をやめてから一年以上使う機会がなかったので、不要と判断し廃棄。 スーツ、箪笥の肥やしの衣類、書類などの燃やせるゴミ。 就職に併せて購入したスーツは数十年着る機会はなかったが、記念品として持っていたもの。 捨てる前にと着てみたが、現在よりも2サイズダウンで着れたものじゃなかった。 箪笥の肥やしの衣類は、やはり一年以上着る機会がなかった上、今更見ると結

      • 『ルパン三世VSキャッツ・アイ』ルパンチームの声優陣は納得だが、キャッツチームの声優陣がどうも、、、。エンディングのANRI杏里も残念だなーという感じ。ストーリーもルパンらしい作品。結局のところキャッツがイマイチ。一番残念なのは内海刑事。ボク的評価は☆☆★

        • 『ゴーストバスターズ』1984年公開の第1作からどういうつながりかと思ったら、オリジナルストーリーのリメイクだった。それもチームがすべて女性陣でアシスタントが男性という。これも昨今の男女平等から来てるのだろうか。ボク的評価は☆☆★

          • 『コーヒー&シガレッツ』タイトルを見て「あれ?なんか知ってるかも」と観始めた。全体的に静かに時間が過ぎていき、シュールな笑いをところどころに。ふと、有名な俳優が現れる。こういう作品を観ている自分ってイケてる、そんな作品。ボク的評価は☆☆★

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 令和2年松戸帰省
            Toru Sugawara(JPN)
          • 毎日の15分トレーニング/日記を書いてみる
            Toru Sugawara(JPN)
          • 平成30年北海道胆振東部地震
            Toru Sugawara(JPN)
          • 料理本
            Toru Sugawara(JPN)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            『この動画は再生できません』都市ボーイズのYouTubeチャンネルでお薦めされていたので視聴。オカルトをミステリーで解決という斬新なストーリー。ちょっと主人公らの読みが鋭すぎて、普通はそこまで考えつかないよな、と。脚本は優秀かと。ボク的評価は☆☆★

            【引越し#02】粗大ゴミについて

            部屋にあるカラーボックスやらテーブル、布団なんかは引越しに併せて廃棄することに。 ゴミ出しの案内を見てもこれらが記載されていなかったので、役所に問い合わせ。 布団は燃えないゴミ。燃えないゴミの袋に入らない場合は二枚で300円。 カラーボックスは1m超なら650円、1m以下なら300円。 木板は要相談。 カラーボックスを足にして、テーブルにしてあるので木板は多い。 テーブルは650円。 これらは粗大ゴミとして廃棄することになるが、ごみ収集所に持ち込むことで重量で支払い

            『左様なら今晩は』出て行った彼女と入れ替わるように現れた幽霊。その幽霊に恋をする男、そして男に恋をする幽霊。なんか切ない。その先の展開とか、結末とか分かっていても切ない。ボク的評価は☆☆★

            【引越し#01】バイクの引越しについて

            昨晩、妻所有のバイクをどうやって輸送しようかと考えていたところ、頭から離れず眠れなくなった。 一つの案として、バイクは息子夫婦のガレージに泊めてあることから、とりあえずは現状維持。必要になったら、もしくは一年、または二年以内に引き取りに戻る。 第二案は、引越しの後、つまり7月、8月の夏期シーズンに旭川に戻り、ツーリングしながらソロツーで運搬。一番現実的ではあるが、息子夫婦のガレージがかなり田舎なもので、想像以上に困難を極める。 第三案、引越し前に一度、義母宅に行く計画が

            2023年6月いっぱいで北海道を離れることにしました。今日、家族会議を行い決定しました。リア友のいないnoteではこうして話すことができますが、リア友や会社には4月に入ったら報告しようかと思います。今後、引越し記録をここで書き残せたらと思います。

            『パッセンジャー』「乗客5000人、目的地まで120年、90年早く2人だけが目覚めた」というあらすじを知り、是非観たいと思っていた作品。GYAO!ありがとう。なかなか考えさせられるというか、鑑賞後のトークが弾みそうなストーリーではある。ボク的評価は☆☆★

            『大空港2013』正月休み、御節をつつきながら観るのに丁度良い作品。いかにも三谷幸喜監督らしく最初から最後まで楽しめた。途中で気がついたが、ワンシーン・ワンカットドラマというものらしい。まるで舞台を観ているようなそんな感覚。ちなみに竹内結子好き。ボク的評価は☆☆☆

            『大怪獣のあとしまつ』公開後の評価が随分と低かったので、何が低いのかと逆に観たかった作品。山田涼介、土屋太鳳を観て「恋愛もの?」と思ったり、オダギリジョー、ふせえり、岩松了を観て「コメディか」と納得。せっかくいい題材だっただけにシリアスのほうが良かった。ボク的評価は☆★★

            『アイス・ロード』物資を危険な道を通って運ぶというストーリーが、陰謀による妨害工作があり仲間や家族の命が失われてしまう。キャラクターで一番優秀な弟が命を落としたのは残念。別にそこまでする必要はなかったような、、、。あと、横転したトラックをけん引で起こすってどう?ボク的評価は☆☆★

            『ジオストーム』異常気象による自然災害を防ぐべく、衛星ネットワークで気象を制御するというシステムを作り上げた人類。しかし、そのシステムが暴走し世界各地で異常気象が起こしてしまう。システムのバグかと思いきや、実は、、、。ボク的評価は☆☆★

            『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』ど派手なアクションとぶっ飛んだキャラクターでまあまあ面白い。しかし、これといって印象に残るほどの作品ではない。最近のハリウッド映画は中国資本のせいか、出演者にもそれが表れて「なんかなー」とは思う。ボク的評価は☆☆★

            『ホリック xxxHOLiC』神木くんの映画ってアタリハズレがあるよね、てまさにそのハズレの作品。一度観はじめて途中で寝落ちしてしまい、翌日続きを観たものの続き観なくて良かったかなーという印象。 蜷川実花監督ってハズレじゃ、、、ボク的評価は☆★★