恋アス4話の天文シーンを元天文部のオタクが考察する

TVアニメ「恋する小惑星(恋アス)」の星空シーンや天文に関わるシーンを検証・解説する記事の第4弾です。まだ観ていない方にはネタバレとなる可能性があります。ご注意ください。

今回はつくばでの合宿回でした。筑波研究学園都市は科学好きなら絶対に楽しめる街なので、この機会にぜひ巡礼しましょう。

はじめに・おことわり

筆者は中学・高校・大学で8年間天文部に在籍し、現在も趣味として天体観望を行っています

もっとみる
Спасибо!
4

恋アス3話の天文シーンを元天文部のオタクが考察する

TVアニメ「恋する小惑星(恋アス)」の星空シーンや天文に関わるシーンを検証・解説する記事の第3弾です。まだ観ていない方にはネタバレとなる可能性があります。ご注意ください。

3話は天文要素少なめだったので執筆が楽でした。イノ先輩ありがとうございます。

はじめに・おことわり

筆者は中学・高校・大学で8年間天文部に在籍し、現在も趣味として天体観望を行っています。一方で、地質・気象など地学の他分野に

もっとみる
ありがとうございます!
7

ベテルギウスは爆発して2

冬の星座、オリオン座の1等星として有名だったベテルギウスが爆発しそうだ、と言うニュースはもう幾らかは皆さんご存知だと思います。

 見た目にも赤く明るく輝くベテルギウスは太陽よりはるかに巨大な「赤色超巨星」で太陽の約1000倍もの半径を持つ。距離は650光年と、非常に近い星の一つなのでとても明るく見える。年齢も太陽や地球が46億歳なのに対し、まだ1000万歳です。そう言う星は逆に太陽よりも温度は若

もっとみる
ゴロゴロ(喉鳴らし
44

星空散歩(冬)〜入門編

冬。寒さで外に居るのも辛い時期ですが、1等星が多く輝くきらびやかな季節でもあります。
明るい星をたどって、星空を散歩してみましょう。

---
<星空を説明するときは、上下左右ではなく、東西南北を使用するのが、>
<一般出来ですが、わかりやすさを優先させるため、北半球で南を向いて>
<立っていることを前提に、上下左右でまとめています。>
<1月1日22時、2月1日20時、3月1日18時ごろ、北海道

もっとみる

忘れられた女王だった数学

今日、東京大学安田講堂で開かれた講演を聴いてきました。テーマは、「数学の驚くべき力」でした。

数学が注目を浴びる理由

 最近、数学が注目を浴びています。それには3つの意味合いがあると考えられています。

1.現代社会を支える情報技術、データ技術の基盤として
2.人智を超えたヴァーチャルな世界や、超ミクロおよび超マクロな世界の記述ができる
3.分野横断研究をささえる科学の共通言語として

 今回

もっとみる
ありがとうございます!
2

63±16年後に爆発する星

や座(矢座)は、はくちょう座とわし座の間にある目立たない星座だ。ここにある「や座V星」(V Sagittae)という11等星が、西暦2080年代頃に爆発し、月を除くと夜空で最も明るい星となるかもしれないことが分かった。

や座V星は、白色矮星(※恒星が一生を終えた後に残される超高密度の天体)と通常の恒星かならる連星系だ。2つ星は非常に近接しているため、恒星から白色矮星に向けて物質が流れ込み、白色矮

もっとみる

恋アス2話の天文シーンを元天文部のオタクが考察する

TVアニメ「恋する小惑星(恋アス)」の星空シーンや天文に関わるシーンを検証・解説する記事の第2弾です。まだ観ていない方にはネタバレとなる可能性があります。ご注意ください。

1話についてはこちら。沢山の方にご覧いただけて、大変嬉しいです。

1話の放送から数日経っても、様々な側面から活発な考察活動が続いていて、作品の盛り上がりを感じます。また、ビクセンさんや星ナビさん、産総研さん、国土地理院さんな

もっとみる
ありがとうございます!
16

土偶と古代文明

「なんにもない なんにもない まったくなんにもない 生まれた 生まれた なにが生まれた 星がひとつ暗い宇宙に生まれた (中略) なんにもない大地に ただ風が吹いていた♪」
日本の縄文時代に勾玉、櫛などの石器と一緒に出土してきたと言われる神秘的な土偶の不思議な姿を観ていると子供の頃によくテレビで観ていた「はじめ人間ギャートルズ」のエンディングテーマが頭の中を駆け巡ってくる。土偶は古代の文献では生命の

もっとみる
うれしい、楽しい、大好き!
15

「ダークエネルギー」は宇宙を支配していない?

「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」は宇宙の加速膨張を引き起こしているとされる仮説上のエネルギーで、間接的な証拠から多くの天文学者がその存在を支持してきた。しかしこのエネルギーは実在しないかもしれないという研究が公表された。

ダークエネルギーと宇宙の加速膨張の最も有力な証拠は、遠方にある銀河までの距離の測定に基づく。これは「Ia型超新星の光度は常に一定の法則に従う」という仮定の下、超新星の見か

もっとみる

恋アス1話感想とか-みらちゃんとベテルギウス-

2019年冬アニメ「恋する小惑星(アステロイド)」の1話を視聴しましたので、感想や思ったこと、全く関係ないことなどをつらつらと書いていこうと思います。
 大学院生の頃に天文学を専攻していた関係で気になっていた作品なのですが、天文つながりの友人が「ちゃんと天文している」と絶賛していたこともあり、期待に胸を膨らませつつ、いざ...!(原作は未履修です)

とりあえずの感想

 わ...わたしも高校生に

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます ^ω^
2