2020上半期ベスコス5選

虐待の話を書いたり、突然下ネタをぶち込んだり、ジェンダーや就活について考察したかと思えば、古着や化粧について語り出したり、いよいよこのアカウントもカオスを深めてきている。

とはいえはじめからマガジンを作る気も、テーマを儲けるつもりもさらさらなかったので、好きなことを好きなように好きなタイミングで書いていく。今回は以前からやりたいと思っていた「わたし的ベスコス」をまとめてみようと思う。美容アカでも

もっとみる
コメントくれると喜びます🥺
6

メイクをする全ての人のために、全てのメイクが祝福されてほしい。 「地雷メイク」に思うこと

地雷とか量産型とかそういう言葉が生まれて、安易にカテゴライズされる場面が増えた。何のネガティブ感情もなしに自称するのも、自虐的に名乗って身を守るのも、カテゴライズする言葉によってそれぞれ好きにできる。勘違いに気づきやすくなって、あるいは、カテゴライズによる悪口をいいやすくもなった。
こういう言葉たちが、けっこう苦しい。

地雷。踏んではいけない普段は目に見えない埋まってる爆弾。

最近、地雷メイク

もっとみる
わたしもスキ
8

【汚部屋の玄関ドアの内装仕上げ】

ラスト1室の原状回復の続きを。
今回は、玄関ドア。

さすがに、既設の郵便箱は使えなさそうで…

リアテック化粧後に、新品を取り付けました。
総仕上げに向けて、淡々と進めていきます。

入居付けに期待しつつ。
それでは、また。

もっとみる
あなたの金運UPさせました(*´▽`*)トミマス
2

メイクと言葉

イガリシノブといえば「おフェロメイクの人」という認識までだった。
彼女がプロデュースしているフーミーのコスメも持ってはいるけど、色味が好きであって「イガリさんのブランドだから」という理由ではなかった。

プロフェッショナルのイガリシノブ特集。テーマは「コンプレックスを、カワイイに」だった。このテーマじゃなかったら、私は素通りしていたかもしれない。

イガリシノブが発する言葉や思い、「自分を大事に自

もっとみる
ありがとうございます(*'ω'*)
3

Mon Laferte - Invéntame

一昔前を想わせる、昭和チックな乙女ソングです。スペイン語です。
化粧はケバいが、この演出はウマい!

”いいね“ありがとうございます
1

私は今日も、化粧をする。

脱コルについては、賛同も反対もできない。っていう一番逃げ腰の立場をとってしまう。

まず、脱コルに賛同できない理由は3つ。

脱コルの目指す先に、何が成し遂げられて、誰がどんな形で権利や自由を獲得できるのかが曖昧な点。

次に、脱コルが闘っている“モノ”もかなり不明瞭だ。

最後に、「育フェミ」やトランス差別の文脈に代表される、「〇〇を支持できないならフェミニストでは

もっとみる
よければ、シェアしてくださると嬉しくてジャンプします!
24

私がメイクヲタクになったわけ

こんにちは〜。Wendyです。

今日は私の趣味の一つ、メイクのお話を。

これを読んでくださっている方の中には

様々な方がいらっしゃいますが

みなさん、メイクってしますか?

私はめちゃくちゃします。

しないと宅配便すら受け取れないです。

大学のオンライン授業をノーメイクで受けてて

「カメラオンにしてください」って言われたら

絶望して授業から抜けるレベルです。(笑)

私がこんなにな

もっとみる

最近やらなくなったこと。

毎日マスクをつける日々になって、最近は化粧を一切しなくなりました笑

見た目が変だったらするけど、何にもしてなくてもマスクしてると違和感がないんですよ。

それに、今マスク外すのは飲食時だけだし、元々メイクしないそのままの状態が自由で好きだから、なーにもしてない。

中には、別人!?って思うくらい化粧したときとしてないときで変わる人いるけど、私は別にしてなくてもそんなに変わってないと思うし。

もっとみる
読んでくれてありがとう!
2

人生初の女装をしたら世界が変わった話(194日目)

記事を開いていただき本当にありがとうございます。
理想の人生送り隊のでらと言います。

今日は人生初の女装をしたら世界が変わった話です。

メイクってすごい!

私が女装をしてみようかなと思ったきっかけは
タイに一人旅行をしたのがきっかけでした。

タイは美容に対する意識が高い国で
レディーボーイの人達のレベルもとても高いです。

街中ですごい美人さんに声をかけられたと思ったら
実は男でした、なん

もっとみる
本当に励みになります!ありがとうございます(*^▽^*)
3

心のお化粧

昔ぼーっとテレビを見ていて気がついたら

一生懸命観てしまってたドキュメントがあった。

介護施設にいるおばあさんのお話だ。

施設に入所するとそのおばあさんは

塞ぎ込んでしまったそうだ。

もともと人見知りだったのもプラスして人と全く関わりを持たないようになってしまったそうだ。

そんなある日、施設にメイクさんが来て無料でメイクをしてくれるというイベントがあった。

そのおばあさんは初めは嫌が

もっとみる