マッサージ美容液でモチ肌へ✨

皆さまこんにちは!!

いつもアテニア化粧品をご愛顧頂き誠にありがとうございます。

本日の担当は大丸京都店 田邉がお送り致します!

季節は秋🍁すっかり肌寒くなってきましたね❄️

着る服も何を着たらいいか迷ってしまう時期ですね🙈お肌も夏と比べて汗や皮脂の分泌量が減少してしまうのです、、、結果ごわつき、ざらつき、くすみや乾燥が発生してしまいます😳😳

そこで❕お洋服と同じくお肌にも季節に

もっとみる

実績紹介06|バナー制作:デザイン担当

フリーランスwebデザイナーFUKUYOSHI Designの福佳と申します。獲得系ランディングページの制作が得意です。なかでも、スキンケア・コスメに特化しております。(印刷も少々できます)
このページでは制作実績のご紹介をさせていただきます。

商品ジャンル

シャンプー、サプリメント、子ども用サプリメント、子ども用品、ドッグフード等です。*下記実績は一部です。

LP・バナー制作のご相談お待ち

もっとみる

コスメPRにおけるバーチャルヒューマン活用の最新トレンド情報

みなさんこんにちは!unbotマガジン編集部です。

最近、広告やPRにおいて存在感を増しつつある「バーチャルヒューマン」はご存知でしょうか?

CGで作成された人物を指すのですが、架空のキャラクターから実在の人物をデジタル化したものまでその表現は多様化しています。

雑誌モデルやインスタグラマーとして人々の生活にすでに浸透し始めているので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は

もっとみる

コスメのサブスクに望む3つのこと

コスメのサブスクを1回も利用したことがない私が勝手に考えた「コスメのサブスクに望むこと」を書いてみたいと思います!(笑)

試供品よりも多く、現品よりも少なく

私がコスメのサブスクに求めるのは、まず、商品の量(大きさ)です。
試供品は量が少なすぎて1回しか試せないものが結構ありますよね。化粧品って、何回か続けて使ってみないと合う合わないが判断しづらい時もあると思うんです。「最初はいいと思ってたけ

もっとみる
嬉しいです!
3

私がコスメを手放した理由

コスメを捨てた理由なんて、興味のない人からすると

「いやいや、コスメ如きで大袈裟な!」

「そもそも、そんな量を持ってる理由が分からない!」

って言われると思う。

どれだけ持っていたかを振り返ると

この無印良品の重ねられる引き出し収納が8段とテーブルの上のクリアファイルケース5個。

3段のキャスター全部。

収まりきらなかったアイシャドウパレット

色んな意味でため息が出てしまう。

もっとみる

はじめに〜自己紹介

現在36歳

30歳で結婚

31歳の時にパニック障害を患い

32歳でコスメ、メイクにハマる

33歳 美容系youtubeを始める

34歳で収益化を達成する

34歳 離婚

35歳 パニック障害が寛解状態になる。

36歳集めいていたコスメをほぼ手放す。

32歳から集め始めたコスメは離婚後も大事に転居先に持っていき、36歳になるまでほぼ捨てない。

なぜそんなにコスメにハマったのか

もっとみる

即完売!?アンプリチュードのクリスマスコフレが可愛すぎる

本日10月28日は、お気に入りブランドのひとつ、アンプリチュードのクリスマスコフレの発売日である。既に予約をしていたので急ぐことはなかったが、早く欲しくて昼休みにそそくさと受け取ってきた。
オンラインサイトは販売開始早々で全色完売、店頭でも02番の色は開店からほどなく完売したようで、凄まじい人気ぶり。もしかするとアンプリチュードが今年のクリスマスコフレの大本命だったという方も多いのではないだろうか

もっとみる

コスメ

これから始める人、すでにコレクションしている人、マナーとして最低限と考えている人。多分それぞれです。

私はもともとコスメに興味がありました。人並みに集めていたし、時間もお金も費やしたこともありました。だけど、ふと見直したときに、「あっ、これ懐かしいなもう使っていなかったな」 「あの頃は大好きだったけれど、今は何か違うな」と思うコスメもありました。

色々買いすぎて使わなくなるものがある。これは事

もっとみる

唇が口紅を欲している③〜ラムレーズンに恋して〜

秋の新作は毎年豊作続きです。
標題のラムレーズンというのはレブロンの口紅の色名です。
自分でもレブロンの商品紹介をしていて驚いているのですが、たまたまでございます。

今月中旬に発売された「レブロン スーパー ラストラス グラス シャイン リップスティック」。
「光が透けるガラスのように、シアーで艶やかな新質感」という謳い文句でした。
シアーで艶やかということは、「あまり発色はしないし多分色持ちも

もっとみる
恐れ入ります。ありがとうございます。

RMKでコスメカウンターデビューしました

私のメイクはというとプチプラを自己流で雑に塗るといった感じ。
年齢を重ねカバーしきれなくなってきたこともあり、それなりにメイクできるようになりたい!と思うようになってきたこの頃。
善は急げとコスメカウンターに行くことにしました。

いざRMKへ

・初めてでも入りやすい
・使い方を丁寧に教えて欲しい
・お値段
の観点から調べた結果、RMKに行くことに決めました。「初コスメカウンター」系のブログで情

もっとみる