子供の起業家精神が育たないのは周りにいる大人のせい

会社を作る。
自ら稼ぐ…を
自分自身やったことがないから
子供には自分のわかる範囲で行動させようとする

勉強していい大学へ…
安定した公務員に…

それでもいいけど、
それ以外の選択肢も持てれば
起業をしなくても様々なところから
「求められる人」になれる。

とにかく親が出来ることは
子供に選択肢を増やす経験をさせてあげること。
プログラミングを2つ学んでるのもその為。

起業家

もっとみる

それ、起業前に知りたかった。

起業を思い立って、素早く行動し、起業する。

起業家にとってスピードは、強力な味方だ。特に、成長分野のビジネスでは、常にスピードが求められる。

一方で、起業前にしかできなかったり、起業前に冷静に検討しておいた方がいいこともある。

今回は、これから起業を目指す人が「それ、起業前に知りたかった」と後悔することがないように、起業前にやっておきたい5つの準備をまとめてみた。

あたり前だと思ってしまう

もっとみる
君のスキも増えますように!
27

演じきるからこそ、楽じゃないこのキャラクター

あの頃の自分を取り戻す。最もギラギラしていた頃の自分を思い出す。前回のコラムでそう宣言しました。そうです。大好きだったあのころの自分を超えていかなければなりません。

 ただ、もうどんなキャラクターだったかも思い出せないのです。すっかり優等生なのです。そこで見つけ出しました。大好きだったころの自分の写真を。(投稿写真参照)この写真をお手本にしていきます。

 なんてふてぶてしいおっさんなのでしょう

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
7

startup weekendに小3と中3の娘たちだけで参加してみた

startup weekendに娘たちが初めて参加させて頂きました。

子供の年齢は9歳と15歳。
保護者は付き添わず子供たちだけでの参加になりました。
主催者の方々に事前にご迷惑ではないか?と確認をしてOKを頂きましたが、最初は本人たちも不安だったようで、まず1日目見学で…って思ってたら、運営者の方からもし最初参加して難しそうなら途中で帰って、また発表を見に来て頂けたら!こちらは大歓迎ですよーと

もっとみる

20代と関わって感じた使命(勝手に

この1年
例年以上にたくさんの人と会うことができた。
そのうち半分くらいは20代。

ジェネレーションギャップってやつ?

20代の彼らと関わるごとに
改めて自分は20代が終わったんだと感じた。
と同時に
・仕事観
・時間の使い方
・挑戦の仕方
・コミュニケーション
少なからず、
自分たちとの感覚の差から行動の違いを感じた。

それ以上に、
僕の先輩たち(30代40代〜)の人たちとの感覚の差、行動

もっとみる
仲良くしてください!
5

恵比寿から松屋が消えたなら

いつものように松屋に入ろうとして、
張り紙を見つけて言葉を失った。

閉店のお知らせ。

えっ!?そうなの?これ日付、今日じゃん!
嘘でしょ?あと1時間で閉まるってこと?

まったく信じられなかった。

カウンターしかない狭い店内は
いつも通り満席なのに。

牛めしはもう売り切れていて、
券売機の表示はカレーしかなかった。

「創業ビーフカレー復活」という文字が
やけに虚しく光っている。

創業も

もっとみる

創業 パラレルキャリア(兼業・副業)

競合にならない範囲であれば、準備や助走をしながらの創業は、極めて現実的な選択肢ではないでしょうか。公務員の方には縁遠いテーマですが、民間では随分理解されてきている様子を、肌で感じるようになりました。

注目される「パラレルキャリア」という選択肢

多くの人が創業に一歩を踏み出せない要因の1つとして、「収入が減少しないか」「生活が不安定にならないか」といった金銭的不安があるようです。それを打破する効

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです💖
5

新創業融資制度とは|起業時に年利3%以下で数百万円の融資を得る知識

(※このnoteはすべて無料で読むことができます)

・起業しようと思っているけど資金が足りない
・資金があれば事業を軌道に乗せることができるのに、手元にない
・融資を受けに行ってぞんざいに扱われた
・高い金利のカードローンで借りてしまっている

あなたは上のようなお悩みを抱えてはいませんか?

通常、融資といえば「借りた金額をしっかり返せる確証」があって初めて借りられるもの。銀行などもビジネスな

もっとみる

島原慶将 キャラがブレてました。

今年の夏で日本へ帰国して丸二年になります。「鮪のシマハラ」をオープンさせてからも半年以上が経過しました。おっさんではありますが、日本で商いをするのは初めてでした。ゼロからの再挑戦ということもあり、謙虚な気持ちで事業をスタートさせました。

 会社を登記したころのは私はまだ仲間もなく、それこそ野菜ひとつどこから仕入れれば良いのかも分からない状態でした。あるのは挑戦したいという熱い思いと極限まで肥大化

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。
5

「キラキラ」という言葉にモヤモヤしていた理由がわかった話とおすすめ拠点

おはようございます、やまもとみずです。

先日、キラキラママとか諦めないの!という言葉に違和感があるという話を書きました。

この時は自分の感覚でモヤモヤする理由を書いたのですが、何故モヤモヤしてるか理由がわかりました。

先週とあるセミナーの資料を見てこの言葉を見たことに始まります。

「キラキラ起業女子」

そこにはラグジュアリーなお店でお茶会をしているセレブリティな女性の集団の写真もありまし

もっとみる