世界遺産「サン・ファン歴史地区」

■米領プエルトリコの世界遺産サン・ファン歴史地区

石畳の道が敷かれたサンファン旧市街には、スペイン植民地時代のカラフルな建物が立ち並び、海が見渡せる壮大なエルモロ要塞やラフォルタレサ要塞などの 16 世紀に建てられた歴史的建築物が残っています。

カラフルな建物が連なり、異国の地を感じさせてくれる街です。日本ではあまり使われないスカイブルーやピンクやグリーンなどの建物が青い空とマッチしてました。

もっとみる
アドビストックで写真販売してます。
6

世界遺産「サン・クリストバル砦」

■米国領プエルトリコの都市サンフアンにある世界遺産

サン・クリストバル砦は、旧市街東部に位置する。17世紀から18世紀にかけて建造。当時スペイン人がアメリカで建てた最大規模の軍事施設の一。砦の上からは市街と大西洋を一望できる。

1983年、「ラ‐フォルタレサとプエルトリコのサンフアンの歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

砦の上に置かれた大砲の砲弾

完成した砦は、当時のヨー

もっとみる
マイホームページもご覧ください。
7

田中みな美1st写真集『Sincerely yours...』買ったった!

こんにちは原田です。

回りの人たちがめちゃめちゃ押してたので買っちゃいました!

カメラマンは伊藤彰紀さん カメラはハッセルらしいです。

感想

田中みな美さんあまり知らなかったのですが
イヤー美人です笑

この写真集ではかもしれませんが派手な強さというよりはコーヒーと共に添えられるようなほのかに漂ってくる感じの美人です!笑

また写真の距離感がいいですよね

ちょうど読んでると自分と目が合

もっとみる

終日航海(大アンティル諸島沖合)

大アンティル諸島沖合の北緯22度38分・南緯67度30分を終日航海。
最高のお天気で、カリブ海が近くなって海がすごくきれいでした。明日は、プエルトリコのサンファンに入港です。

素晴らしい海の色と空の写真をたくさん撮影しました。

◆飛鳥Ⅱ世界一周クルーズ旅行記

◆Adobe Stockで写真・動画を販売してます。
下記アドレスからご覧ください。

もっとみる
嬉しいです。
6

香港路面電車〈トラム〉の走る街

香港の有名な二階建て電車の開通110周年を記念した写真集です。写真家永田幸子さんの写真に私が文章を添えています。
企画と取材が並行して進み、永田さんが撮影で香港にいるときに、東京で原稿を書いている私が「こういうところにこんなビルがあるのでそれも撮ってください」などとeメール交信をしながら作り上げました。香港の電車を包み込む街の色どりや光、人々を写真と文章でまとめ上げました。
後半には私がまとめた香

もっとみる
ありがとうございます! Thank you! 多謝!

入出港(ニューヨーク)

■飛鳥Ⅱ世界一周クルーズニューヨーク第90埠頭に入港

朝5時に起床して、ニューヨークの入港風景撮影に備える、 外を見ると一面真白な霧、ハドソン川入口のナローブリッジを、通過する頃朝日が見て、橋と太陽が霧の中にぼんやりと見えて幻想的だった。

待望の自由の女神が、右舷側に小さく見える頃に、霧が晴れてきて左舷側を通過する頃には、碧空も見えてきた。入港は、マンハッタン島のパッセンジャーターミナル・Pi

もっとみる
シエアもよろしくお願いします。
3

ニューヨーク「リトル・イタリー」

リトル イタリーでは、土産物店、伝統的なイタリア料理のレストランとベーカリーが狭い地域に凝縮されていて、大勢の旅行客を受け入れています。
その狭い街路には、これらの店舗が入居した貸しビルが並んでいます。

小さなエリアながら本格的なイタリアンを堪能できるグルメスポットとしても人気があります。イタリアに到着といった雰囲気に満足。香りも入店の誘いかたも、まるでローマ。昼食にピザを食べました。

◆世界

もっとみる
嬉しいです。
8

ニューヨーク「タイムズスクエア」

タイムズスクエアは、ブローウェイの42stから赤い階段がある47stまでのエリアのことをいい、世界中から毎日多くの観光客が訪れることから「世界の交差点」と言われています。

特にタイムズスクエアの夜の景色は大人気で世界中の企業の広告や巨大ディスプレイに映される映像、電光掲示板にネオンサインと、「眠らない街」と言われる理由が一目でわかります。

タイムズスクエア付近にはアメリカ発のブランドのショップ

もっとみる
いい日のなりますように。
4