多様性に駆動されるイノベーション Diversity-Driven Innovation

日本学術会議の新会員候補6人を首相が任命拒否したことに対し、学問の自由への介入として各学術界から抗議の声明が出ている。「総合的・俯瞰的」という言葉が連呼される状況下、この問題とは別次元であるはずの学術会議のあり方にまで議論が拡大している。

 とりわけ任命拒否された候補が人文学・社会科学者であったことから、その社会的かかわりに対しても議論が起きている。しかし、この20年ほどの間、人文学・社会科学の

もっとみる
ありがとうございます。
1

デザインの力で障がい者のものづくりを応援したい「equalto」

こんにちは。SUPLIFEミカです。
以前何かの記事で見た「ひらがなの箸置き」が心から離れず探してみたところ、
「デザインの力で障がい者のものづくりを応援したい」というコンセプトで、福祉施設で働く障がい者のみなさんの賃金向上を目的として立ち上げられた「equalto」というデザイン小物ブランドの製品でした。

ホームページの「Background」で説明されている内容にグッときてしまい、少し長くな

もっとみる

#70.【韓ドラ感想】愛の不時着

こんばんは。

本日もお疲れ様です。

最近、またもや韓流ドラマにドハマリしております。

「愛の不時着」最高ですね!

Netflixのランキングでは日本だけでなく、世界トップ3に入るほど大人気ドラマ。

韓国の財閥令嬢と北朝鮮の軍人の切ない恋愛物語。ロマンティックさだけでなく、コメディもありでかなりおススメです。

正直、初めて北朝鮮人も同じ人間なんだよなと思ってしまいました。

いつか争いが

もっとみる

一緒に遊び学び育つのはみーんなのベストアンサー♡

10/18はDS SMILE ProjectとNPO法人SUPLIFEのコラボ企画で「インクルーシブな環境ってどんなふうに作れるのかみんなで考えてみよう!」がテーマのオンラインイベントでした。

このイベントの龍円愛梨さんの思いです。

さて。まずはインクルーシブ公園。

愛梨さんがアメリカに住んでいた頃、普段子供を遊ばせていた公園は、どんな子も遊べる配慮のある「インクルーシブ 公園」だったと日本

もっとみる
ありがとうございます!
4

東京工業大学のサポート

こんにちは、くつばこのうたです。今日は「大学別サポート徹底研究」シリーズ第5弾、東京工業大学の支援についてご紹介します。早稲田大学に比べて生徒数が全然少ないので、そこまで色々な支援があるかわかりませんが、調べていこうと思います!
ちなみに、最初の写真は東工大の桜並木で春はとってきれいですよ。

☆支援窓口は「バリアフリー相談窓口」

バリアフリー相談窓口(https://www.titech.ac

もっとみる

カメラマン×発達障がい当事者×個展🌸初開催「人間に生まれてよかった!!」‟わらびちゃん”こと酒井笑美さん

皆さん、こんにちは。今日は人生初のインタビュー記事を公開いたします!

今通っているキャリアスクールSHElikesのライターコースにおいて、インタビュー記事の作成は課題のひとつであります。

実は、ライターコース課題提出の前に公開することになるのですが、この度インタビューさせていただいた酒井笑美さんの個展が名古屋で10/31まで開催されるため、いち早くお届けいたしたいと思います。

酒井笑美さん

もっとみる
コロナに負けるな!
9

くつばこをしている理由(あい編)

初めましてこんにちは!
今年20歳になりました、くつばこのあいです。

まず自己紹介させていただきます。

☆ あいとは。

 8月生まれの獅子座です。獅子座ってかっこいいし強いから8月に生まれてよかったって思っています。あいです。
 好きな色は黒色です。黒色って魅力的でかっこいいですよね。服装が黒でかっこいいとテンションが上がります。あいです。
最近、ヒロシです風に言うことにハマっております、あ

もっとみる

小さい頃の記憶 自転車の女の子

SUPLIFEゆみこです。

私が小学生だった頃、公文の教室までの道で、あるお店の前に、補助輪付きの自転車に乗った女の子がいました。

女の子は、いつもその自転車に乗っていてその場所から移動することなく、ハンドルを右左に動かして、車や人の往来をずっと見ていた。

彼女はいつも怒ったような顔つきをしていて、うまくお喋りができなかった。

「うー、うー」と唸るような声を出すので、
その子の前を通るとき

もっとみる

「やまゆり園事件」に見る排他的教育

皆さんは「やまゆり園事件」をご存知でしょうか。
神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設で起きた事件で、元職員だった植松聖が施設内にいた人々を次々と襲い、入所者19人を刺殺、入所者・職員26人に重軽症を負わせたという事件です。

この事件に関する本を読もうと思ったきっかけは、これまでnoteにも書いてきた「ユニセフの幸福度レポート」の結果にありました。
ランキングで見ればその順位だけが印象に残りますが

もっとみる
Thanks for your like❤️
10

共生社会では傍に人がいる

10月7日より、生きづらい人への伴走型支援で有名なNPO抱樸で複業を開始しました。
一緒に活動させていただき、気付かされた数々のことをつらつらと。

1, 一緒にいるということ

「ともに死ぬ」
何とも物騒な言葉ですが、死ぬ時(旅立つ時)は誰かがいるということ。
決して、心中ということではありません。

無縁社会と言われ、孤独死の場合、お葬式もなく火葬されることもある。
抱樸では、ホームレスの方を

もっとみる
スキありがとうございます!うれしいです
11