2020.10.27 スポーツを仕事に

今日は朝からオンラインでの面接でした。現在JASSBAの求人を公開している事もありまして、10月、11月と面接が増えていくとかと思います。面接をしながら、私たちも学ぶ事ができます。今、スポーツの仕事がどのように見えていて、スポーツスクールがどんなイメージなのか、そして現在のJASSBAやCOZYがどう写っているのかと、その辺りのフィードバックを得られる有意義な時間ともいえます。一方、こうしたスポー

もっとみる

若手を教育するのは回りまわって自分のためになる。

弊社ではここ数年、20~30名程度の採用を毎年行っています。
急激に成長をしているため、そうなると教える側の人数よりも教わる側の人数の方が自然と多くなります。教育者にとってクライアントワークをしながら後輩の教育も行うというのはなかなか大変なことだと思います。

また、いわゆる上流と言われる課題抽出~企画立案のポジションから入ることが多く、さらに長期視点で関わるような案件や、デジタルだけに止まらない

もっとみる
ありがとうございます!

ストロングポイント はなぜ地方で創業しているのか?

こんばんは。

ストロングポイント 採用担当 藤澤です。

現在中途採用・新卒採用を絶賛行っています!地方で何かしようと思っている
自身の経験を生かせる方、意気込みだけでも新卒の方はOKです!
特に新卒採用に関しては自分の時代の就職活動と現在の学生さんの就職意識の違い含め、出会いに関して毎日が新鮮な発見の日々です。今後の未来を担う皆さんとの面談はとても楽しいです!

今日は弊社の紹介をしますね・・

もっとみる

改めて考えるSTEAM人材の本質とは? 中心に人間性が求められる時代

「STEAM人材って、本質はそこにあったのか・・。」

ここ2-3年でよく耳にするようになったSTEAMという言葉。アメリカのシリコンバレーを中心に優れた人材に求められる要素として、またこれから育成されていく未来の人材開発としても注目されています。

STEAMとは、科学(Science)技術(Technology)工学(Engineering)アート(Arts)数学(Mathematics)の5

もっとみる
嬉しいです!励みになります!(まだの方はフォロー宜しくです)
65

本日の「耳の痛い」話

column vol.93

当社では「IMAGINAS(イマジナス)」という時流分析会議が毎週火曜日の朝に行われており、毎回さまざまなスタッフが気になったニュースや事例を持ち寄り、未来予測しています。

分析した内容はリーフレットにまとめ、毎週有料会員様に送付。こちらは私が入社する前から30年以上行なっているプログラムで、全盛期は1,000社以上の企業が登録。谷口コンサルトの源となっております。

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
53

【メディア掲載】コロナ禍で高知県内の企業のオンライン商談ををサポート

【メディア掲載】NHK WEB NEWS に弊社の取り組みが掲載されました!

高知県オンライン促進事業において
弊社の行う『オンライン商談ノウハウ取得セミナー』について
NHK WEB NEWSに掲載されました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20201014/8010009644.html

現在、高知県のオンライン商談促進事業の一環で高知県内の企業様

もっとみる

まともな人から辞めていく理由が気になる方に向けて

・なぜ、まともな人から辞めていくのか?
・優秀な人が退職する本当の理由は一つだけ
・大事なのは現状に「疑問」を持てるかどうか

原因から本当の退職理由と取るべき行動まで解説!
https://tak-affili.com/quit-from-a-decent-person

【やらされる】より【やる】の方が必死になるよね

知り合いのコンサルティング会社から1日だけの単発セミナーを開くという案内があった。

社員LINEグループで下記内容の告知•セミナー情報•休日に自己啓発として受けること(出勤扱いにはしない)セミナーのレポートを提出すれば研修費は会社が持つこと 

数少ない20代の若手社員2名が参加の意思表明をした。
手を挙げる社員はいない可能性もあると思っていたけど、、、まあ、よかったかな。

常日頃から、僕は仕

もっとみる
おおきに!感謝です♪
14

小学生の英語学習アンケートと行動経済⑤

アクティブラーニング

学習者である生徒が、
受動的となってしまう授業を行うのではなく、
能動的に学ぶことができるような授業を行う学習方法を、
「アクティブラーニング」と言います。
いわゆる実践型教育の事ですが、
私は教育にとても重要であると考えています。
行動経済に関するnoteを書き始めたきっかけ
「吉田行動経済研究所」
吉田行動経済研究所の第一回目、
2020年6月3日の記事がコチラ
学生応

もっとみる
ありがとうございます(^^)

「ジョブ型」への道筋

こちらの記事の中の各有識者からのコメントを引用しつつ、私見をまとめる。
 つまるところ、「継続的なスキルの習得」(Continuous Learning)がカギを握りそうだ。

1.「メンバー型」機能せず 経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏

現在は「GAFA」に代表される知的生産物を生み出すビジネスモデルが主流となった。企業の形も強い「個」を軸にしたものに変わっていく。

 企業側が求める「ス

もっとみる
Grazie mille! シェアにもご協力お願いいたします!
8