家に住めない人との旅 7

前回迄は、思い出を作るためのロードトリップに出たものの、初日から泊まれる所が見つからず、路上にテントを張って隠れて夜を凌いだ辺りまでを読んで頂きました。

夜が明けて辺りも明るくなりかけた頃、手早くテントを片付け酷いムードのまま出発しました。その時点で旅は打ち切り、私を送るため前日通った5時間のルートを逆戻りすべく走り出しました。私は驚きもせず何も言いませんでした。彼は殆ど寝ていないので(私もです

もっとみる
励みになります🌷
9

Hit The Road 北海道ロードトリップの旅日記 #4 マインドは曇りのち晴れ

東南アジア旅の記録『This Time Tomorrow』を連載したwebメディア「Container」で北海道をロードトリップした時の記録も全5回に分けて、掲載させて頂きました。コロナウイルスの流行によって、コツコツと準備を進めてきたカナダ渡航が出来なくなり、家に引きこもって悶々とする日々から抜け出して、北海道へロードトリップに行きました。
(*こちらの連載は、9月に北海道に行った時のことを書い

もっとみる
ありがとうございます!
2

Hit The Road 北海道ロードトリップの旅日記 #3 硫黄に誘われて

東南アジア旅の記録『This Time Tomorrow』を連載したwebメディア「Container」で北海道をロードトリップした時の記録も全5回に分けて、掲載させて頂きました。コロナウイルスの流行によって、コツコツと準備を進めてきたカナダ渡航が出来なくなり、家に引きこもって悶々とする日々から抜け出して、北海道へロードトリップに行きました。
(*こちらの連載は、9月に北海道に行った時のことを書い

もっとみる
ありがとうございます!
5

家に住めない人との旅 6

前回はロードトリップの慌ただしい初日について読んで頂きました。
みっちりと計画を立てない気ままな旅は聞こえはいいですが、それは幸運続きだった時には楽しくも、不運が続く場合もあります。その時に臨機応変に、立ち回れるでしょうか。。

最悪とも言える夜は、長く長く続きました。彼はまだキレ続けています。暗闇の中テントを張り猫をケージから出しました。そして彼が車へ荷物を取りに行く際テントを開けた瞬間、猫のル

もっとみる
ネコのために生きています🐾
8

ロードトリップ その1

長かったロックダウンの規制が緩和されたオーストラリアのメルボルン。
急に思い立って先週、車で超のんびり旅行に出かけた。

初日、内陸地の最初の滞在地へ向かう途中のこと。
私たちの車の前に小型トラックの荷台に羊と牧羊犬がぎゅうぎゅうに一緒に乗っていて
オットと私はずーっとそれを見ながら運転してた。

互いにすごく乗り心地が悪そうで、ずーっと落ち着きなく荷台で小競り合い。
羊たちと牧羊犬がどういう会話

もっとみる
読んでくださってありがとうございます。嬉しいです!
3

家に住めない人との旅 5

前回迄は病気を背負ったパートナーが「思い出を作る旅」に出たいということで、一緒にロードトリップへ出る運びを読んで頂きました。
目的地まで辿り着けなかった初日は、通過地点でキャンプ場を探しますが、どこも満杯で見つかりません。

やむ無くその晩はMotelの部屋へ落ち着くしかないということに。でもこれは本当に二人とも一番避けたい道でした。彼はまず室内に泊まるのが嫌で、眠れないとわかっています。更にウィ

もっとみる
一緒に書いていきましょう 👩🏻‍💻
12

Road Trip America

 インディアンジュエリーは、身につけることで自分をきちんと装っている幸福感を感じられ、コーディネートが引き締まる感じが心地良い。また、ここぞという時に身に着けて自分自身を鼓舞するツールにもできたりと、非常に万能なアイテムだと思います。

 私とインディアンジュエリーとの出会いは20代の頃。デザインはもちろん、歴史的背景、独特な世界観や思想を知り、その魅力に取り憑かれました。それから毎年、自分の誕生

もっとみる

家に住めない人との旅 4

前回はロードトリップへ出た初日に、奇跡的に見つかったガソリンスタンドにギリギリのところで救われたところで、話を締めくくりました。

パートナーの二コーラは今まで出会った人(大きく言って普通の人)と違ったところが色々とあります。たとえばこのガソリンスタンドに到着するなり一人でお店に入って行き、フライドチキンを買ってきて一人でムシャムシャと食べ始めるようなところです。私はプラントベース(ヴィーガンのよ

もっとみる
書くことは素晴らしいことです 🐹
15

家に住めない人との旅 3

家に住めないパートナーとロードトリップへ出た話の第三回目です。

出発予定の数日前に、準備はばっちりと聞いていたので、信じたのが甘かったです。。。ソーラーを買って車の屋根に搭載したから、テントの中で暖房を入れて寝られるとか、ソーラーで動くシャワーを買ったとか、プライベートなバスルームを用意するとか、殆どがキャンプの旅なので女の私でも快適に過ごせるようにいろいろ考えてくれたと喜んでいましたが、その夢

もっとみる
知らない人が知ってる人になるって、すごいことですよね!
11

そうだ、ウルルに行こう その1-移動編

海外在住ニートらしく、たまにはビジネスに関係ない記事も書きます。

9月の終わり、ウルル(エアーズロック)に行ってきました。現地ではエアーズロックよりもアボリジニに敬意を込めて、ウルルと呼ぶことの方が多いそう。

コロナウイルス影響下でのバケーション

オーストラリアでは3月にコロナウイルス感染者が急増しましたが、3月後半からロックダウンをして5月にはウイルスをほとんど封じ込めることに成功していま

もっとみる