ファイブフォース

【ファイブ・フォース】同じビジネスでも国によって利益率が違う理由

業界分析の定番フレームワークに、マイケル・ポーターの「ファイブフォース分析」があります。ファイブフォースをヒトコトでまとめると「企業は利益を巡って顧客とも競争している」ということです。

一般に「競争」というと競合他社との争いだけをイメージしがちです。ポーターは競争の概念を拡張し、企業は顧客や供給業者、代替品とも競争しているとしたのです。

つまり、同じビジネスを展開しているとしても、顧客の違いに

もっとみる
おすすめ本です!失敗を繰り返さない仕組みが分かります!
16

【1分解説】マイケル・ポーターのファイブフォース分析とはなにか

※1分間に読める600文字以内にまとめてお伝えします。

ファイブフォースをヒトコトで言うと「そのビジネスは儲かるの?」と業界の収益性を分析するものです。

ファイブフォースの範囲

ファイブフォースが画期的なのは、競争の範囲を拡大したからです。3つのポイントで整理します。

第一に、企業は利益を巡って競争します。

より多くの利益を得ようと沢山の企業が戦っています。利益が増えれば、事業への再

もっとみる
おすすめ本です!リアルなIRの最前線が学べます!
16

市場メカニズムを紐解くアプローチ

市場を見極めるための指標として代表的なものが、「市場の魅力度」です。魅力度は通常、市場の規模(どれぐらい大きいか?)、成長性(将来性はどうか?)、収益性(どれぐらい儲かりそうか?)の3つで評価します。1つ目と2つ目は各種統計資料やマーケットレポートを当たれば出てきますので、最後の「収益性」について解説します。

市場の収益性をどう評価するか?

収益性(どれぐらい儲かりそうか?)の評価するために、

もっとみる
ありがとうございます!
6

ファイブフォース分析はどう考えればいいのか?

(2020年4月30日、改訂)
別の記事で、ファイブフォース分析を知らない方向けの説明が必要になったので、自分の知識の整理のためにも考え方を書いてみました。想定よりかなり長文になってしまったので、長文が苦手な方は別サイトを検索した方がいいと思います。また、私の理解不足で説明が間違っている可能性もありますので、その点をご了承ください。

ファイブフォース分析とは

 ファイブフォース分析は、経営学者

もっとみる

【シリーズ2 #5】競合を考える〜ファイブフォース・モデル〜

日曜の朝、たまたまテレビでスーパー戦隊が流れてて、懐かしい思いで見ていたのですが、来週から始まるらしい「キラメイジャー」にキラメけなくて、「これは自分が大人になったからか?それとも時代が変わったのか?」をひたすら考えていました。Anzaki です。

週末に少しずつ勉強している“中小企業診断士”。
前回までで、現状分析〜進むべき方向の定め方を見たところで、「ではその道の難易度はどうでしょう?」とい

もっとみる
有り難く。
4

<楠木建『好きなようにしてください』「終わりにに代えて」より抜粋>

“若い頃書いた論文の文章をいま読み返すと、確かにずいぶん硬質で、もってまわった言い方をしている。それなら話すように書いてみたらどうだろう。 SING LIKE TALKINGという音楽ユニットがありますが、僕は Write like talking、つまり話すように書くスタイルで行こうと思いました。

よい文章を書く要諦は実に簡

もっとみる
共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
7

5forces(ファイブフォース)分析でUBERのビジネスを徹底解説!

自社を取り巻く外部環境を分析するためのツールが5forces(ファイブフォース)です。外部の企業や消費者などから自社に働くパワーを分析することで、商材の差別化や、利益率を拡大するための施策が明確になります。まさにビジネスを成功させるために欠かせないツールです。

今回はライドシェアイングサービスなどを手掛ける「UBER」を例にして、5forces分析のやり方についてご紹介します。UBERはいかにし

もっとみる
励みになりますビズ♪
7

楽器のシェアリングサービスは可能? 5forces(ファイブフォース)でビジネス検証!

読者の皆さんは楽器を使ったことがあるでしょうか? 「学校の授業以来、一回も……」という方や「バンドを組んでいたので、昔は頻繁に使っていた」という方など、さまざまいらっしゃるでしょう。「昔取った杵柄」状態になっている方にとって、楽器は捨てられないけれど、部屋のスペースを取るアイテムになりがちです。

そこで今回は「こんなビジネスがあったら面白んじゃない?」ということで「楽器のシェアリングサービス」に

もっとみる
励みになりますビズ♪
6

【2019年版】PEST分析とは? PESTを補完するPESTEL分析、作成するメリットを紹介

ビジネスを取り巻くマクロ環境を分析するために古くから使われているフレームワークが「PEST分析」です。PESTの4項目を調査、分析することはマーケティングのスタート地点であり、必要不可欠なフェーズになります。

簡単な概要については、下記の記事を参考にしてください。

今回はPEST分析についてより詳細な概要や使い方、作成するコツ、2019年の現在でも通用するのかなどの情報を掲載いたします。

もっとみる
またお時間あるときに読んでくださいビズ♪
5

5forces(ファイブフォース)とは?ビジネスの外部環境を分析するフレームワーク

ビジネスにおける外部環境からの脅威を分かりやすく解説したのが「5forces(ファイブフォース)」です。

ハーバードビジネススクールの教授に史上最年少で就任したマイケル・ポーターが提唱した理論であり、登場から30年以上が経過した現在でも、ビジネス書などで解説されています。今回はそんな「5forces」についての概要、また発展型の6forces(シックスフォース)についても、触れたうえで、現代版と

もっとみる
嬉しいビズ♪
5