LBOについて②

前回はLBOの一般的な仕組みを解説したが、今回はLBOモデルでリターンを計算する際に、リターンの源泉をどのように分析しているかを書いていく

LBOによる買収では、買収対象会社にLBOローンが引き継がれる。ローンによりファンドが出資するエクイティを小さくすることができ、エクイティバリューで計算した際のIRRを高くすることができる

LBOローンは対象会社の収益力・キャッシュフロー創出能力を担保に返

もっとみる
ありがとうございます!
1

プロジェクト・ファイナンス

プロジェクト・ファイナンスとは、
貸し手側が利払いと元本の返済を当該プロジェクトの資産およびキャッシュフローに全面的に依存するかたちで行うプロジェクトへの資金調達方法。
企業全体のキャッシュフローと財務体力に依存するコーポレート・ファイナンスとは対照的。

米国では、発電所の資金調達にはプロジェクト・ファイナンスが一般的に用いられる。
銀行団は喜んでプロジェクト費用の大部分を融資する。
なぜなら、

もっとみる
ありがとうございます!
6

「失われた20年」を科学する(1)

皆さん、こんにちは!けんたろと申します!
数学とファイナンスがとても得意で、良く講義などさせていただくのですが、
今回は、NEWSでも見かける機会が増えてきたMMT(現代貨幣理論)をテーマに、資料作成してみましたので、note投稿いたします!

今回(1)のパートでは現国家財政戦略に少しフォーカスを当ててカキカキしてみます。(2)以降のパートで本編へ入っていきますので、是非各パートお目通しいただけ

もっとみる
皆さんの「スキ」が次回作への意欲になります!ありがとうございます!!
5

「不動産ファイナンスのしくみ」を読んで

公認会計士である山下章太さんの「不動産ファイナンスのしくみ」という本を読んだので、内容を簡単にレビューしたいと思う。(このレビューは完全に僕個人の成長のためにします)

まずこの本は第一章から第九章まである。ざっくり説明すると。

1章:不動産マーケットを取り巻く環境
2章:不動産投資とは何か?
3章:投資対象となる不動産のアセットクラスの種類・理解
4章:不動産投資のための資金調達手法について

もっとみる
読んでくださり、大変ありがとうございます!!これヨロです!

ノーコードスタートアップの資金調達動向

先日、ノーコード スタートアップ大全なるものを公開したところ、大きな反響をいただきました。前回は主にプロダクトにフォーカスを当てていましたが、今回は資金調達について解説したいと思います。海外ノーコードの中でも、どのようなカテゴリーにリスクマネーが流入しているのか、Exit状況なども明らかにしていきたいと思います。

ノーコードスタートアップの資金調達動向

ノーコードスタートアップは全158社あり

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
28

ミータソのマザーズ決算分析【ジモティー】2020年2Q

こんにちはー、ミータソです。
最近テレビCMでちらほらみかけるジモティー2020年12月期2Qについて調べてみました。

正直、ジモティーは掲示板のビジネスモデルで、どこでお金が発生し儲けてるのかわからないイメージがありました。

しかし、コロナで巣篭もりの需要が増えたのもあり、デスク、チェア、ベッドのような家具や電子レンジ、冷蔵庫のような家電をCtoCで取引できるようにしたもので、これから成長が

もっとみる

ハイテクベンチャー企業で働く公認会計士CFO日記Vol.6

株式会社AI Samurai 取締役CFOで自称IPO会計士の中島です。

10月になり、小学校や中学校で運動会が開催されています。コロナの影響もあり、短縮した運動会で、親の見学も1人のみという形での開催も多いようです。
これまで運動会等は当たり前のように当然開催されていましたが、今後はこれまで常識であったことすら、一つ一つその必要性を考えて、見直されていくのかも知れないですね。

さて、前回は株

もっとみる

“理想の自分“ってなんですか?

こんにちは。

ABCash Technologies ファイナンシャルコンサルタントの池田です。
自身のありたい姿や思いを、様々なエピソードを交えてお話したいと思います。

5年後も、10年後も、今のほうが好きと言える自分になりたい。

大学卒業を目前に控え、なんだかネガティブになっていた紅葉深まる秋のこと。
私は自分に自信がある方でもなく、自分のことをあまり好きとも思えないタイプの人間なのです

もっとみる

コーポレート·トランスフォーメーションの最終章とサッカー

冨山和彦さんのコーポレート·トランスフォーメーションの最終六章は哲学的な将来予想、会社論、世界論を展開しています。

貨幣制度や資本主義、株式会社、イノベーション自体の考え方が既に耐久年数を越えているかもしれないという疑問から思考過程を述べている。

特に株式会社については一昔前に読んだ岩井克人先生の一連の本のようです。難しいので音読しつつ関連図書片手に読んで行きました。

世界論をアップグレード

もっとみる
ありがとうございます。
8