ファイナンス・プロデュース

①スタートアップM&Aの規模化と質の向上 、②IPO大型化、③人材(スタートアップCFO、大企業等とのPMI人材等)、という日本のスタートアップ業界のボトルネック解消の観点で活動。NEXTユニコーン経営サロンの活動も発信。ドリームインキュベータからMBOして起業。

ファイナンス・プロデュース

①スタートアップM&Aの規模化と質の向上 、②IPO大型化、③人材(スタートアップCFO、大企業等とのPMI人材等)、という日本のスタートアップ業界のボトルネック解消の観点で活動。NEXTユニコーン経営サロンの活動も発信。ドリームインキュベータからMBOして起業。

    マガジン

    最近の記事

    • 固定された記事

    ドリームインキュベータから新規事業カーブアウト・MBO。株式会社ファイナンス・プロデュース誕生

    株式会社ドリームインキュベータ(以下、DI)プライベートキャピタル・グループが立ち上げた新規事業であるファイナンス・プロデュース事業は、同事業を共同で立ち上げた松井克成氏とジェソン義人氏により新規事業カーブアウトを実行し、新たに株式会社ファイナンス・プロデュースとして同事業を引き継ぎ、拡大していきます。 両名はDIにて2019年4月よりプライベートキャピタル・グループを発足し、グロース・ステージ起業家の大型IPO資本政策やスタートアップM&Aの助言をする「ファイナンス・プロ

      • 『成長を加速させるスタートアップM&Aという選択肢 〜JDSCとファイナンス・プロデュースのM&A事例を両社の代表が語る〜』

        2022年12月12日に開催された、スマートラウンド様主催のイベントであるSmartround Academiaの「成長を加速させるスタートアップM&Aという選択肢 〜JDSCとファイナンス・プロデュースのM&A事例を両社の代表が語る〜」に、ファイナンス・プロデュース代表の松井が登壇いたしました。 M&Aアドバイザーでありながら自らM&Aを経験したファイナンス・プロデュース松井と、投資家側であるJDSC加藤氏より、どのような背景でM&Aを行ったのか、アドバイザー自らが当事者

        • 20-30代のためのハイキャリアメディアである「コンサルキャリア」に掲載頂きました。(22年12月)

          株式会社ファイナンス・プロデュース(以下、FIP)は、20-30代のためのハイキャリアメディアである「コンサルキャリア」に、厳選企業として掲載頂きました。 主にシリーズB以降等のスタートアップM&Aや資本政策・資金調達を助言するFIP業務においては、「考える力」「実行力」「好奇心」が重要であり、コンサル出身者は、「考える力」と「好奇心」が強い方が多い傾向があり、その点はアドバンテージです。 他方、スタートアップや新規事業といったテーマにおいて「実行力」も重要となるため、こ

          • 上場後の資本政策・PIPEs資金調達等についての舞台裏〜クックビズ編〜(22年10月)

            株式会社ファイナンス・プロデュース(以下、FIP)は、クックビズ株式会社(以下、クックビズ社)の上場後の資本政策及びPIPEs資金調達(注1)、食にまつわる事業再生M&Aに関するセカンド・オピニオンを、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)として助言しました。 コロナの影響が続く21年1月頃から、約1年半以上のプロジェクトを経て、クックビズ社の経営陣や従業員による業績向上やIRへの尽力と創意工夫の結果として、クックビズ社が目標とするエクイティ資金調達(5億円弱)を実現し、か

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • スタートアップ資金調達マガジン
            ファイナンス・プロデュース
          • スタートアップM&Aマガジン
            ファイナンス・プロデュース
          • メンバーや顧問、事業パートナーご紹介
            ファイナンス・プロデュース

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ファイナンス・プロデュースは、動画配信分野スタートアップと上場企業とのスタートアップM&Aを助言しました。(22年10月)

            株式会社ファイナンス・プロデュース(以下、FIP)は、動画配信分野スタートアップと上場企業間のM&Aを、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)として助言しました。 本件においては、弊社クライアントの意向により、エンジェル株主・VC株主や外部アドバイザー等との様々な過去の経緯を踏まえ、社名等を非公表とさせて頂きます。 ファイナンス・プロデュース社について 「社会を変える事業を創るためのファイナンスをプロデュースする。」というミッションのもと、ドリームインキュベータから新規

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上、事例から考察(その7)「買収手法の多様化〜SPAC編〜」

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上について、前回は、事例から考察(その6)「買収手法の多様化〜株式交換・株式交付編〜」にて、その意義や考え方、事例を記事にしました。 今回は、スタートアップM&Aならではの目線で、近年の「買収手法の多様化」について、以下のうち、SPACについて事例などから考察してみます。 SPACはM&Aという手段を用いるため、スタートアップにとっては支配権が動くスタートアップM&Aという性質がありつつ、IPOを実現するための手段、という位置付けです。

            資金調達及び戦略的な資本業務提携について

            株式会社JDSCからの資金調達及び戦略的な資本業務提携について 株式会社ファイナンス・プロデュース(以下「弊社」といいます)は、2022年10月6日付で、株式会社JDSC(以下「JDSC」といいます)からの資金調達及び戦略的な資本業務提携(以下、「本件」)について決定いたしましたので、お知らせいたします。 弊社は、足元はスタートアップM&Aの規模化と質の向上、という日本のスタートアップや大企業の新規事業に関する産業としてのボトルネック解消に向けて、スタートアップと大企業間

            2022年9月28日スタートアップウェビナー「創業者が知るべき”セカンダリー”」を開催

            2022年9月28日(水)19時〜20時にて、StartPass様主催スタートアップウェビナー「創業者が知るべき”セカンダリー”」に、ファイナンス・プロデュース代表の松井が登壇いたしました。 スタートアップは急成長を求められるものではありますが、IPOまでの期間が現状の平均約7年から今後は景気動向含めて10年程度まで長期化する可能性がある中で、約10年というスパンで見ると結婚や子供といった家庭との両立に悩む創業者は少なくないという課題感を、本人あるいは周囲で感じる登壇者が集

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上、事例から考察(その6)「買収手法の多様化〜株式交換・株式交付編〜」

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上について、前回は、事例から考察(その5)「買収手法の多様化〜スイングバイIPO編〜」にて、その意義や考え方、事例を記事にしました。 今回は、スタートアップM&Aならではの目線で、近年「買収手法の多様化」について、以下のうち、④株式交換、⑤株式交付について事例などから考察してみます。 ①ステップアップ買収(2段階EXIT) ②アーンアウト ③スイングバイIPO ④株式交換 ⑤株式交付 ⑥SPAC そもそも、スタートアップM&Aにおける

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上、事例から考察(その5)「買収手法の多様化〜スイングバイIPO編〜」

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上について、前回は、事例から考察(その4)「買収手法の多様化〜ステップアップとアーンアウト編〜」にて、①ステップアップ買収(2段階EXIT)、②アーンアウトの意義や考え方、事例を記事にしました。 今回は、スタートアップM&Aならではの目線で、近年「買収手法の多様化」について、以下のうち、③スイングバイIPOについて事例などから考察してみます。 ①ステップアップ買収(2段階EXIT) ②アーンアウト ③スイングバイIPO ④株式交換 ⑤株

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上、事例から考察(その4)「買収手法の多様化〜ステップアップとアーンアウト編〜」

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上について、前回は、スタートアップM&Aの規模化と質の向上、事例から考察(その3)「買い手の多様化」について記事にしました。 今回は、スタートアップM&Aならではの目線で、近年「買収手法の多様化」のうち、ステップアップとアーンアウトについて事例などから考察してみます。 なお、起業家目線では、売却手法の多様化、とも言えますので、本記事においては、読み手それぞれのお立場で、買収手法・売却手法を読み替えて頂けると幸いです。 まず、ステップア

            ビジネスメタバースのoViceシリーズB資金調達(45億円)をご支援しました

            oVice、バーチャル空間上の高層ビルが成長中今回シリーズBとして45億円の資金調達を実行したoViceは、ビジネスメタバースをコンセプトに、バーチャル空間上にオフィスビルを建設する形で、既にトヨタ自動車やPanasonicなど2,200社以上に導入実績があるバーチャルオフィス事業を展開している魅力的なスタートアップです。 オンラインとオフラインを組み合わせる形の出社形態が広がる中、oViceのサービスを利用することで、オンラインでもバーチャル空間上のオフィスフロアで、同

            創業者が上場前に自分の保有株式を一部売却することの是非や方法について

            欲しがりません、上場するまでは!!という根性論一本で、創業者が上場前に自分の保有株式を一部売却するのは、病気や経営の交代などの特殊事情以外ではもってのほか!!というのが10年前のVCでは当たり前でした。 ただ、最近では、公開されないことが多いですが、水面下ではシリーズB, C, Dあたりで増資時に創業者が自分の持分のうち数%を売却した、という事例は増えています。 背景として、最短1年半で上場!といった最短上場をうたった新興上場企業の多くが5年経過しても10年経過しても時価

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上、事例から考察(その3)「買い手の多様化」

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上について、前回は、スタートアップM&Aの規模化と質の向上を、事例から考察(その2)としてPaidy(PayPal)以外の様々な事例をご紹介しました。 今回は、近年少しずつ進んできた「買い手の多様化」について事例などから考察してみます。 従来は、日本のスタートアップを規模感ある金額で買収するのはヤフーやKDDIくらい、と言われてきましたが、近年、ようやく買い手候補の多様化が進み始めています。 事例から見ると、4つの買い手のタイプに分類

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上を、事例から考察(その2)

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上のためには、スタートアップ起業家として、スタートアップBATNAの準備が重要と考えております。 スタートアップBATNAの意味については、こちらの記事がご参考です。https://note.com/jaws/n/nf7b16fa1976e 前回は、スタートアップBATNAの実践例として、PaidyがPayPalに約3,000億円で売却をしたと言われるスタートアップM&A事例を見てみました。 今回は、その他にどのような事例があるか、少

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上を、事例から考察(その1)

            スタートアップM&Aの規模化と質の向上のためには、スタートアップ起業家として、スタートアップBATNAの準備が重要と考えております。 スタートアップBATNAとは、一般的な交渉におけるBATNA「いざとなったら別の選択肢がある("交渉の結果として合意できそうな選択肢の他にも最善に近い選択肢がある状態で意思決定をすること")」、をスタートアップ・起業家が直面するM&AやIPOなどの意思決定の場面に当てはめて考えたものです。 2023年1月5日、スタートアップからすでに米国製