パーパス

存在意義をつくる往復440円の海外旅行
+3

存在意義をつくる往復440円の海外旅行

誕生日であるという事が大した意味を持たない年齢やタイミングがある。 しかしSNSのフェースブックは、数千人を“友達”って状態にしていると、毎日のように本日誕生日の人をお知らせしてくれるし、否が応でもその日が、意識に上がってくる。 何かの節目や記念日には、海外のここに毎年行くとか、必ずここで食事を家族としていますと、そんなアッパーな家柄ではないのですが、「夢を手帳に書くと叶う」など信じて、自分自身の生き方や仕事の意義を考える習慣に、私はこだわりを持っているようだ。 それは

スキ
7
パーパスの浸透度ハンパなーい

パーパスの浸透度ハンパなーい

あなたの勤めている会社のパーパスは何ですか? 昨今のビジネスにおいて、パーパスの重要度がますます高まっている。パーパスとは、日本語で存在意義という意味であり、企業は何のために存在するのか、社会においてどのような責任を果たすのかを明文化したものである。 パーパスという言葉ではないかもしれないが、一般的な会社における社訓、理念、創業哲学などに相当するものだ。 例えば、わたしの大ファンであるサステナブルブランドのAllbirdsのパーパスは、「ビジネスの力で気候変動を逆転させる

スキ
5
自分のWhyが曖昧になった時どうしてますか?

自分のWhyが曖昧になった時どうしてますか?

なぜ働くのですか?なぜ仕事をするのですか? 私が毎朝自問自答して、ライフスキルアプリに書き込んでいる問いです。 とてもシンプルですが、とても難しい問いです。なぜなら自分のパーパス(存在意義)まで問われているからです。自分の心の内から出る本当のパーパス、すなわち自分のWhy(なぜやるか)ですね。 このWhy(なぜやるのか?)が曖昧なる時がやってきます。強い意志を持っている人はブレることなく突き進んでいると思いますが、私のように弱い人間にはその時が時々やってきます。それは内

健康な人々、健康な地球、健康的な暮らし
+5

健康な人々、健康な地球、健康的な暮らし

いよいよ今週、2021年9月23日、初の「国連食料システムサミット」が開催されます。2030年までにSDGsを達成するために、「食」の切り口から、私たち消費者も含め世界中のステークホルダーによる議論が行われます。完全オンラインとなったので、日本からでも録画で色々なセッションを見られそうです(米国東海岸時間なので、ライブはきつそうですが…) これまでも「現在そして未来世代の、全ての人々により豊かな生活を」を会社の「パーパス」(目的、使命)として掲げ、10年以上にわたりサステナ

スキ
16
これからの企業経営に欠かせないノーブル・パーパス

これからの企業経営に欠かせないノーブル・パーパス

 こんにちは。秋の夜長、読書や思考が進む季節が近づいていますね。  前回の記事で、牛のゲップから地球温暖化を抑制する取り組みをご紹介しました。一見すると縁が遠そうな活動ですが社会的に大きな意義がある活動だと思います。  このような潮流について、Harvard Business Review特集で特集されていましたので、エッセンスのご紹介と、企業事例を調べてみたのでご紹介します。 Diamond Harvard Business Review (2021年10月号) シ

スキ
9
牛の餌で地球温暖化を抑制する?

牛の餌で地球温暖化を抑制する?

 こんにちは。  今日は、以前から気になっていた話題を調査しましたので記事にしてみます。 パーパス・ドリブン 「地球温暖化を食い止める」という高い目標に対して身近な牛の餌からアプローチする、という活動をご紹介しますが、ESG投資、SDGsというパーパスを設定し、事業の第一義的目的に掲げる企業は欧州で増加しています。消費者もこれを理解し、企業存続に不可欠な利益追求とパーパスの達成が同じベクトルを向き始めています。 なぜ、牛の餌? さて、タイトルの話題に戻りましょう。  「

スキ
6
企業の存在意義を問う「パーパス」
+5

企業の存在意義を問う「パーパス」

こんにちは、ナカムラです。今回は「パーパス『意義化』する経済とその先」という書籍を紹介したいと思います。 昨今、盛んに叫ばれるようになった「パーパス」という概念について、それをどのように捉え、どのようにビジネスとして成立させるのかを、多様な事例と併せて紹介している書籍です。 著者はTakramのディレクター、佐々木康裕さん。イリノイ工科大学のデザイン学科修士で、以前ご紹介した「直感と論理をつなぐ思考法」の佐宗邦威氏と同じご出身、デザイン思考への造詣が深い実務家です。 今

スキ
6
【宮川愛氏】真の働きがいはダイバーシティ&インクルージョンから生まれる
+1

【宮川愛氏】真の働きがいはダイバーシティ&インクルージョンから生まれる

ビジネス、ビジネスリーダーの領域から今年2021年のWisdom2.0Japanにご登壇いただくのは、シスコシステムズ合同会社執行役員 人事本部長の宮川愛氏​​です。 シスコシステムズ(以下、シスコ)は2018年に続き、2021年も「働きがいのある企業:大規模部門」で1位を獲得され、社員一人一人の個性、価値観を尊重した働きがいのある企業風土を探求されていますが、その組織風土づくりをリードされてきているのが、宮川氏です。 そのような企業風土の特徴は、「コンシャス・カルチャー

スキ
4
コロナ禍で見えてきたPRの可能性③。キーワードは「生」~「こんにちは、社長の中尾です。」第5回
+1

コロナ禍で見えてきたPRの可能性③。キーワードは「生」~「こんにちは、社長の中尾です。」第5回

こんにちは、オズマピーアール社長の中尾です。新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言も長引いています。ワクチン接種によりこれまでのような日常が早く戻ることが待ち望まれますが、新たな変異株の出現もあり、まだまだ楽観視できる状況にはならないようです。そんな状況下だからこそ、改めてアフターコロナに向けて、オズマグループが目指すPRによって実現したい未来について思いを馳せてみたいと思います。 2019年からの中期経営計画を策定するにあたり、オズマグループでは、新たなミッション

スキ
2
経営理念を自分ゴト化する5つの施策~ブランディングが商業教育を変える!?~

経営理念を自分ゴト化する5つの施策~ブランディングが商業教育を変える!?~

こんにちは。Hameeの宮口拓也です。 Hameeは、アイデア・テクノロジー・知恵を集結し、社員・お客様の「クリエイティブ魂に火をつける」ことによって、世の中をより良くしていこうと考えている会社です。 「クリエイティブ魂に火をつける?!なにそれ?」と思われる方も多いと思います。これは、Hameeのミッション(経営理念)です。 今でこそ、プロダクトやサービスを開発・提供する上で、ミッションを大切にしているHameeですが、少し前までどこか遠い存在で、自分の業務には関係のな

スキ
29