女性エンジニア現場日記-チームメンバー編③-

開発体制について、管理者は常に頭を悩ませているだろう。 アジャイルでのスクラム開発は、チームにより生産性が高くなった というプロダクトもあれば、生産性が落ちてしまった というプロダクト千差万別だ。 自分が経験した所は生産性が余り良くなかった気がする なぜだか振り返ってみる。 ・POはスクラム体制のDeveloperと同様デイリーに参加はするのだがDeveloperメンバーの技術内容を把握し指導が可能なスキルの持ち主ではなかっではなかった。過去に実際アプリ開発を経験したり

DevSecOpsの関わったきっかけとは?

数ヶ月前のこと、、、数年ぶりにシリコンバレーの友人から連絡があり、devsecops事情について尋ねられました。仕事でdevops開発について触れる機会があり、開発サイクルにおけるセキュリティについて少し調べてみたところ、devsecops関連についてデベロッパ寄りの情報がまだあまりないことに気づきました。 友人と、信頼性が高く実用的なdevsecopsについての記事を一緒に紹介して、devsecopsについてのコミュニティを広げていきたいね、、、ということになりました。

スキ
1
+4

チームにスクラムを導入したらチーム力がアップした話

はじめにこんにちは。株式会社マネーフォワードにて『マネーフォワード クラウド勤怠(以下、勤怠)』の開発をしている磯野です。 社内外ではkatuo(カツオ)と呼ばれています!私はマネーフォワードに2021年6月にジョインし、現在はフロントエンドを始め、サーバーサイドの開発など幅広く勤怠の開発を行っております。 突然ですが、直近、クラウド勤怠開発チーム(以下、チーム)では開発体制にスクラムを導入しました。この記事ではクラウド勤怠にスクラムを導入してから約2カ月たった今、改めて

スキ
38

スクラム開発でクライアントデモを導入した結果、開発スピードがアップ!

はじめにこんにちは! マンハッタンコードでエンジニアをしているTOMです! 本題の前に会社紹介から! 株式会社マンハッタンコードってどんな会社? お仕事のご相談・ご依頼マンハッタンコードは、スマートフォンアプリの開発に特化しております。エンジニアリングから、デザイン、プロジェクト推進などアプリ開発を総合的に請け負うことが可能です。弊社のホームページからお問い合わせください ! 4月から私はあるプロジェクトに参画していたのですが、そのプロジェクトが9月末で一区切りしました

スキ
1

女性エンジニア現場日記-チームメンバー編②-

チームメンバーと開発手法について今回はいろいろ考えてみた。 近年流行りなのか?疑問なのだが、 『フロントエンドチーム・バックエンドチーム・QAチーム』 と3分割された体制に出会う事があった。 自分は、大中小どこのプロダクトに参画しても殆ど「フロントエンドチーム」なのだが、初めてスクラム体制で業務開始した時、デイリーでQAチームのリーダーっぽい方が話すのみで、QAメンバーになっている方は毎日殆ど話さないのだ。 一応、定義として「デイリースクラムは15分」となっている そして

スキ
1

Scrumにおける「コミットメント」の意味

Scrumは5つの価値基準(コミットメント、勇気、フォーカス、オープンネス、リスペクト)があり、それらをチームメンバーが大切にすることによって、Scrumの価値は最大化されるとあります。 そのうちの一つ、コミットメント(Commitment)について、誤解しているチームが多いです。 Scrumの生みの親の1人である、Kenは、コミットメントについて以下のように語っています。 つまり、Commitmentは、「何が何でも達成すべき約束事項」という意味ではないのです。Ken

スキ
5
+4

確定申告をもっとラクに!開発・デザインチームが考えていること

皆様、こんにちは。マネーフォワードの齊藤です。 部署紹介記事、3本目となりました。 今回は確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」の開発、デザイナーの皆さんをご紹介します。 初めてお話する方が多くて緊張のあまり汗だくだったのですが、皆さんがどういう想いで仕事に取り組んでいるかを聞くことができて、良い時間になりました。 是非、最後までお読みいただけると嬉しいです。 参加者のプロフィールはこちら! 佐藤さん(個人事業主本部プロダクト開発部・部長 戦略グループ

スキ
43

受け入れやすい変化とそうでないもの

最近の悩みの一つは、「変化の許容量が違うチームメンバー同士で、どうやってチームを改善し続けるか」だ。悩みの内訳については先日書いた。 この件について、頼れる同僚がディスカッションに付き合ってくれたので、そこで出たアイデアをまとめておく。 * * * 変化に耐え得る総量があるのではないか変化を受け入れられる総量が各々にあって、そのリソースを他の部分に割いているときはチームの改善をしにくいと感じる可能性があるかもしれない。例えば「新しい技術の導入にチャレンジしている途中だか

スキ
1
+2

新設部門のプロダクトオーナーがマネーフォワードで実現したいこと

皆様、こんにちは。マネーフォワード齊藤です。 今回はマネーフォワードビジネスカンパニー個人事業主本部プロダクト開発部部長の佐藤さんについてご紹介します! 確定申告ソフト「マネーフォワード クラウド確定申告」のプロダクトオーナーを担う佐藤さん。 入社のきっかけや新設部門での業務内容、これからのチーム作りについてなど色々聞いてみました!プライベートもエッジが効いてて面白いので、最後まで是非お読みください。 これまでのご経験についてはこちらの記事からどうぞ! マネーフォワ

スキ
40

"変化に対するキャパシティ"のズレと改善活動の難しさ

スクラムチームにせよ、エンジニアチームにせよ、僕が属するチームには自分たちの開発プロセスを自分たちで改善する裁量がある。ありがたい話だ。 ただ、誰もが僕みたいに反省や改善が大好きなわけではないし、僕より遥かにハイペースで改善し続けようとする人だっている。期待する改善のペースは人それぞれで、だからチームで取り組む改善活動は難しい。 * * * ところで、改善とは変化の連続の上に成り立つものだ。 何かしらを改善しようと思ったら、新しい方法を試行して、データを集めて、検証して…

スキ
2