シュガー

ジョリジョリ感が好きなんだよなぁ〜😆✨

ジョリジョリ感が好きなんだよなぁ〜😆✨

今日は朗読の日

今日は朗読の日

登場モノ チョッパー:挽肉挽き機の妖精、スーパーモノモデルの責任者 スラスラ:ハムスライサーの妖精、同上従業員、社畜 チョッパーとスラスラがモノモデルの控室でぐったりした様子。 スラスラ:一日に面接3回なんて疲れちゃいました。しかも、全員、お断り なんて、神経がいくらあっても足りません。 チョッパー:君、神経通ってないよね、その分かりにくい疲労感の表現は兎も角として、まぁ、疲れたね。 スラスラ:はい、最初に来た、ズルチンさん?名前からして凶悪な感じで… チョッ

1
おうちカラオケ・大人編

おうちカラオケ・大人編

みおいちさんの記事で知った「おうちカラオケ企画」。 今月いっぱいの締め切りを前に、もう一度だけ参加させていただきます! の前に、関係者各位の第三弾をご紹介♪ 企画につながる記事を書かれたミエハルさん そして、ミエハルさんの記事を企画に押し上げたチェーンナーさん 小学生の頃の「アイドル編」、中高生の頃の「バンドブーム編」と来ましたので、今回は大人編です。 ではどうぞ! 1・シュガー 「ウエディングベル」 大学生になりますと、バイト先などで大人の方と交流する機会が増え

63
甘いもの好き🎂は要注意

甘いもの好き🎂は要注意

美味しいショートケーキですが、砂糖がふんだんに使われています。 疲れた時にはとくに甘いものが欲しくなります。 いわゆる中毒性があるんです。 砂糖はサトウキビを精製して作るんですが、劇薬を使っていることが問題 なんと、硫酸と苛性ソーダを使っているのです。 砂糖を食べると体のビタミン、ミネラルが奪われてしまい、 体のバランスが崩れてイライラして凶暴になる。 さらに血液を酸化させ、骨のカルシウムが奪われますし、歯も悪くなります。 うつ病、短気、記憶障害になるくら

シュガーの切れ端に。

シュガーの切れ端に。

シュガーの切れ端に。 シュガーの切れ端に、なにかを書いてみたくなって。 書くと世界がまたひとつ生まれた。 ような気がしました。 シュガー世界観。

11
シュガー・パニック(SF短編小説)

シュガー・パニック(SF短編小説)

『もしもこの世から甘い物が無くなったら…』とふと思い浮かんだのをきっかけに書き上げ近未来SF短編小説です。僕自身もかなり気に入っている作品なので、少しでも興味を持たれた方は是非ご一読下さい。 ↓ https://ncode.syosetu.com/n8688gv/

1
3月10日シ〇ガーの日♪♪

3月10日シ〇ガーの日♪♪

こんにちは。吉川絢香です。 さて本日はお砂糖(シュガー)の日です。 食べる事が大好きで学生時代はお菓子作りにはまってました。 先日はお砂糖が沢山お家にあったので、パウンドケーキを作ってみました。 甘党派なので気持ちお砂糖多めに入れると上側がカリッ、中がしっとりでカステラみたい♪♪ 多く作りすぎたのでご近所さんへお裾分けをしました。 もうすぐホワイトデーなので次何を作ろうかなと模索中です。 オススメや食べたい物がありましたらお待ちしています。 参照)NADIA

1
『我、「ときめき」に平伏す。』

『我、「ときめき」に平伏す。』

実妹にレコメンする事により、見事『ときめきトゥナイト』のサウンドトラックを迎え入れる事に成功した私。 その日から実妹には申し訳ない程に、レコードを独り占めして、ひたすらリピートして楽しむ、楽しむ!! これが歌モノ以外のBGM(バック・グラウンド・ミュージック)は全て『まさに劇伴』という小曲ばかりなのですが、何も美味で御座いまして。 『大谷和夫先生』作曲によるBGM作品を演奏するのは、『ときめきBAND』。カラフルなサウンドが本当に心地良くて、胸ときめくばかり。 このア

【映画】 『あまくない砂糖の話』 (That Sugar Film)

【映画】 『あまくない砂糖の話』 (That Sugar Film)

『あまくない砂糖の話」 (That Sugar Film) まず、この映画の砂糖とは、精製糖(白砂糖)以外の人工甘味料も含めて”砂糖”です。 この映画の特筆すべき点は、砂糖(人工甘味料含)の精神面への影響。 一般的にも砂糖の摂取過多は糖尿病等様々な病の原因と認識されていることと思います。 しかしながら、メンタルへの影響はそれ程重要視されていないからでしょう。 健康診断の血液検査では、糖尿病はわかっても精神疾患はみつからない。 デイモン・ガモー( Damon Gameau

36