「哲学」を感じるシャンパーニュ

「スタンダード・キュヴェ」とはメゾンの基本スタイルのシャンパーニュ。対して「プレスティージュ・キュヴェ」は、メゾンがまさに〝プレスティージュ(威信)〟をかけてつくる特別な一本です。

なかでも、シャンパーニュの代表格《ローランペリエ》のプレティージュは圧巻です。スタンダードは、メゾンの三原則「フレッシュ」「エレガンス」「バランスのよさ」がそろった《ラ・キュヴェ》。くわえて、経年変化でも揺るがない「

もっとみる

ボキューズ談議に花が咲く

フランス料理を世界にひろめた、ポール・ボキューズ氏。〝ヌーベル・キュイジーヌ〟の旗手的存在です。それまでの、濃い味のソースや油脂を多用するフランス料理に対し、素材の味をひきたてる軽やかなフレンチが、ヌーベル・キュイジーヌ(新しい料理)。歴史上の人物にとたえるなら〝ナポレオン〟。自他ともに認めるフレンチ界の英雄です。

食の都リヨンに居を構えるレストラン、ポール・ボキューズ。そのプライベート・シャン

もっとみる

『知のジュエリー12 ヵ月』叶恭子

ティーン女子に向けてわかりやすい言葉なのですっと入ってきます。悩み相談にも真摯に答えている恭子お姉さま✨
帯には「すべての女性に心から贈ることばの宝石」とある。
表紙も素敵✨この植物はジュエル・オーキッド(宝石蘭)。ビロード状で金色の葉脈と細かな金粉状の模様の入った葉。
自分を律して内面とともに自分を磨き上げる姿勢に感服。

恭子お姉さまに合わせて、ご一緒にシャンパンなどいかがでしょうか🍾✨✨✨

もっとみる

『価値観と根幹の根っこ』

カエルです。
ケロケーロ。

明日は髪を切りに行きます。
いつも指名していた美容師さんが独立してお店を開くことに。
なので、お祝いにシャンパンを買いに行ってきました。

新しい門出にシャンパン!

前のお店からのお客さんはずっと20%offで切ってくださるとのことで嬉しいです。

私の髪質はストレートの真っ黒です。
なので若い頃はボリュームのある髪型に憧れ、パーマをして、固いワックスを使いと。

もっとみる
ありがとうございます!!
1

ヴーヴ・クリコ

250年の歴史を持つシャンパーニュハウス「ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン」が製造し、エリザベス女王も愛飲しているというヴーヴ。

先日、何年かぶりに買って家で飲みましたが、ジェイソン(夫)にも残しておかなければ・・・と分かっていつつも飲み始めたら全く杯が止まらず (手が勝手に動くため) 、約20分で1本空けてしまいました。

なんと言いますか、グラスの底から沢山の泡が細かく沸き立ってスムーズな喉越し

もっとみる

迷ったときはブラン・ド・ブラン

〝鮨シャン〟でシャンパーニュ選びに迷ったときは、ブラン・ド・ブラン。シャルドネ100%のすっきりとした酸が酢飯と相まって、魚の旨みを引き立てるからです。Blanc de Blancsとは「白(ぶどう)の白(シャンパーニュ)」という意味。一般的な白シャンパーニュは、黒ぶどうとのブレンドがほとんど。それでも白く仕上がるのは、しぼった果汁のみを醸造発酵し、果皮を浸漬しないため。赤い色素はほとんど抽出され

もっとみる

『たま~にが最高な私』

カエルです。
ケロケーロ。

お酒は好きですが、普段は飲みません。
たま~に飲むお酒が最高に美味しい!と思えるので。

で、お正月、飲みました、飲みました。
シャンパンやら日本酒やら色々と。

結果、

正月太り

です。
いつもよりウエスト周りが……。

着る服がなくなるので、元に戻します!!

こうやって少しずつ肥えていくのです。
ぶひっ!

さて、昨日は新年初の仕事でした。
やることが多く、

もっとみる
ありがとうございます!!
5

シャンパンを【物理学的】に見解する本が面白かった件

お酒に関する書籍やレシピ本をよく漁っては購入し愛読している私が、最近見つけた『違った視点』から解説している本を見つけたのでご紹介したいと思います。

それが著者、フランス大学物理学助教授ジェラール・リジェ・べレール氏の

『シャンパン 泡の科学』

数年にわたって発泡性飲料の研究を行い、知っている人はきいたことがあるであろう【モエ・エ・シャンドン】社の研究部門のコンサルも務めた方がシャンパンの命と

もっとみる

ノクターンスリーヴァーを選ぶ意図

【Wine column】

テタンジェノクターンスリーヴァーで乾杯

スタンダードなテタンジェではなく、
ハイグレード過ぎるものではなく、
ノクターンスリーヴァーのチョイスが嬉しい

知識はひけらかしたり
ウンチクを語るものではなく
人のために使うもの

誰かの為に使えるかな、と
ちょっと頭の片隅にいれて
本を読んだり、勉強すると、
知識がすんなり身に付くものですね

もっとみる

コロナが落ち着いたら行きたいところ その②

サンタクロースの出身地、フィンランド⭐️

ムーミンの出身地でもあるよね。

世界の幸福度ランキングにはいつも上位にいます。

日照時間がとても少なくて、森に囲まれて、外がもし吹雪でも、かわいい(IKEAのような)お部屋の中で、暖かい暖炉に当たりながら、七面鳥を囲んでシャンパンを飲みながらクリスマス会を開きたい。

むしろ外は吹雪がいい。

そして、誕生日とか、なんかの記念とかで、オーロラを見る。

もっとみる
素敵な1日になりますように...💖
3