Mami

東京べーぐる べーぐりで「美味しい、楽しい、カラダに良い」をコンセプトにベーグルやタコ…

Mami

東京べーぐる べーぐりで「美味しい、楽しい、カラダに良い」をコンセプトにベーグルやタコライス等を製造販売してます。二児の母、ワインエキスパート、食育インストラクター、ナチュラルフードコーディネーター、米国公認会計士、 人生を楽しく豊かに、健康に、食を楽しむ事がモットー。

最近の記事

ラングドック、ボルドー、ロワールを巡る旅

前回の記事で、フランスのブルゴーニュ地方とシャンパーニュ地方を訪れ、すっかりフランスワインに魅了され、次の旅はボルドーに行こうと思いながら、帰国した事を書きました。 その旅から帰国してすぐに次の旅の計画を立て、2か月後に再びフランスへ行きました。前回は、フランスの東を回ったので、今回はボルドーを含め西の方を回りました。 トゥールーズからフランスに入り、ラングドック地方、ボルドー地方、ノルマンディー地方のモンサンミッシェル、ロワール地方を訪れました。 まずは、ラングドック地

    • フランスワインに魅了される

      アメリカに在住していた頃に、カリフォルニアワインが好きになり、ナパバレーやソノマバレーを訪れたことをしばらく前の記事に書きました。 日本に帰国後しばらくしてから、妹がフランスに留学していたのをきっかけにフランスへ行きました。 スイスから入りシャモニーモンブランへ行き、その後、妹が住んでいたサヴォア地方のシャンベリーへ、そして、ワイン産地を巡るために、ブルゴーニュ地方とシャンパーニュ地方を訪れ、最後にパリを訪れました。 初めてブルゴーニュを訪れたのですが、ブルゴーニュのその

      • 今の常識が変わる、未来の教育

        前の投稿に義務教育の在り方を変えたいという想いが日に日に強くなってきた、と書いていたところ、ソニーグローバルエデュケーション会長、磯津さん著書の「2040 教育のミライ」に出会いました。 以前、コンサルタントとしてソニーのプロジェクトに携わり10年ほど常駐してお仕事をさせてもらっていたのですが、その時にプロジェクトでご一緒していた方から教えてもらった本です。 読んでみると、そうそう、その通り、と思う事ばかりが書かれていました。 そして、ソニーが教育事業を立ち上げて、今の

        • みなさまの温かいご支援、応援に感謝します

          ニュースで報道されていたので、ご存じの方も多いと思います。 パンをテーマとした全国ツアーイベント「パンタスティック!!」がイベント開催中に、突然の開催中止と破産手続き申し出という事になり、うちのお店、べーぐりも突然のニュースに驚き、戸惑いました。 店舗にご来店してくれるお客様の他、全国のたくさんの方にうちのベーグルを食べてもらえたら嬉しい、という想いで、様々なイベントに出店させてもらっています。 「パンタスティック!!」イベントにも参加させてもらっており、そのおかげで各地の

        ラングドック、ボルドー、ロワールを巡る旅

          トモエ学園の様な小学校があったらいいのに

          小学生の頃に読んだ、たくさんの本の中でも、一番印象に残り、何度も読み返して、今でも大切に持っている1冊の本、それが、黒柳徹子さんの自伝的物語「窓ぎわのトットちゃん」です。 当時、黒柳徹子さんがナレーションをしているミュージカルにも、祖母と叔母に連れて行ってもらった事も覚えています。 小学生の頃に読んだ時は、とにかくトットちゃんが面白くて楽しくて、トモエ学園の様な学校が今もあったらいいのになぁという想いでワクワクしながら何度も読みました。 大人になり、親になり、自分の子供が

          トモエ学園の様な小学校があったらいいのに

          義務教育について思う事

          前回初めての投稿をしてから8か月も経ってしまいました。 「食」についてこだわっている経緯を書いていこうと思い、最初の記事を書き始めましたが、経緯を遡る事約30年。 たくさんの楽しい経験を思い出して書いてまとめるのに時間がかかり下書きの途中で止まってしまっていました。 現在は2人の子育てをしている中で、日々経験している事や感じている事がすごくたくさんあり、今、感じている事をリアルタイムで書き留めていきたいと思います。 「食」についての話とは離れ、今、中学1年生と3年生の子

          義務教育について思う事

          カリフォルニアワインが好きになる

          東京都江戸川区西葛西【東京べーぐる べーぐり】でベーグルやタコライス等「美味しい、楽しい、カラダに良い」をコンセプトにした商品を製造販売しています。ワイン検定の講師もやっています。 なぜ体に良い素材にとことんこだわって、「美味しい、楽しい、カラダに良い」をコンセプトにしているのか、今の私が「食」に関わる仕事をしていて、「食」を通してたくさんの人の人生を豊かにするお手伝いをしたいと思ったのか?と聞かれたのですが、たくさんの事があるので、少しずつ書いていきたいと思います。 大

          カリフォルニアワインが好きになる