集中力って大事?

集中力、皆さんはどれぐらい維持できますか?

2015年時点で人間の集中力は平均8分しか持たないという記事を目にしました。インターネットの普及などの理由から集中力がどんどん短くなっているとか。確かに情報はあふれていて、あっちをみて、こちらもみて、というネット情報間の移動に忙しい私。

観光客の皆さんにお話をするときにこの「集中力は続かない」を念頭に置いてガイドする必要がありそうです。興味がなければ

もっとみる
Thank you. Much appreciated!
3

29. やせ細るハワイ固有の大自然

 ハワイには人の住んでいる島が8つある。これらのほかにも小さな島があり、それらを含めてハワイ諸島と呼ぶわけだ。(地図:Wikivoyageより)

 その中心がホノルルのあるオアフ島である。そこから東に40キロ、飛行機でわずか20分のところにモロカイ島がある。その西端のゴルフ場内にある戸建てコンドミニアムに滞在したときのことだ。
 まわりは、まるで砂漠のような砂丘だった。その真っ只中のゴルフ場には

もっとみる

「地球が家、世界中が庭!エジプト・キューバ・ガラパゴス諸島編 平 茉莉子③」

昨日の投稿に、隊員まりこからコメントが入った。そして、記事をシェアしてくれた。

隊長、私より私のことを発信してくれてありがとう!!!一つ一つの記事が、とっても嬉しいプレゼントだぁぁぁぁあ
まりこ

俺こそ、ワクワクをありがとう。「世界はもっと美しい!」って伝わる写真とまりこのピュアな言葉たち。俺だけがギフトされるんじゃもったいないよ。一人でも多くの人に届きますように!来年は電子書籍でも、プレゼン

もっとみる
サンキュー!フォローしてもらえると嬉しいな!
5

日本語教師日記その4.ガラパゴスへの道 (1)

ガラケーという言葉の意味を数年前に知ったとき、面白いことを言うなぁと感じ入りました。

ブラックベリーがどうしても浸透せず、法人ユースにかならなかった日本。
その理由は、日本の携帯が、独自の発達をしてしまって(日本人にとって)便利すぎたため、世界で愛用されるスマートフォンが受け入れられなかったそうですね。
今ちょっと調べたことを引用します。
「孤立し、独自の進化を遂げることをガラパゴス化といい、独

もっとみる
嬉しいです。
10

ガラパゴスから広島へ、旅する手紙をたずさえて

「ガラパゴス諸島の生物は、独自の進化を遂げているのです」

九州の片田舎で狭苦しさを抱えながら葛藤していた中学生の私は、国語の教科書でその島のことを知った。

「天敵はいません」

うそでしょう、と思った。
天敵もいないのに多様な生物が一緒に暮らしているなんて、奇跡でしかないと胸が高鳴った。

ガラパゴス諸島は、夢のような島だ。

あの時の憧れを抱いたまま大人になった私は、9年前、ようやくその地に

もっとみる
粗茶です。
62

南米移住、パラグアイつづき2

また前回からの続きです。

友達からのチケットのプレゼントを受け取った僕は、ベリーズから一度出たメキシコはカンクンにもう一度戻り、意気揚々とガラパゴス行きの飛行機に乗り込みました。

まさか他人のお金で飛行機に乗れる機会があるとは夢にも思ってなかったし、しかも普段はLCCばかり乗っているので、普通のキャリアの飛行機なんてまあ長いこと乗ってなくて、本当に内心はウキウキしていたけれども、なんか航空会社

もっとみる
Muchas gracias!
3

〈本〉村上T 僕の愛したTシャツたち 村上春樹



人生の中で何かを熱心に集めたことってあったっけな?ということを読みながら考えていた。

うーん。猫のグッズは割と集めてる。それこそ村上春樹の小説やエッセイはほぼ集めてると言えるだろう。あとは、昔から映画の半券とか旅行で行った場所のパンフレットなんかは捨てられずなぜかファイリングしてる。

人って何のために物を集めるのかなーとたまに考える。インターネットで全てが繋がっていく世界で、情報や体験はバ

もっとみる

ペンギンへの想い

前回チラッと書きましたが、ペンギンにこだわる理由について綴りたいと思います。

好きになったのは?

ペンギンが好きになったのはたぶん中学生のとき。
空を見上げて飛ぶことを夢見るペンギンが描かれていたファイルを持っていたことからだったと思います。
好きと言ってもグッズを集めることくらい。

ちなみに高校時代はごく一部から「ペギー」と呼ばれていました。もちろん葉山さんは関係なし。

教員時代に始めた

もっとみる
スキありがとう!ボクもスキと叫びたい!ヒゲペンギンより
13

タビノート 第62話 【エクアドル】一言謝るだけで受け手の印象はガラッと変わるのにその一言が言えないのはなぜ

エクアドルのグアヤキルから首都キト、パナマ経由でキューバに向かう。

乗り継ぎの関係のため、キトの空港で友達はラウンジに、僕はロビーのソファで時間を潰す。
(やっぱりプライオリティパス作ればよかった…)

格差を感じながら一晩過ごし、
(一度連れもOKなラウンジに入れてもらったけど、スーパー快適じゃった)
搭乗時間が近づいてきたころ、友達がアナウンスで呼ばれた。

どうやら『荷物の再チェックをする

もっとみる
大スキです!
8