76. どこに所属しても活躍出来る人。

どこに所属しても活躍し続けている人は、世の中には沢山いてる。ここでの活躍というのは、あくまで仕事での結果。所属というのは、会社やオーナーなど。

今日は、そんな「どこに所属しても活躍出来る人の共通点」を2つお話ししたい。
僕が考えるポイントを普段から意識しながら、仕事を取り組んでもらえると有難い。
転用してくださいね。
それでは始める。

1 「学び続けることが出来る人」

学び続けることが出来る

もっとみる

久しぶりの良書に出逢ってしまった

本を購入しても

積ん読になってしまう私

以前はよく電車に乗ったので

本も読んだけど

(ホントは爆睡してしまう)

今は全く乗らなくて

今年になって10回も

電車に乗っていないかな

日常の生活に追われると

中々本も読めずにいます。💦

朝ノートの会を主催している

ハーブファスティングクラブ代表の

織田先生の推薦図書があるのだけど

不真面目な私は

購入しても途中で放置してしま

もっとみる
やったー❗
20

71.人に動いてもらうためには、、、

どんなことをするにしても人に動いてもらわないとプロジェクトは前に進まない。これは、ごくごく当たり前のこと。

ビジネスをするにしてもスポーツをするにしても、誰か人に動いてもらわないと上手くいかない。(手伝ってもらう)
なので、どうすれば人に動いてもらえるのか考えなければいけないと僕は思う。

つまるところ、組織運営が欠かせない。では、どうすれば人に動いてもらうことが出来るのか、組織やチームをまとめ

もっとみる

価値に見合った投資を行う

人は、他人から見たらわずかかな価値しかないものに大金を注ぎ込む。
心の問題でも同じである。
ささいなことがきっかけで
注いだ憎しみを回収しようと引き際を測れないまま人は永遠に憎しみ続ける。
だが、人は『忘れる』こともできる。
人生の達人ほど引き際は鮮やかだ。

人間の不幸の大部分は、物の価値に対し誤った見積もりをすることによって、自ら招いているもの。

心の安定を得るための最高の秘訣は、良識的な価

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです^^励みになります。
5

あるなら探そう。ないならあきらめよう

不安、心配、悩みの大半は
変えられない現実を無理に変えようとあがくことで
永遠に増殖する。
変えられることにはチャンスを見つけ
変えられないことには折り合いをつけよう。
それが心の安定を築き守るための鉄則である。

今では左手に指が4本しかない事実を思い出すのは、1か月に一度あるかないかだ。

私たちの、ほとんどどんな状況でもすぐに受け入れー必要なときはー自ら適応し、忘れることができる能力は、驚嘆

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです^^励みになります。
3

第192話 僕なりに、やっと『尊重』がわかったぞ

ここ1年と少々、僕の頭の中の【ナナメ右のやや後ろのあたり】【右の耳たぶの最頂点の、さらに5㎝上。その辺の内部】には「尊重って、なんだろう」という疑問が、ず~っとあった。

【尊重】:尊いものとして重んずること 引用:Google辞書

・・・ピンとこない。

意味は分かる。わからないのは、尊重の実践だ。

僕だって、尊いと思えることならば、ちゃんと重んじれる。尊いと思えないことも重んじるのか? そ

もっとみる
ゆかりちゃんも感謝しております!
13

ぬかるみを見るな、星を見よ。

不幸を嘆くことは簡単だ。
だが、不幸を嘆くその壁の向こうに
本当の素晴らしい世界が広がっているとしたら?
鉄格子のすき間から
夜空を見上げてみるがいい。
あなたは星を探すこともできる。
それとも地面のぬかるみに目を凝らすだろうか。

レモンがあればレモネードを作れ。

人間の潜在能力の研究に生涯を費やしたアルフレッド・アドラーは、人間の驚くべき特性の一つを、『マイナスをプラスに変える力』と名言する

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです^^励みになります。
7

思考が変われば行動が変わる。行動が変われば人生が変わる。

幸せでないのは
環境のせいか?
それとも自分のせいか?
もしも自分の考え方一つで
環境さえ
違ったものに見えるなら
幸せに感じることも
不幸に感じることも
すべては自分次第だ。

思考は人格を作る
私たちは、幸せな考えを持てば幸せになる。
不幸な考え方をすれば不幸になる。
恐ろしい考えを持てば恐ろしくなる。
病的に考えると病気になる。
失敗を考えればきっと失敗する。
自分を哀れむとみんなに避けられ

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです^^励みになります。
6

デールカーネギー 道は開ける 朗読①【本書の生い立ち】

原著が刊行されてから、70年近くもベストセラーの著書

心がスゥ~と救われる一冊です(^^)
挫折した青年が、ベストセラー作家になった経緯が話されています。

私はもちろん、たぶん多くの人が
この本で救われたと思います。

もしまだ読まれていない方は、ぜひ!読まれてみてください。

ご参考までに
道は開けるを朗読して見ました♪
↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=

もっとみる

愚かな人は過去を変える。賢い人は未来を変える。

人は過ぎ去った過去を悔やみ、苦悩する。

だが、いくら悔やんでも過去に時間を遡ることはできない。

私たちには、
過去を受け入れ忘れるという選択肢もある。

そして、済んだことは忘れ
未来をより良く変えるという選択もできる。

出来事の結果を前向きに変える方法はある。
それは、過去の失敗を冷静に分析し、
そこから何かを得ることだ。そして全部忘れる。

私たちにできるのは、水に流し、忘れ、先に進むこ

もっとみる
ありがとうございます。うれしいです^^励みになります。
6