エンジニアのキャリアパス

ユーザーの行動変化を分析し、プロダクトの成長を促すNewsPicksのプラットフォームチーム

ユーザーの行動変化を分析し、プロダクトの成長を促すNewsPicksのプラットフォームチーム

こんにちは、Communicationsチーム(略してコムズ)の筒井です! ユーザベースは2021年、エンジニア組織への投資を強化しています。 今回は外部ライターさんによるNewsPicksのエンジニアメンバーインタビューの第8弾をお届けします! ※社名を表す場合は「ニューズピックス」、サービス名を表す場合は「NewsPicks」と表記しています。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 2013年9月のサービス開始からまもなく8年が経過しようとしているNewsPicks。ユーザー数の増

スキ
28
ユーザーに安定したシステムを提供するために、エンジニアに「一番いい開発者体験」を届けるNewsPicksのSREチーム

ユーザーに安定したシステムを提供するために、エンジニアに「一番いい開発者体験」を届けるNewsPicksのSREチーム

こんにちは、Communicationsチーム(略してコムズ)の筒井です! ユーザベースは2021年、エンジニア組織への投資を強化しています。 今回は外部ライターさんによるNewsPicksのエンジニアメンバーインタビューの第7弾をお届けします! ※社名を表す場合は「ニューズピックス」、サービス名を表す場合は「NewsPicks」と表記しています。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ NewsPicksのSRE(Site Reliability Engineering)チームでは、ユ

スキ
5
【終了しました】Forkwellさん主催 Cloud Native Lounge #2「クラウドネイティブなシステムの継続的改善と企業文化」に登壇します!

【終了しました】Forkwellさん主催 Cloud Native Lounge #2「クラウドネイティブなシステムの継続的改善と企業文化」に登壇します!

こんにちは、ユーザベース Communicationsチームの筒井です! ユーザベースグループでは2021年の重点投資領域として、エンジニア組織の拡大を掲げており、これまでUB Tech Portalのサイトリリースや、エンジニアメンバーへのインタビュー記事拡充、イベント開催などを行ってきました。 その一環として、先日Forkwellさんが主催するCloud Native Lounge #1「サービスを支えるクラウドネイティブな基盤」に登壇したのに引き続き、今回の#2「ク

スキ
3
【終了しました】Forkwellさん主催 Cloud Native Lounge #1「サービスを支えるクラウドネイティブな基盤」にUBメンバー2名が登壇します!

【終了しました】Forkwellさん主催 Cloud Native Lounge #1「サービスを支えるクラウドネイティブな基盤」にUBメンバー2名が登壇します!

こんにちは、ユーザベース Communicationsチームの筒井です! ユーザベースグループでは2021年の重点投資領域として、エンジニア組織の拡大を掲げており、これまでUB Tech Portalのサイトリリースや、エンジニアメンバーへのインタビュー記事拡充、イベント開催などを行ってきました。 その一環として、今回Forkwellさんが主催するCloud Native Lounge #1「サービスを支えるクラウドネイティブな基盤」というイベントに、SREチームの2名が

「プロダクトの成長のためには何でもやる」――プロダクトの成長にコミットして、データとテクノロジーで価値を創出するNewsPicksのグロースチーム

「プロダクトの成長のためには何でもやる」――プロダクトの成長にコミットして、データとテクノロジーで価値を創出するNewsPicksのグロースチーム

こんにちは、Communicationsチーム(略してコムズ)の筒井です! ユーザベースは2021年、エンジニア組織への投資を強化しています。 今回は外部ライターさんによるNewsPicksのエンジニアメンバーインタビューの第6弾をお届けします! ※社名を表す場合は「ニューズピックス」、サービス名を表す場合は「NewsPicks」と表記しています。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ NewsPicksでサービス成長の要となるのが、各開発チームからグロースハック施策を切り出してPDC

スキ
22
ITエンジニアがとにかく業務についた方が良い理由

ITエンジニアがとにかく業務についた方が良い理由

私はIT業界に約20年居ます。飲食店チェーン店で3年働きましたが、労働環境の過酷さに挫折して退職しました。 未経験でこの世界に飛び込んで約20年。最近のIT人気でたくさんの駆け出しエンジニアが、この業界を目指しますが、挫折してやめてしまう人が、凄くたくさんいる事も事実です。 これから目指す方、目指して努力されてる方、挫折しかけてる方に、参考になればと思います。 コーティングスキルとは何か?プログラマーの仕事と1つに、コーティングがあります。まず、IT業界に憧れる人は、コ

スキ
10
CAEエンジニアのキャリアパス

CAEエンジニアのキャリアパス

以前、CAEエンジニアのキャリアという記事を書いた。 この記事が私のnoteの中では比較的読まれているようなのと、CAEの勉強会などでCAEエンジニアのキャリアパスが見えないというようなことも聞くことがあるので、私が考える製造メーカーでのCAEエンジニアのキャリアパスについて書いてみる。ちなみに私は何度も転職をしているので、ここに書くようなキャリアパスは歩んでいない。製造メーカーにおける数値解析専任部署は、社内からの数値解析に関わる解析を引き受けて実施していることが多い。そ

スキ
5
フリーランスエンジニアにエージェントは必要なのか?現役エージェントの担当者が本気で考えてみた。

フリーランスエンジニアにエージェントは必要なのか?現役エージェントの担当者が本気で考えてみた。

どうも。柳です。タイトルを見て下さった方は、「はいはい、エージェント使えってオチでしょ」と感想を抱いたのではないでしょうか?      その気持ち、とてもわかります。 内容に入る前に、まず結論をお伝えします。本記事ではエージェントを批判する立場から私の考えをお伝えする内容になっております。          フリーランスエンジニアがエージェントを使う3つの理由 1:案件情報をたくさん抱えているから                            2:自分で営業しな

スキ
4
エンジニアにおける「専門性」と「組織へのコミットメント」のジレンマ

エンジニアにおける「専門性」と「組織へのコミットメント」のジレンマ

株式会社iCAREのVPoE、安田です。 今日はエンジニアにおける「専門性」と「組織へのコミットメント」のジレンマについて書いてみたいと思います。 組織文化の理解や貢献を求められる エンジニアとして企業に属していると、組織文化の理解やそこへの貢献を求められることがあります。 その時エンジニアはジレンマを感じるときがあります。 組織文化は、組織によって異なるため、そこへのコミットメントを、組織を越えたキャリアパスに役立てることは容易ではないからです。 別の言い方をすると、固

スキ
3
7年目エンジニアが考える、エンジニアも専門性が必要な理由

7年目エンジニアが考える、エンジニアも専門性が必要な理由

記事はこちらに移りました!

スキ
8