R日記 ~577日目~マンガで学ぶ損切りの重要性

R日記 ~577日目~マンガで学ぶ損切りの重要性

ランチタイムの 読書時間に ハマっているのが、 歩きながら マンガを読むこと。 二宮金次郎スタイルならぬ、 宮沢賢治読書術。 アメリカ式にいったら ジョブズ式ウォーキング。 軽い睡魔がおそってくる 昼過ぎに午後からの 仕事に備え、歩いていると 頭がドンドンさえてくる。 気合ではなく、 仕組みと技術。 さて、いま読んでいるのが 『インベスターZ』 三田紀房 (著) https://www.amazon.co.jp/dp/B00H7OSZYA その中で熱く語られ

投資で大切な「二次的思考」

投資で大切な「二次的思考」

投資の神様ウォーレン・バフェットが絶賛している、ハワード・マークス著『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識 』を読んでみた。 ウォーレン・バフェットが投資の本を絶賛することは珍しく、ビジネスを進めるためにも、投資家的な考え方を知っておくことは大切かもしれないと思ったのが、この本を手にした理由である。 本書を読んで一番大切だなと思った考え方が、「二次的思考」という考え方だ。 「二次的思考」という言葉は何度も本書に出てきており、超一流の投資家であるハワー

スキ
1
インベスターZを読んで…

インベスターZを読んで…

どうもすけおです。 私が大好きなマンガを紹介したいと思います。 全巻読んだのですが、とても面白かったです。 しかし、今回は3巻までの内容を話します。 この本は主人公の財前孝史君中学1年生が中高一貫の道塾中学校というところに入学し、そこで投資部に入部させられるところから物語は始まります。 ここでは株のことをメインにストーリーが進んでいきますが、物語の中でも人生に繋がるような良い事も言っているところが個人的に気に入っています。 また、作者の絵の書き方が面白く、例え話の際には全

スキ
7
入口より出口‼︎投資における出口戦略とは?
+1

入口より出口‼︎投資における出口戦略とは?

有名な投資漫画、「インベスターZ」からの名言で 「株ハ入口ニアラズ出口ニアリ」 という言葉があります! 「なんとなく言ってる意味は分かるけど、どう言うこと?」 ●大損する人の特徴多くの人、特に初心者は買うための努力をします。 わたしも経験があるのですが、 なんせ、「間違った株を買いたくない!」 そして買ったら安心して、気が張り詰めた時間が過ぎます。 あれだけ調べたんだから大丈夫だろうと思ってしまいますよね、、、。 そして、上がったら売ろうと曖昧な期待をしながら、 上

スキ
2
学校では教えてくれないお金の話 〜ドラゴン桜 第三話より〜

学校では教えてくれないお金の話 〜ドラゴン桜 第三話より〜

学校では教えてくれないとても大切なお金の話し。 第6回は、〜ドラゴン桜 第三話より〜 この記事はこんな人におすすめ ・お金のことに興味がある小中高生 ・お金の勉強をしたい小中高生 ・お金のことに興味がある小中高生のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん ・お金のことを勉強したい小中高生のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん ・子供にお金のことを伝えたいお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん 記事を書いた人 投資歴 1年 コロナ流行をきっか

スキ
6
漫画「インベスターZ」から知る、投資家ウォーレン・バフェットさん

漫画「インベスターZ」から知る、投資家ウォーレン・バフェットさん

こんばんは、りさです。 最近ふと思い出したことがあったので、 その関連で今回の記事を書きたいと思います。 お金、投資について知りたいと思うきっかけになった漫画、 「インベスターZ」。 当時は、ただただ知りたいというだけで お金ほしい!投資したい! とかはあまり思っていませんでした。 そんな感じなんだ〜〜という程度。 漫画アプリから、たまたまこの漫画に出会い、 ウォーレン・バフェットさんのことも知りました。 その話は後ほど。 私は漫画アプリから知りましたが、 LINE

スキ
4
インベスターZ‼️

インベスターZ‼️

全巻読み終えましたyo♪ 『インベスターZ』‼️ 作者はあの『ドラゴン桜』を書いた三田紀房さん😊 簡単に説明すると お金ができた歴史が学べる。 投資によってその会社の素晴らしさが分かる。 (社会に貢献してる実績など) 投資の用語も勉強できる。 (損切り、利食い、ロウソクなど) "無理を実現させてビジネスをしようとする" ベンチャー企業があるということ。 マーケット管理をしっかり充実させていれば店が忙しくなくても利益は生まれる。 支出を減らす方法など... とに

スキ
5
【インベスターZ】お金の歴史編

【インベスターZ】お金の歴史編

お金がどのように産まれたかご存知ですか? 本日は、 お金の歴史について学びたいと思います。 以下が、参考にしたの書籍です。 そもそも、お金とはどのように始まり そして、どのように広まったのでしょうか? 人類が畑を持ちコミュニケーションするようになったのが今から1万年前 最初の5500年間はずっーと物々交換をしていました。 突然ですけど、 物々交換にはどのようなデメリットがあるかと思いますか? ・保存が効かない物は無駄になる(肉、魚など) ・自分の持っている物が欲しい人

スキ
23
日本が世界で最初に超高齢化社会を迎えていることはメリットでもある。

日本が世界で最初に超高齢化社会を迎えていることはメリットでもある。

みどなです。 ”インベスターz”で面白いと思ったセリフを紹介していきます。  主人公の財前孝史(ざいぜんたかし)が藤田繁富(ふじたしげとみ)と日本の将来性について話してるシーンです。 日本は世界で最初に超高齢化社会を迎えている。 それに対応するモノやサービスをいずれ高齢化を迎える国々に販売すれば大きな利益を得て世界のリーダーになれる。 多くの人は日本が高齢化や年金問題などの、高齢者が増えたことによるマイナスな側面だけを見ている印象です。 問題が見えているからこそ、その問

スキ
61
若者にとって社会に売れるものは時間しかない。

若者にとって社会に売れるものは時間しかない。

みどなです。 今日も”インベスターZ”で面白いと思った言葉を紹介していきます。 今回は就職活動を控えた3年生の後輩に対して、就活を終えた町田浩子(まちだひろこ)が言ったセリフです。 ”20歳そこそこの若者にとって社会に自分が売れるものって時間しかないのよ” 社会人になる前に、様々な勉強やスキルを身に着けている方も多いですが、実際に社会に出てそれを活かせるパターンは多くないです。 なので、時間を対価として給与をもらうというのが若手の労働であるといえるでしょう。 ただ、時

スキ
19