お笑いの日

Paravi独占『激闘の1日~キングオブコント2021の舞台裏に完全密着』全芸人さん主役の良質ドキュメント。

今から約2週間前の10月2日に行われた お笑いの日、キングオブコント2021。 この日は仕事や家のことをしながら8時間ほぼ捧げて、お笑い好きにとってとても充実した一日だった。 特にあまりにも今年のキングオブコントは推し芸人さんが多く、 またドラマチックな展開が熱くて胸に刺さったので 初めてキングオブコント生大反省会も観たいが為に放送直後即Paraviに初加入。 そして本日舞台裏に迫ったドキュメンタリーが独占配信されているのが目に入ったので先ほど視聴。 当日TBS入りす

スキ
1

115. 【お笑い】お笑いの日のソウドリで、ドブロックが総取りしたが、個人的にコロチキ推し

スキ
1

今日はお休みの雑記 KOC決勝感想 備忘録2

前半部分はこちら。 引き続き、CM中にまとめたメモを記載します! 6.そいつどいつ 456点パック キャラが憑依している上にさらに憑依させる市川刺身。 斬新な気がする。ホラーぽく見せつつ、コミカルな動きになるのは良い。まさかのふざけ合いが二転三転するラスト。今回トップの急展開。 6組目まで見て、笑い声、拍手笑いもありで、今日の観客はかなりあったまってる。次らの怒涛のラッシュも期待感が凄い。 7.ニューヨーク 453点披露宴前日 全てズレた新郎と式場スタッフのやり

スキ
3

今日はお休みの雑記 KOC決勝感想 備忘録1

ネタバレになるので、観てない方は注意してください。 このnoteを読まなくていいから、先にTVerでKOCを見てくれ。 ○お笑いの日今年は、お笑いの日をリアタイで見ることができました。 8時間ぶっ通しで、ほぼネタ番組。本当に面白い一日でした。 この中でもダントツだったのが、 お笑いミクスチャーFESでのハリウッドザコシショウ。 モノマネ対決で、モノマネ界の新星3人とモノマネ対決を行うのだが、最後にザコシショウが見せた、 ベジータ(もといR藤本)と碇ゲンドウのモノ

スキ
5

お笑いの日2021&キングオブコント。

やっぱり2回目ってワクワク薄いな。 お笑いの日。 昨年はコロナ禍の初めての夏を過ぎ 対策に右往左往しながら なんか開放的な空間を求めていた。 笑いたいのに笑えないような 窮屈な雰囲気があったからこそ。 待ちに待った宣言解除後の遠出。 それと似た感じでしょうね。 通して観て、やっぱりちょっと 2回目はインパクトという意味でも 大満足とまではいかないかな。 それとテレビでの大型フェス番組が 最近多すぎて。こぞって各局真似て 似たパターンでトレンド化した

スキ
3

かたまりさんが流した涙は、あの日とは違う涙。

深夜のラジオから聴こえてきた声で、出会った。 確かあれは、3年ほど前のこと。 いつも聴いている番組の、ひとつ前の時間を担当していたふたり。 たまたま、早めにradikoを起動した時にラジオをやっていることを知った。 今ほどはテレビでみることはあまりなく、わたしは彼らをまだよく知らなかった。 どんな人たちなのか、調べてみたところ 左の人が名前のイメージ通りの人だった。 それが、鈴木もぐらさん。 右の人は、かたまりさんと言うのね。 と思っていたら、彼女と別れた話で泣いて

スキ
46

キングオブコント決勝1本目、男性ブランコ「ボトルメール」の凄さ

 キングオブコント2021が終了した。今大会は、SNSなどで騒がれるまでもなく、審査員全員が唸るほどハイレベルな戦いだった。まずは、素晴らしいコントを披露してくれた、いや、めちゃくちゃ笑わせてくれた芸人さん達に感謝したい。笑いすぎて泣いてしまって、号泣した後に来るような頭痛がしていてちょっと辛い。  今回面白かったネタと言えば何と言っても空気階段の1本目だろう。SMクラブ×火災救助×公務員という絶妙な組み合わせに2人の醸し出す雰囲気が合わさって爆発的な笑いを生んでいた。2本

スキ
6

Vol.12【キングオブコント2021・結果総評】

2021年10月2日(土)は【お笑いの日】と銘打ち、お笑いミクスチャー、ソウドリ、お笑いベストワンそしてキングオブコントと、8時間お笑いがぶっ通しだった。流石のお笑い好きな私も寄る年波には勝てず、全プログラム視聴後は間髪入れず深い眠りに落ちた。 さて今年のキングオブコントだが、現代の若手コントシーンを彩る錚々たる顔ぶれと言っても過言ではない。ここに完全復活したかが屋が来年は食い込んでくることも予想されるので、新顔が果たしてどう食い込んでくるのか今から楽しみではある。 さて

スキ
13

キングオブコント2021

興奮冷めやらずに午前6時に起きてしまい、筆を取っている、というか親指を動かしている。 コロナを踏み台にして、SNS上では政治面や生活面に基づいた意見で反発し合っていて、オリンピックが行われてもなお日本中が一つにならなかった2021年。10/2のこの大会が行われるまで、日本中が明るくなる日なんてまだこないと思っていた。 このような鬱積した憤懣が緊急事態宣言の緩和により放出されつつあったからだろうか、この状況下にて行われたキングオブコント2021は、バイきんぐ小峠氏の発言よろ

スキ
31

キングオブコント2021感想

今年は、ユニットの参加が解禁となり、3015組がエントリーしたキングオブコント2021。その決勝戦の感想を書いていく。 ※このnoteは壮大にネタバレしています。キングオブコント2021を視聴してから読んだ方がいいです。審査員今年の大きな変革点としては、松本人志以外の4人の審査員を変更することであった。その審査員4名は当日発表。発表された4名は、 山内健司(かまいたち) 小峠英二(バイきんぐ) 秋山竜次(ロバート) 飯塚悟志(東京03)妥当。妥当過ぎる。ただ、吉本芸人が3

スキ
18