このコンテストは終了しました。

#創作大賞2022

あなたの作品が書籍化・映像化されるかも?優秀作品はKADOKAWA、幻冬舎、ダイヤモンド社、テレビ東京の協力を得て、書籍化や映像化を目指します! 詳しくはこちら

新着の記事一覧

【創作】 言ノ葉

「嗚呼、ロミオ」 馬鹿げてる 誰が感動すんだこんなもんさ 僕が一番凄いんだ 僕が一番凄いんだ 俺が一番、凄かった 僕は秀才だった 幼稚園の頃は砂で作ったお城の完成度の高さから若ぇ女の先生からワーキャー言われたし、 (多分俺に惚れてたんだと思う) お絵描きでは、あえて絵を描かないと言うスタンスを取ってクラスの一匹狼として君臨 友達はあえて作らなかった だって、ダセエじゃん 人に合わせないといけないんだろ? 俺様に合ってないぜ 「タカヒロー!」 お母さん 「貴方は

スキ
3

第六感人間。

「まわりって診てないよ、そこまで。」 人はそこまで診ていなんだ。 皆、自分を生きることに精一杯なんだ。 周りに与えよう、周りに迷惑をかけないように、周りに与えよう。 そう洗脳されてきた彼女に気づきを与えた言葉。 我の道を生きることでこそ、調和が生まれる。 我がないところには、「調和」というものはない。 ”個”と”個”が交わり合うからこそ調和という現象が生まれ、 それはそれは心地良いものを味わえる。 我をなくして、「無」として存在してたから、 真っ暗で、見え

スキ
2

綺麗なだけの女はつまらない

照れ屋のテルちゃん🌞 【綺麗なだけの女はつまらない】 いつも照れ屋のテルちゃんをご覧いただき、誠にありがとうございます🤗 会話をご覧になりたい方、このイラストが良いと思った方、照れ屋のテルちゃんを応援したい方は、 100円✖2枚=200円でサポートをすることができます🌠 ホームページ https://mr93s.hp.peraichi.com/?_ga=2.240629763.1298724282.1636999281-243491693.1636999281 インスタ

スキ
5
有料
200

いつの日か、このすべてが記憶になる:SOMEDAY ALL THIS WILL JUST BE A MEMORY

F4 Oil Paint

ベルリン。

どっかに魂を置いてきたから、 探しに行こう。 だれと、逝く。 だれとでもない、ひとりでさ。 どこまでいっても一人のだから。 どこまでも自由さ。 なにも縛られる必要もない、 羽ばたく条件は揃った。 勇気とリラックスとイマジネーションだけ。 輝く宝石に見つけた喜びを胸に。 oli

スキ
2

ガムシロップとフレッシュはお付けしますか?

 秋がちらちらと顔を見せているが夏もまた負けじとこちらをガン見している。夏か秋か判断がつきづらいような気候がまるで自身のアイデンティティを確立できていないパッとしてない大学生のようで大好きだ。   ちょっと喫茶店に行こうと長袖を来てはあっついなと思いながら向かう様は滑稽であるがこの夏と秋の間にしか楽しめないと思うと不思議と楽しく感じる。  大学生の夏は4回来たけども毎年の夏休みに何したかと言われると何もしてないなあと笑って答えてしまう。けどその当時の自分は考えて行動していた

スキ
1

なぜクリエイターはキモいのか 歴史的考察 才能という嘘

 表現者という人間の気持ち悪さを上手く言語化できなかったのだが「声の文化と文字の文化」という名著を読んで、クリエイターの気持ち悪さの歴史的起源が分かった。  ホメロスという詩人が創ったと言われているイリアス、オデュッセイアという西洋最古の文学がある。二十世紀まで、ホメロスという大詩人のインスピレーションで書かれたものだと思われていたらしいが、実際のところは、テキストのほとんどが「決まり文句」から作られていたらしい。なぜかというと「声の文化」では、記憶できる語彙に限界があり、

スキ
8

負けず嫌いなテルちゃん

照れ屋のテルちゃん🌞 【負けず嫌いなテルちゃん】 3DCGに手描き加工をドンドン繊細に加え、毎日のように吹き出しのやり取りを考える これって他の人がなかなかできる芸当じゃないよね🤔 これが収入に繋がらなくても、ここで得たスキルは、必ずどこかで活かされると確信しています🌠 いつも照れ屋のテルちゃんをご覧いただき、誠にありがとうございます🤗 会話をご覧になりたい方、このイラストが良いと思った方、照れ屋のテルちゃんを応援したい方は、 100円✖1枚=100円でサポートをする

スキ
4
有料
100
再生

六本木クラス イラストメイキング

六本木クラス 平手友梨奈 似顔絵 イラストメイキング。

スキ
60

無題

プロローグ タワーマンションの最上階から観る景色はたまらない。 あの時、俺を見下していた人間どもを今は容易く見下すことができる。 艶めくスーツを着こなし、極上のコニャックグラスに、極上のラムを右手に、面積の広い足元まで伸びる窓ガラスに左手を付きながら外を眺める。 本当に良い景色だ、全てを手に入れたような感覚になる。 今日まで努力を続けてきてよかった。 こうなるために毎日毎日つらい思いをしながらも生きてきた。 時には死にたくなる時もあった。 全てを捨ててしまおう