マガジンのカバー画像

続ちょこっとひとこと

346
故郷・神戸に戻り、今を綴るもまだまだヨチヨチのエッセイ集。
運営しているクリエイター

記事一覧

あと少し大人にならなければならないな

感染症の隙をぬって、これまで政府のGoToキャンペーンや自治体の地元宿泊キャンペーンがたびたび実施されてきた。
宿泊業や飲食業など、感染症による打撃を大きく受けたとされる業界を応援するためのキャンペーンだ。

僕もこれまでに、GoToトラベルを利用して有馬温泉のホテルに半額で宿泊したり、神戸市の宿泊キャンペーンに当選してポートピアホテルのフルコースを半額で堪能したりした。
ふだん指をくわえて見送る

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければコメントもお願いします!

あのおじいちゃんだからめちゃくちゃでも許されたのだ

――変わった玉子サンドがあるらしいから、行かない?

変わったゆうて所詮、ゆで玉子とマヨネーズとパンやろ?
そんなん行かへん行かへん!

――ゆで玉子ではないらしいよ、厚焼きのオムレツだって。

ん? 行く行く! さっきから行くゆうてたやん! 早よ行こ!

レストラン〈コロナ〉かつて京都・西木屋町四条下ルに〈コロナ〉というレストランがあった。
知る人ぞ知るの人気店だった。

西木屋町は路地といって

もっとみる
スキありがとうございます!

地震発生の午前5時46分をバスの中で迎え、手を合わせた

〈阪神・淡路大震災〉から27年目の今日。
僕の中での震災は、やはりこの阪神・淡路大震災を指す。

***

27年前のその時、僕は未明の京都・七条通を小走りに東へ向かっていた。
当時僕は東京で勤めていたが、前日までの3連休で淡路へ旅行してそのまま京都の彼女の家に泊まり、当日は6時過ぎの始発の新幹線で東京に帰るため京都駅まで走っていたのだ。
ちなみにその彼女がかみさんだ。

突如、歩道が向こう側から

もっとみる
スキありがとうございます!

皆さんからいただくコメントを毎日ホントに楽しみにしている

昨日の投稿が700日連続の節目だった。

前日の投稿後、699日と出ていたので節目を迎えることは気づいていた。
それにふさわしい記事って何だろうと考えを巡らせた時、ふと20年を過ごした愛媛について書いた記事があまりないことに思いおよんだ。

25年前、東京での勤めを辞めて新天地を探していた時、偶然目に飛び込んできたのが愛媛だったのだ。
温かく迎えてくれた愛媛に謝辞を贈ろう。
そうして昨日、「甘い」

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければコメントもお願いします!

心がとけるほど楽しく、人を喜ばせて誘い込むような

愛媛から神戸に帰ってきてまもなく5年。

大学を出て東京の出版社で日本史や民俗、仏教の書籍編集をやった。
編集の仕事自体は性に合っていたから楽しかった。
ただ、大学教授としか接点のないことには喜びを見出せなかった。
東大や早大のアカデミックなオタクたちとの会話に辟易し、5年で辞めた。
もっと市井の声を聞きたかったのだ。

将来民宿をやりたい夢もあったから、観光施設オープニングスタッフ募集に応募し、

もっとみる
スキありがとうございます!

僕だって常に皆と同じがイヤというわけではないのだから

先日、お手軽なケンミン食品の焼ビーフンを紹介した。
バツグンの知名度を誇る、神戸ブランドの即席・焼ビーフンだ。

そのタイトルにもあるように、次は即席ではなく、いちから作ってみようと狙っていた機会が訪れた。

これが同じケンミン食品の、即席じゃないビーフン。

とはいえこの細い麺は2~3分でゆがけるので、即席と調理時間の違いはとくに大差はない。
言ってみれば、麺にあらかじめ味がついているかどうかく

もっとみる
スキありがとうございます!

そのうち喋る言葉がなくなるかもしれない

新卒で入った出版社。
東京のことは右も左も分からなかったから、アパート探しや引越はいくつか年上の会社の先輩たちに手伝ってもらった。

東京に着いたその日はまだ引越の荷物が届いておらず、3月にふとんなしで眠るわけにもいかないと、埼玉の先輩が家に泊めてくれた。
先輩は実家通いだったので、お母さんが夕飯を用意して待っていてくれた。
なんとも嬉しい歓待。

いらっしゃい、しんどなかった?

あれ? 東京の

もっとみる
スキありがとうございます!

さぁ来年の正月はどこのご馳走にしよう

年末、大学生の娘と息子が京都と東京から帰ってきた。

大学に入ってメイクするようになった娘が、まるで美容部員のように中学生の弟を実験台に実演し、おとなしくされるがままになっていた息子は、はいできあがり!の娘のかけ声とともに美男子に変身していたり。

そんな穏やかで賑やかな正月。

***

家族5人が揃っている間に平らげなくてはならないものがあった。
ふるさと納税の戦利品、もとい返礼品のごちそうだ

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければコメントもお願いします!

どちらの親子丼もちょっと「辛い」けど

京都で親子丼を食べるとしたら、西陣〈鳥岩楼〉か、錦〈まるき〉に限る。
このどちらかでしか食べたことがないだけだけど。

西陣〈鳥岩楼〉〈鳥岩楼(とりいわろう)〉は、かしわ(鶏肉)の水炊きの店。
戦前に創業した、新鮮なかしわが堪能できる老舗だ。

入るのがためらわれるような風格ある店構え。
京都で過ごした学生時代にはもちろん縁があるはずもない。
東京の出版社に就職し、京都国立博物館の企画展に編集部5

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければコメントもお願いします!

この肩こりはずっと一日緊張していた証だろう

免許取り立ての娘が練習したいというので、昨日レンタカーでドライブ。
1年前に免許を取ったままほぼ乗っていないという上の息子も道連れに。

出発前、父さん口うるさく言わんとってよ、と娘に釘を刺された。
ん? 娘よ、父が黙って見守るタイプというのを知らんな?

天空の城・竹田城に行きたいといっていたが、冬季閉山中。
なら神戸から近い三田(さんだ)にしようか、いやもう少し先の篠山(ささやま)まで行こうよ

もっとみる
スキありがとうございます!

松潤ならもしかするともしかするかも

ネットニュースを見て娘が声に出す。

徳川家康が松本潤、織田信長が岡田准一、豊臣秀吉がムロツヨシらしいよ。

娘はいつも前触れなく話を始めるが、どうやら来年の大河ドラマ『どうする家康』の話らしい。
今日ようやく今年の大河が始まるところというのに、かなり気が早い。

徳川家康が松本潤、織田信長が岡田准一、豊臣秀吉がムロツヨシ――
へぇ、そうなんや。
家康を主人公にした大河って、信長や秀吉のものと比べ

もっとみる
スキありがとうございます!

留守番の園児には、繰り返されるベルはホラーでしかなかった

まだ幼稚園時代の話。

母親が歯医者に行くと言って夕方に出ていった。
初めての留守番だ。

すぐ近所の歯医者だが、幼稚園児には十分に緊張の時間。
カタンとわずかな物音がしただけで泥棒の侵入を想像し、鼓動が高くなる。

そこに追い打ちの、電話がかかってくる。

ジリッリリリーン… ジッリリリリーン…

ビクン! 全身が跳ねて反応する。

黒電話にはもちろんナンバーディスプレイなどない。
誰が鳴らした

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければコメントもお願いします!

最近は七草が一つのパックに入って手軽に揃うから楽チン

今朝は七草粥だという。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな 、すずしろ 
これぞ七草

昔はそういう縛りが好きではなかった。
暦に操られるなんて。

それ以前に粥が好きではなかった。
鍋の後の雑炊やおじやは大好きなのに。
いやむしろそっちが好きだから、味気ない粥が苦手だったのだ。

胃腸が弱かった僕は、よく腹痛で学校を休んだ。
そのたび母が粥を作ってくれたが、匂いからしてのどを

もっとみる
スキありがとうございます!

京都・三条寺町、大人の四つ辻

この正月、家族ですき焼きを囲んだという人も多いはず。
豪勢なすき焼きは正月がもっとも似合う、と個人的に思う。

しかし同時に、すき焼きの味つけ、調理方法でもめた家族も多いはずだ。
割り下を使うの使わないの、煮るの焼くの――
地方によって調理法や食べ方に違いのあるものは多いが、すき焼きはその代表格として語られることが多い。

諸説あるが、すき焼きは長崎あるいは関西で発祥したとされる。
その名のとおり

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければコメントもお願いします!