ロボット・人工知能

18
記事

新型コロナ 万国封じ込め大会

新型コロナウイルスの存在が、各国の経済や社会に影響を及ぼしている。
新型のウイルスという事もあり、その対策方法は国によって様々。
政治力の違いを、考えさせられる部分も、少なからずある。

一番の鍵は医学的、薬学的、疫学的な対策・解決策だと思うが、今回はそれだけに止まらず、イベント中止、巣篭もり消費や、オンライン配信、テレワーク、遠隔医療、ロボット活用など、様々なオンラインサービスやテクノロジー活用

もっとみる

AI時代へ向けて育成すべきはAI人材か?

今年3月に政府のAI戦略が年間25万人を目標にAI人材を育てるとぶち上げたのに続いて、教育再生会議が全ての大学生がAIなどの基礎的な素養を身につけられるように標準カリキュラムを作成することを提言した。ガートナーが2017年1月に産業界で2020年末時点で30万人以上のIT人材(原典を確認したところAI人材ではなかったようですね)が不足するといったらしいのだが、今からカリキュラムをいじったところで2

もっとみる

デンソーが開発した『自動押印ロボット』は世界の未来を手助けする

2019/12/11 ITmedia NEWS

『デンソー』と『日立』が共同で
自動で押印が可能なロボットのサービスを発表しました。

意味が分からないと思いますので、簡単に説明します。

(1) 2台のカメラにパソコンを接続
(2) カメラが書類をチェック
(3)  どこに印鑑を押すか、AIで場所を把握
(4)  ハンコを「ポン」と押す!
(5)  ページをめくって次の書類でも押す場所を探して

もっとみる
今日の運勢『超吉』とても良い日になるでしょう🌈
201

ユカイプロダクトPRESS KIT一覧

SNSやメディア媒体などでご紹介いただく際に便利な素材一覧です。

○ ユカイ工学 ○

web / note

▼紹介テキスト

ユカイ工学は、 「ロボティクスで、 世界をユカイに。 」を掲げ、 様々な製品を開発・販売するロボティクスベンチャーです。 自社製品の製造、 販売ノウハウを元に、 ロボットやIoT製品のコンセプトデザイン、 試作、 量産、 販路開拓までを一気通貫でサポートしています。

もっとみる
ありがとうございます!
5

AI人材は必要か

政府がAI人材が今後不足する(既に不足)してるから、年間25万人の育成に力を入れると言ってる。

先日、蕎麦屋で昼食をとっていたら、近くで(お父さんと思われるが)息子に英語より、コミュニケーション力や、文化、歴史の知識が大事だ。英語は機械翻訳などがどんどん進む。英語力より、そっちのほうが大事だ。的な熱弁を振るっていた。

まあそれは一理ある。言葉はデータを抽象化して、他者に伝達する手段なわけで、重

もっとみる

AVATAR X

AVATAR Xは、遠隔操作ロボット(アバター)を活用したANAなどが参画している事業プラン。
先日、AVATAR Xのイベントに参加し、今後の可能性などを少し考えてみた。

我々人類は、既に宇宙にも活動の場を広げるべく、宇宙ステーションや、月や、惑星、などを探査を行なっている。

既に、宇宙ステーションでは多くの人が、働いているが、大気圏外へ移動したり、月へ行ったり、火星にいくには莫大な費用がか

もっとみる

トランスヒューマニズム

今回は死についてと、マッドな話が含まれるので、苦手な人は注意。

アルコー延命財団

詳細は省略するが、冷凍人間を保管してくれる団体である。
いずれ技術が発展したら、解凍するなりして蘇生できる、かもしれないというものである。

たしかに、蘇生ができたら凄い。が、現在のテクノロジーでは、まだまだそこまで全然見えて来ない。
では、これを「死の保留」と考えるとどうだろうか。
もちろん、死体を保存している

もっとみる

「AI・ロボットで仕事は無くならない」の実際

実際、AIロボットで、職を失った人は既にでてきている。
だから、「AI・ロボットで仕事はなくならない」という記事を見て、鵜呑みにしてはいけない。

「AI・ロボットで仕事はなくならない」の根拠としてよくあげられるのが、

・新しい仕事は技術が進歩しても次の課題が生まれる(新しい仕事が登場する)
・AIにはできない仕事がある

というものだが、たしかに仕事は作ればいくらでもある。しかしそこにはいくつ

もっとみる

中央を持たない資本主義

昨年、坂村健 氏の基調公演を聴いて、「哲学が大事だ」的な事を言ってたのが印象的だった。

昨年後半に、ユヴァル・ノア・ハラリ著「ホモ・デウス」を読んだ。
・人間は神になろうとしている。
・生命は皆アルゴリズムだ。
みたいな事が書いてあった。

先日、書店で落合陽一の本を探している人がいて、へえ面白いんかな?なんて本かはわからないけど、一冊ぐらい読んでみようと思い「これからの世界をつくる仲間たちへ」

もっとみる

ロボットは心を持つか(その2)

以前、ロボットは心を持つかというタイトルで、ロボットが意識を持たせる事が可能だと言う結論に進んだ。

インプットした情報に対し、それをいくつかの感情に分類できれば、それが意識という事になる。

では、それをさらに発展させれば、ロボットも心を持つことも可能なのだろうか?

可能だという結論に進む前に、そもそも人は、他人の何を見て、その人に心があると思うのだろう。

例えば、他人に「おはよう」といって

もっとみる