第3回キャプロア漫画

「週刊キャプロア出版(第3号): フィクション」が発売されたぞ。

週刊キャプロア出版(第3号): フィクション
https://amzn.to/2H1gNMw

今回も、トリプロデューサーは著者として参加していて、コラムを執筆しています。
タイトルは、「理系出身の正直者は、嘘をどう扱うべきか」です。読んでみてくださいな。
週刊キャプロア出版は、毎週水曜日にゴンゴン出版されていく予定なので、Kindle Unlimited推奨ですよ。

あと、「がねたんか〜みんなで短歌を遊ぼう〜」のコーナーで、トリプロさん作の短歌が紹介されています。
あまり知られていないのですが、「がねたんか」は読者参加型コンテンツとなっています。短歌を気軽に、がねさんに送ってみましょう。あっ、がねさんがやってるコーナーだから、「がねたんか」なんですよ。
さらにもっと知られていないのですが、「がねたんか」というタイトルのネーミングは、トリプロさん発祥です。第2号の議事録に、そのことが証拠として記されています。

あっ、第2号は18禁だった・・・。
第3号に関しては、18歳未満の方でも見ることが出来る内容となっているので、ご安心くださいw

ところで、アイキャッチ画像は、第3号の中に収録されている漫画「色弱デザイナーが恋い焦がれた世界で起きた“デジタル革命〟の話。」から抜粋したものです。
そうそう、漫画が収録されてるんですよ。かなり芸術性の高い漫画が。
詳しくは、漫画の絵を描いた掘住今年さんのVALUの投稿を見てみましょう。

この漫画の原作は・・・

100人で書いた本~道具篇~ (キャプロア出版)
https://amzn.to/2ITK6Xg

こちらに収録されており、MVAを受賞した もりしんじ さんの作品です。

さらに・・・

「100人で書いた本〜道具篇〜」に、100人共著プロジェクト運営のななやが、99人のレビューを書きました。(トリプロデューサーのおまけレビュー付き) 100人なんちゃら
https://amzn.to/2xsgzyw

こちらの巻末には「100人で書いた本〜道具篇〜」でMVAを受賞した作品と関連する、トリプロデューサーのエピソードを綴った「色弱と自信」を収録しています。

トリプロの先見の明は凄すぎるなと、自画自賛しているところです。
結局、トリプロ中心の紹介記事だった。


noteのマガジン、「キャプロア出版とトリプロ出版」もよろしくね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

🎲サポートで頂いたお金は、日々の生活費としてありがたく使わせていただきます🎲

賽は投げられた。「 2 」の目だった。
74
「トリ教祖」に改名 / サイコロ紙風船作ってた / YouTubeトリ教祖チャンネル→https://www.youtube.com/channel/UCaARvhORtl9NX2yn5bRHpZw? Amazon.co.jpアソシエイト

こちらでもピックアップされています

キャプロア出版とトリプロ出版
キャプロア出版とトリプロ出版
  • 73本

非中央集権のキャプロア出版と、中央集権のトリプロ出版。これらに関する投稿をまとめたマガジン。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。