【前編】"あの人"が語る、一流の「雑談力」

こんにちは!明日香出版社です。
緊急事態宣言が明けた今日この頃、いかがお過ごしですか?
明日香では、時差通勤を導入しながら通常営業が始まりました。
シャバの空気がおいしいです。
きょう(5月29日)には
航空自衛隊のブルーインパルスが明日香のすぐ近くを飛んでいましたよー。

さて、今回は明日香に飛び込んできたびっくりニュースを紹介します。
まずは、こちらをごらんください(動画は約30分です)。

もっとみる

新人ブログ【第16回】 新入社員の就活体験記① エントリーシートを出すまで

●自己分析が苦手だった

私は就活が始まった当初、自分のどうしてもやりたいことがよくわからず、色々な企業を見ていました。

よく、就活では「自己分析が大事」と言われると思うのですが、私はいまいち何をすればいいかがよくわからなかったんです。

自己分析のやり方の1つに、親友や家族に長所をたずねる、という方法があるそうです。
私もやってみましたが、正直な所、しっくりきませんでした。
人によって言ってく

もっとみる

「希望の街からこんにちは」ビフォーコロナよりもっといい未来へ

こんにちは、フォレスト出版編集部の杉浦です。

緊急事態宣言が全国で解除となりましたが、海の向こうでは、まだまだロックダウン中の地域が存在します。ニューヨークも代表的なひとつでしょう。YouTubeをはじめとしたSNSでニューヨークの現在の姿がたくさん紹介されていますが、かつての賑わいは影をひそめ、ゴーストタウンと化しています。私は年初、今年はニューヨークに行ってみたいなと思っていました。というの

もっとみる
もっとスキになってもらいたいのでガンバリマス!
16

言葉

昔、誰かの言った言葉に感銘を受けたことがある。それは「言葉とは包丁である」だ。え?どういうこと?って思うかも知れない。でも包丁って、危ないけど料理するときは使うでしょ?
そう、包丁は正しく使えば立派な道具で、間違った使い方をすれば誰かが傷つく、もちろん自分だって。だからね、たった一つの言葉で取り返しのつかないことだってあるんだよ。僕はその包丁で何度も傷つけ

もっとみる

フォロワーさんが1000人を超えました

なんか最近、急にフォロワーさんが増えているようで、今日見たら、なんと1000人を超えていて驚きました。

あ…ありがとうございます!

なんて言ったらいいのか分かりませんが、こんな私の記事を読んでいただいて、ありがとうございます。

ただ、フォロワーさんが1000人もいるわりには「スキ」が一桁ないことがほとんどなので(ちょっと僻み)、「こいつの記事はちょっと気になって時々読むけど、まあスキというほ

もっとみる

句集の見積り、各社さまざま。

緊急事態宣言が解除になり、まだ感染予防に関しては油断できませんが、気持ち的には一区切り。この自粛期間に句集稿の形が出来てきたので、気が早いですが、いくつかの出版社に、見積りをお願いしてみました。

見積りって、大体どこも同じような額を出してくるものですよね。RCが住んでいるマンションの大規模修繕のときなど、2社の見積額があまりにも僅差で、これはどこかの喫茶店で秘密の話でもあったのでは、と思いました

もっとみる

就職活動、出版社しかいきたくなかった私はどうなったか【講談社編】

メイン画像は、2年前の就活時期にポールジョーの化粧下地をプレゼントされて喜んでいる私です。

講談社。大手出版社といわれている出版社ののひとつだ。

大手出版社。

講談社、集英社、小学館。

マガジンハウスが1番の志望先であった私にとって、集英社も小学館も志望先になかった。

というか、「大手って、講談社と集英社と、あとなんだっけ?」くらいだった。

講談社を希望したのは、雑誌「FRaU(フラウ

もっとみる
ブラボ〜〜〜
7

kindleの便利さと書店が売るもの

自分でも「いまさら」感が否めないが、kindleの活用のしやすさを知った。

kindle(電子書籍)がなぜビジネスパーソンにうけていて、電子書籍のジャンルでビジネス書が上位なのか自分なりに分かった気がする。

kindleはとにかく「機能」が使いやすい。
色々あるけれど、衝撃だったのが

・マーカーがひけること。(しかも4色!)
・マーカー部分をファイリングでき、一目でみれること。
・わからない

もっとみる

就職活動、出版社しかいきたくなかった私はどうなったか【文藝春秋編】

2018年、私は大学4年生だった。

雑誌がすきで、紙モノを愛している。私は、出版社しかいきたくなかった。いくつもりがなかった。入れなかったら結婚するしかないと思っていた。相手もいないのに。

就職活動というものが「エントリーシート(ES)を書く」から始まるものなら、私は3月の末から始めた。大学4年になる春だ。

「文藝春秋」「講談社」「プレジデント社」「光文社」「主婦と生活社」「JTBパブリッシ

もっとみる

テレビミックスメディアが終焉を迎える。

いよいよ、テレビメディア及びミックスメディアが終焉を迎えそうだ。

幼き頃からテレビっ子として育ってきたが、近年のテレビの在り方には疑問を感じ、テレビをもっているが
テレビを観なくなっていた。

コロナウイルスの蔓延でテレビ需要が増えたなんて聞きますが、毎日のように同じで暗いニュースに再放送。

本当に嫌気が刺してくる内容ばかりで、評論家が討論しているが全て答えのない話ばかりで見ていて不愉快になる

もっとみる
スキありがとうございます!
4