人の腕が胴体に接続する所の上部
首とも繋がっている部位でもある

これも体の一部分を繋げている部位の一つ

私たちは毎日手を使って何かをするのだけど
食べたり
携帯を触ったり
顔洗ったりも
生活に必須な手
でもその小さな動きは

肩が元で
胴体を通じて繋がっている事が欠かせない

手を動かすパソコンの仕事をする人は
肩が凝りやすいってよく聞く
肩と手が繋がっているからこその症状

肩こ

もっとみる

【無料】海外旅行好きサークルを始めます!

ゆるーく海外旅行好きサークルをはじめてみます。

私自身これまで72か国を放浪してきたので、友人から海外旅行の相談を受ける機会が結構あります。

誰とどんなシチュエーションで行くのか、どんなことをすると楽しいと思えるタイプなのか等、その人の趣味趣向によって同じ国でも満足度は人それぞれかと思いますが、

少しでも誰かの参考になるような話がみんなでできる場があったらなと思いサークルを作ってみることにし

もっとみる
「スキ」がカタカナなのがスキ!
31

2日目 ポルトガルで出会った日本はなかなか強烈だった件

緊急事態宣言、解けましたね!
色んな意見があるかと思いますが、純粋にとてもめでたいことではないでしょうか!

引き続き医療従事者の方々や、物資運搬関係の方々、最前線で闘う政治家の方々などは慌ただしい日々が続くと思います。お身体に気をつけてください。
ありがとうございます。

見出し画像は、昨年に行ったポルトガルで撮った写真。今回のブックカバーチャレンジは、この時出会った色々と笑える本です。

ーー

もっとみる
やだっ///照れます///
3

「日本語を外国語として科学的に学び直す」日本語教育能力検定試験

「これから求められるのは、何でも面白がられる人だ」と言っていたその方は、長年勤めていた会社を定年退職され、日本語講師への道を進まれた。普段から、学習者の誤用に注意を払うだけではなく、日本にあふれる「面白い日本語」にもアンテナを立て、メモを取って調べるのだそうだ。

前回の「日本語をいろんな視点から見ること」という話しを別の現役日本語講師の方に話すと「日本語を外国語として科学的に学び直す」必要性があ

もっとみる
オススメの本は『深夜特急』
9

かなのちから

初めてnoteという場所に参加しようとしたとき、何を書いて良いやら分からなかったので「名前の由来」というホーム上のテーマを見つけ、それで思うことを、書いた。が、今日、友達とLINEをしていてその友達の名前の読み方(羽鳥)が、「はどり」ではなく「はとり」だと初めて知って、なんだか知ってるようで案外知らないもんだよなぁ人って。と、改めて思った。

 名前は確かに記号ではあるが、名付けられたものはその印

もっとみる
ありがとうございます。のんびりと、続けますー。
5

私のこの先の方向性は〇〇である!

ども!

天才作家であり、男前の介護福祉士のyoumaです!

私はこのnoteの記事を再利用しています。

記事って魂をある意味込めて描くのですが、コスパが悪いんですよ!

毎日毎日書いても、今日出会った人は過去の記事を読んでくれなかったりするんです。

そして、ブログ村みたいな集まりがあり、アメブロ村の人はnote村には来なかったりするんですよね(*'ω'*)

ビジネスの世界でもそう!

もっとみる
良かったらyoutubeチャンネルもありますよ!
33

日本語教育 アウトプット

こんちは

また勉強系の話です

インプットアウトプットってよく聞きますよね
そのなかでも理解できるインプット理解できないインプットに分類することができるみたいです。
自分が理解できるレベルの範囲のインプットをiとしてそれ+1のインプットわ大量に浴びせることで自然と語学を習得していくといる理論でクラッシェンという人が提唱した理論です。ただこれには異論もあってその+1の範囲ってそれぐらいだよって言わ

もっとみる

日本語教育 アウトプット その6

こんちは

今回はまず記憶の方法についてお話ししていきます

自分以外の誰かにものを記憶させる際の方法について古典的条件付けとオペラント条件付けというものがあります。
古典的条件付けはパブロフの犬と同じようなものです。
パブロフの犬の実験ではベルの音を鳴らしたら餌をあげるということを繰り返した結果、ベルの音=食事と認識するようになり、ベルの音を聞くだけで唾液が分泌されるようになったという実験です。

もっとみる

日本語教育 アウトプット その5

こんちわ

今回は記憶・理解に関するお話をしていきます。

トップダウン処理
自分たちはお話ししたり何かを読んだりして理解する際にトップダウン処理とボトムアップ処理っていうのをしているらしいんですよね。

トップダウン処理っていうのは抽象的な広い概念の中からだんだん仮説を立てて具体的なところまでの理解を掘り下げていくというやり方です。こんなこと言われてもまだなんだそれって感じですよね笑 自分もそう

もっとみる