やわらかな日本酒リテラシーを求めて…

75

2020.7.31 プライドと偏見(の中の、日本酒)。

昨日の深夜に思い浮かんだアイデアをちょこっと書いてみる。

きっかけはとあるコンビニに入ったら、結構日本酒のラインナップがよかったこと。ラインナップが良くて「あ、いいじゃん」と思って、その後「あれ?なんでコンビニに日本酒ちゃんと売ってないんだろう」と思うに至る。雑な提起ですが、アイデアの種だと思って聞いてくださいい。

いつから「コンビニにある日本酒」は固定化したのだろう。厳密に固定化しているのか

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
9

今更ながら『最先端の日本酒ペアリング』を紹介してみる

起爆! 花火があがって見えました。なんだろう、このドキドキする感じ。お酒と料理を口にした瞬間、それはただおいしいだけでなく、全く新しい味覚の体験でした。

千葉麻里絵・宇都宮仁著の『最先端の日本酒ペアリング』の本編はこんな一節から始まっています。昨年の5月に出版された本です。千葉麻里絵さんが独自に積み重ねてきた理論に基づいて日本酒と料理を組み合わせるときに大切なポイントを解説したり、宇都宮仁さんが

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
28

「そこに雪などあったのか」みたいな雪どけの話。~千葉麻里絵と黒かどや~

世の中には大変不思議なことがたくさんあって、時にそれは人智を越えているのではないかという印象をわれわれに与える。今日はそんなお話です。

去年の4月にわたしはこんなノートを書きました。覚えている方もいるでしょう。

日本酒のボトル、瓶に関するものですね。具体的な内容はまあいいとして、これがまあまあツイッターの日本酒界隈を騒がせました。といってもわたしは見聞きした情報を並べたにすぎず、ことの始まりは

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
18

「本物」は最後に押してもらうハンコなのかもしれない(後)

さあ後編です。前編はこちら。

本物、という言葉についての話だった。

この文章で言いたいことはタイトルにまとまっている。本物は最後に押してもらうハンコなのかもしれない。これだ。

正確に言おう。わたしは今現在「本物」という言葉は受け取り手が心のなかである感慨をもとにそっと押すハンコなのではないかと思っている。で、抽象的な話をやめよう。わたしが関心を持つのはたいてい酒関係だ。ということで今回も例に

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
8

考えることは山程ありまして

今日は日本酒に関する疑問点メモです。ほぼ箇条書き。これを元にして後日個別トピックについて書くかもしれない。日本酒は好きなのですが、日本酒関連の文章を書くと虚無感でいっぱいになる。なんでだろうね。 

虚無はさておき、最近MBさんという方のファッション関係のユーチューブ動画を見ています。そこで語られてるファッション業界の話を聞いていると、どうにも他人事に思えない。「日本酒にも当てはまるんじゃ?」とい

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
8

なんで酒で詩を書くのだろ、自分でもわからないけど

どうもこんばんは、りょーさけです。

今日は詩についての文章をほんとに短めに。

以前からSAKETIPSという日本酒関係のメディアに詩を寄稿しています。今回は愛知県の日本酒「義侠」を題材に書いています。最後の方にリンクを載せておきます。

わたしは怠惰なジャパニーズなので英語が使えません。上記のSAKETIPSは日英両方で記事を載せています。ということでわたしは日本語で書いて、ネイティブの方に翻

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
5

続・日本酒の普及は日本酒の知識の普及とは全く別問題だと気がついた件。

以前こんな記事を書いた。日本酒自体の普及と、日本酒の知識の普及は全く関係がないという内容の記事だ。

今日はその「普及別物問題」に付随する新たな疑問が出てきたので、それについて書いてみようと思う。

便宜的に章立てしてあるが、これは仕切り的なものであってかっちり何かを論じるためのものではない。

酒を片手にふわっと読んでほしいと思う。論争は目的ではない。そもそも論争になんてならないだろうけれど。

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
16

「いい気のせい」の風に吹かれて味わう、酒と詩。

さっき、こんなツイートをした。

自分のつぶやきを引用してあれこれ語るのは確かに寒い。
でもちょっと大切なことに気がついたので書いておく。

上記ツイートの僕の気のせいは、おそらく気のせいだ。
混じりっけなしの気のせいだ。

何の根拠もなく、地に足がついていない。感想、妄想、その類だと思う。
明日の僕でさえそんな感覚を理解できるかはわからない、

けれども、ここが重要なんだが、誰かに証明しろと言っ

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
6

どうかあなたと僕が、これからも日本酒を知って更に楽しく過ごせますように

「酒を知ることが酒を楽しむことにつながるといいな」と感じた夜の話をします。

どうもこんばんは、りょーさけです。

昨日あまりに素晴らしい飲み会があって、感動してます。余韻がまだ続いてます。

寝かせたことで生まれたえも言われぬ濃い味はあるけど、エグみや苦味はほとんどない稀有な熟成酒のような味わいの会でした。

…よく分かりませんかね笑

平たく言いましょう。

めっちゃ楽しかった!

…伝わりま

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
22

内面の咲くバーのほとりで

一昨日酒に関する記事を書いて、昨日はそれに関する補足記事を書いた。
繰り返しになるけれど、反応があったのは嬉しかった。

反応があった割に次の補足記事の閲覧数が少なくて不安だけれど、まあそんなことを気にしても仕方がない。それが通常営業だ。

少ないよね。少なくて当然だ。

普段自分の記事を見る人が少ないのは、有用な情報が極めて少ないからだと思う。通常営業つまんないよね。知ってる。

あと、内面の記

もっとみる
あなたの 一本の黒髪が 地平線になりました
4