深読みライフ・オブ・パイ&読みたいことを、書けばいい。

380

シン・日曜美術館『夏目漱石の坊っちゃん』④

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)午後
藪蔦屋

ぼ、僕は腹が減ってるんだ!

ああ!早く天麩羅蕎麦が食いたい!

早く僕らの部屋へ案内してくれ!

はいはい。お二人さんの部屋はこちらぞな、もし…

それにしても、この店には座敷がたくさんあるんですね…

「鷗外の間」の隣は… 「江戸川の間」?

そ、そこは…

「江戸川の間」だと?

どうせ今度は「窓から江戸川が見えます」とか言うんだろう

もっとみる

シン・日曜美術館『夏目漱石の坊っちゃん』③

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)午後
藪蔦屋

大浴場

ふぅ。いい気持ちだなあ。

文字通りGOTO HEAVENだよ。極楽極楽。

雨もすっかりやんでしまった。あの土砂降りが嘘みたいだ。

今となっては土砂降り様様だな。僕らを天国へ導いてくれたんだから。

君の方向音痴にも感謝しなければ。

見渡す限りの竹林も見事だね。

まるで竹取物語の世界、平安時代に迷い込んだみたいだ。

こん

もっとみる

シン・日曜美術館『夏目漱石の坊っちゃん』②

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)

岡江君…

本当にこの道で合ってるのか?

うん… こっちで間違いないと思うんだけど…

学校の裏門から歩いて二三分の距離だと君は言ったよな?

おかしいなあ…

サンドロビッチ先生と来たときは、すぐに着いたような気がしたんだけど…

道を間違えたのでは? 最初に通った十字路を左ではなく…

いや。こっちで合ってると思う。確かこの階段の先に看板が…

もっとみる

シン・日曜美術館『夏目漱石の坊っちゃん』①

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

ボッカチオ『デカメロン』の授業なのに、『ゴジラ』や『春と修羅』の話になって、最後は夏目漱石の『坊っちゃん』が宿題だなんて…

まったく木又先生の「深読みアート論」は、わけわかめだな。

うむ…

そういえば、夏目漱石『坊っちゃん』と宮沢賢治『春と修羅』の共通点って何だったの?

漱石と賢治って、まったく関連性がないように思えるんだけど。

もっとみる

シン・日曜美術館『ゴジラ 神曲 春と修羅』6「余談 賢治と坊っちゃん」

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

夏目漱石が「野だいこ」に名付けさせた「ターナーの松」とは『The Golden Bough』…

いわゆる『金枝』のことです。

『金枝』ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー

きんし?

『地獄の黙示録』でマーロン・ブランド演じるカーツ大佐が読んでいたジェームズ・フレイザーの『金枝篇』のこと?

そうだ。

あのターナーの絵は、冥

もっとみる

シン・日曜美術館『ゴジラ 神曲 春と修羅』5

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

それでは賢治が見たトシの姿も妄想だったと?

ダンテが見たベアトリーチェも妄想の産物?

当たり前でしょう!これらは創作物です!

いくら何でも現実と虚構の区別くらいはつきますよ!

ずいぶんと疑り深い性格なのですね、あなたは…

それでは『不貪慾戒(ふとんよくかい)』の、次の心象はどうでしょう?

粗剛なオリザサチバといふ植物の人工群

もっとみる

シン・日曜美術館『ゴジラ 神曲 春と修羅』4

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

国難?

全壊した建物が約10万9000棟、全焼が約21万2000棟…

190万人が被災、10万5000人あまりが死亡あるいは行方不明になったと推定…

帝都東京が破壊され焼き尽くされて、大勢の人々が亡くなり、運よく生き延びた人の多くも死ぬか生きるかの瀬戸際にあったのに…

とし子がどうしたとか言ってる場合ではないでしょう…

東京

もっとみる

シン・日曜美術館『ボッカチオのデカメロン』ⅩⅨ

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

燃料は燃料でも、磔刑の最後に火をつけるための「藁」です…

つまり「藁の街」とは「処刑場」のこと…

え?

そもそもダンテが地獄・煉獄・天国巡りをしたのは、西暦1300年の聖金曜日のこと…

つまり、イエス・キリストが十字架刑になった日の出来事なのですよ…

あっ…

本来なら山根や芹沢の肩書をシジェーリと同じく「元パリ大学教授」にし

もっとみる

シン・日曜美術館『ボッカチオのデカメロン』ⅩⅧ

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

ダンテやボッカチオをはじめ、数多くの芸術家にとてつもない影響を与えたボエティウスの『哲学の慰め』へ行く前に、「ゴジラ」について簡単に話しておきましょうか…

「ゴジラ」と『神曲』、そして宮沢賢治の『春と修羅』との深すぎる関係を…

これは1954年公開の元祖『ゴジラ』…

『ゴジラVSビオランテ』のみならず、第一作目からダンテと宮沢賢治

もっとみる

シン・日曜美術館『ボッカチオのデカメロン』ⅩⅦ

前回はコチラ

1989年5月某日(日曜)
深読み探偵学校

ゴジラVS… ビオランテ?

新しいゴジラ映画には、巨大なバラの花の化け物が出て来るのですか?

ダンテも『神曲』天国篇で「究極の愛」の形態を、天に咲く「巨大なバラの花」だと説明しています。

『神曲』天国篇 第31曲 1~3節 
クリストの己が血をもて新婦(はなよめ)となしたまへる聖軍は、かく純白の薔薇の形となりて我に現はれき

『T

もっとみる