ミステリ

どういった経緯で読むことになったのかは覚えていないのですが、気がつけば一気に読んでいたお気に入りの漫画についてご紹介したいと思います。

※またいつものように極力ネタバレは含まないようにしますが、あらすじなどを読みたくない方はタイトルだけ確認し、先へ進むのはお控えください。

ミステリと言う勿れ

漫画家の田村由美さんが2016年から描かれているミステリー漫画
「ミステリと言う勿れ」という作品をご

もっとみる
Je vous remercie.
9

【ビジネスアイデア】探偵をもっと気軽にするサービス

探偵という存在はほとんどの日本人は知っていると思うが、実際に利用したことがある人は少ないのではないだろうか。

探偵に調査を頼むとなるとかなりハードルが高い。

もっと気軽に探偵に頼むことができるようなサービスがあれば良いと思う。

そんなことを思って調べていると、探偵業法なんていう法律があることを知った。「探偵業務管理者検定」「探偵業務取扱主任者」という資格もあるらしい。

意外と奥が深い業界の

もっとみる
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします!
4

『薔薇』(6)  レジェンド探偵の調査ファイル,内定調査,詐害行為(連載)

『現役探偵の調査ファイル 七人の奇妙な依頼人』 福田政史:著
【第六話】薔薇



 私は、その日、木村とのやり取りをテープに録音していた。事務所に帰ってこれを起こすと、昨日調べた彼の素性なども加えて報告書を作り、F社の顧問、浅田弁護士に渡した。所見の最後に「今後の佐伯氏、及びその関係者である木村等の動きはなお不透明」と書いた。
 最後にF社を訪れた不動産業者(これもヤクザのフロント企業の男だっ

もっとみる

『薔薇』(5)  レジェンド探偵の調査ファイル,内定調査,聞き込み(連載)

『現役探偵の調査ファイル 七人の奇妙な依頼人』 福田政史:著
【第六話】薔薇



 翌日、同じ場所で再び木村と会った。私の方針は決まっている。一考の余地もなく返事は「ノー」である。このことについて、あえて岩井社長の指示も仰がなかった。仮に聞いても結果は分かりきっていたからだ。前述のように、岩井社長は経営手腕にも優れ、一代で「S沿線で彼を知らぬ者はない」というほどの会社を築いた人である。よく言え

もっとみる

ヨーゼフvsホームズ 第九話:ノイケルン区××番地アパート666怪死事件  その5

「私たちはあまりにも唐突なヴュルテンベルク伯爵の叫びに驚き、声すらかけることが出来ませんでした。しかし伯爵はすぐさま冷静さを取り戻して我々に向かって語り始めました。『失礼、私としたことがはしたなく取り乱すとは。私は愛しいクララが何者かに毒をもられたと聞いて真っ先にギンズブルクの顔を思い浮かべてしまったのです。あの男が彼女に毒を仕込んだのに違いないと。彼女はあの卑しい銀行家のギンズブルクを非常に嫌っ

もっとみる
愛…いただきました
13

『薔薇』(4)  レジェンド探偵の調査ファイル,内定調査,聞き込み(連載)

『現役探偵の調査ファイル 七人の奇妙な依頼人』 福田政史:著
【第六話】薔薇



 年が変わって松も取れたころ、岩井社長から困惑した声で電話があった。
「いま会社に変なやつが来ているんですが、どうもうちの社員じゃあ手に負えないようです。そちらで窓口になって話を聞いてやってくれませんか」
 聞けば、その男は佐伯氏の代理人と名乗って「こんな会社潰してやる」と大声で怒鳴っているという。
 佐伯氏の調

もっとみる

マザーレス・ブルックリン

「もし・・・」

もし、時間を弄んでいなかったら・・・

いや、2020の最後の月は、そうしなければ、そうしようと、

「もし・・・」

音楽・映画・読書・酒・BAR・雑幻・・・

そうだ、

「探偵」

というのもありだった。

いくつも読んできた、映画を観た、BARで酒を飲んだ。

無駄とも言われるぐらいの時間と金の浪費といくつものウィスキーのボトルと創作的で魅力的なカクテルに弄ばれていた。

もっとみる
スキありがとうございます!
5

『薔薇』(3)  レジェンド探偵の調査ファイル,内定調査,聞き込み(連載)

『現役探偵の調査ファイル 七人の奇妙な依頼人』 福田政史:著
【第六話】薔薇



 競売にかけられた家の所有者は佐伯祥一(さえきしょういち)という名前で、渋谷区にある健康食品販売会社を中心に関連会社数社を経営する社長だった。
 とりあえず会社の経営状態を調べてみると、家を競売に出すほど悪いわけではなかった。売り上げが前年と比べて格段に下がった様子もなく、それほど資金繰りが逼迫しているようでもな

もっとみる

『薔薇』(2)  レジェンド探偵の調査ファイル,内定調査,聞き込み(連載)

『現役探偵の調査ファイル 七人の奇妙な依頼人』 福田政史:著
【第六話】薔薇



 これに先立つ半年ほど前、私は埼玉県T市にあるF建設工業を訪れていた。 同社に出入りするようになったのは、その三、四年前からで、前述した浅田弁護士の紹介で、ある調査をしたことがキッカケだった。F建設工業も私の探偵としての手腕を認めてくれたらしく、その後何度も業務関係の調査を発注してもらい、ついには年間契約をしても

もっとみる