the1975

『Phoebe Bridgers・Punisher』アルバムレビュー【音楽】

Phoebe bridgers

Punisher

はいと言うことで本日はPhoebe Bridgersでpunisherをレビューさせていただければと思うのですが、

全世界のチャートを総ナメにした、デビューアルバム Stranger in the Alpsから3年の月日を経て今作なのですが、

もう個人的に興奮が止まらない程に美しいです。

個人的にはfiona appleのfet

もっとみる
宜しければSNSにてシェアして頂けると嬉しいです!
2

第12回&第13回の放送曲のご紹介

最近noteの更新が遅れ気味です。前回のセットリストのUpを忘れていました。まとめて紹介させてください。備忘録として・・・今日7/30は第13回を16:00から再放送です。

第12回放送からの曲をご紹介します
1・Official髭男dism 『115万キロのフィルム』 (From 2020 movie, 思い、思われ、ふり、ふられ )

2・ジョン・パー 『セント・エルモス・ファイア』John

もっとみる
ありがとうございます。情報Upしていきますのでよろしくおねがいします。
2

明日は5曲お届け

毎日、蒸し蒸しジメジメ続いてますね。お元気ですか?

明日7/29は初回11:30amと15:30に再放送、#FMかほく #ミュージックバンジー。 そうなんです、お昼にはなかなか聞けませんよね・・・
聴ける範囲でお願いします。

竹内康夫さんのインタビューも最終回、明日のテーマは「音楽」です。明日は5曲、予定しています。
ご視聴はこちら→ https://fm.kahoku.net/  

明日も

もっとみる
ありがとうございます。情報Upしていきますのでよろしくおねがいします。
4

The1975はなぜ新時代のロックスターになり得たか

(私が大学のレポート用に書いたものだが、こちらにも投稿させていただく)

ジョニーロットンが「ロックは死んだ」と言い放ってからすでに半世紀近くが経過しているが、近年(特に2010年代)はヒップホップがメインストリームを席巻するなどその言葉も真実味を帯びてきた。

多くのロックバンドは奮わない時代となってしまったが、その中でも若者の人気を博し、着実にその地位を確かなものにしているバンドが存在する。新

もっとみる

The_1975のアルバムは長いのが多いので聴かず嫌いをしていたけれど サンダーキャットやトムミッシュ辺りと全然合わせ聴き可能な謙虚なバンドだった マニアックな方から大きいマーケットのモノを聴くせいかよくびっくりしてる

音楽なしには生きていけない

ボクという人間を説明しようと思ったら音楽は欠かせない要素だ。

ボクは寝ても覚めても音楽を聴いている。なんなら仕事中も頭の中でメロディーが流れている。

こどものころはそうではなかった。むしろ音楽に興味はなかった。中学生くらいからか洋楽ばかり聞くようになった。それからうれしいときもつらいときもずっと音楽を聴いている。こんなにすばらしいものを人間は作れるのか、と思う。宇宙人もうらやましくなると思う。

もっとみる

音楽フェスティバル「SUPERSONIC」の9月19日のチケットを買った。正直おっさんにはラインナップが魅力的すぎて行かないと後悔するレベル。でも開催はギャンブルみたいなところがある。私は成功して欲しい。開催して伝説を残して欲しい。これが開催されれば、その後の流れが変わる。

お兄ちゃんと一緒にね 『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年・松竹・山田洋次)

文・佐藤利明(娯楽映画研究家) イラスト・近藤こうじ

拙著「みんなの寅さん from1969」(アルファベータブックス)から、第15作『寅次郎相合い傘』についての原稿から抜粋してご紹介します。

 さくらとリリー。寅さんを想う二人の女性が、ひさしぶりに再会、帝釈天参道を歩きながらことばを交わします。さくらに「これからどこに行くの?」と聞かれ、リリーは「これから東北、北海道」と答えます。「ひょっと

もっとみる
ありがとうございます😊 今後とも宜しくお願いします!
4

The 1975

何から綴ってみようかなーと思って、第1弾は音楽から😤
僕は生きてきた27年間本当に様々なジャンル、アーティストやバンドを深く聴いてきて、
「軸がないのが軸」
のようなところがありますので、そこは今後シェアしていく上で武器にしていこうかと。

今回おすすめするのは、

The 1975
「If You're Too Shy(Let Me Know)」

これは今年一番リピートして聞いています。

もっとみる

奇跡七夕七夕奇跡

奇跡

毎日をしっかり生きていると、たまに「奇跡」と呼べるような出来事に出くわすことがある。

例えば、電車に乗っている時に夕日が向かい側に座るのおじさまの頭に沈んでいったり、昔からの友達と自分がSNSで知り合った女の子が結婚したりと、様々な奇跡がある。

割と小さなことでも一喜一憂できる自分にとっては、朝になぜか目覚めが良くてカーテンを開けたら快晴だっただけで奇跡だし、たまたま入ったラーメン屋で

もっとみる