永遠の8の字

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.2508 /2955
[chapter] 背かれた独眼

[space]
その姿は海風の強さに何度も吹かれながらも
数字の8の字を横に描き、
不器用に彩に向かって飛んでいるようだった。

そんなシーン

Th

もっとみる

紫陽花の大聖堂

【アルバート】???/紫陽花の大聖堂

 耳元でポツリと水が滴る音がした。遠くのほうから打ち付けるような雨音も聞こえてきて、肌を湿った空気が撫でている。寒さを感じて思わず目を開けると雨露に濡れた緑豊かな庭が広がっていた。
「あれ、おかしいな……」
 ここはどこだと辺りを見渡すと立派なステンドグラスが目に入ってくる。それは〝群青海を臨む獅子の帝国(ダンテレオーネ)〟の技術の粋を集めた〝紫陽花の大聖堂

もっとみる

JarvisQQ | Situs Judi Online Terpercaya dan Terbaik 2020

Jarvisqq adalah Agen Judi Online Terbaik 2020.Judi Online uang asli paling aman yang menggunakan server PKV Games untuk bermain. JarvisQQ merupakan Situs Judi Online paling di kenal dengan pelayanan t

もっとみる

片目な横目

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.2492 /2955
[chapter] 背かれた独眼

[space]
《頼もしい、タノモシイ、頼母しい、たのもしい。》
気づいたら哺乳類は全て母親がつくっていると言う強固な普遍が目の前に浮かんでいた。

視界

もっとみる

『夏祭り』 第16話 彼女の気持ち「最終回」

幼い頃、二人で観た長岡の花火大会の話をしていた僕とサツキは、その当時、僕がサツキに言った言葉をサツキは覚えていてくれたのだ。

 そして、その時の僕の気持ちが今でも変わっていないか、サツキは僕に確かめたのだった。僕はサツキが自分に対する好きだと言う感情がある事を確認する事が出来た。

 すると自分の中に押し込めていた感情が、言葉として溢れ出たのだ。その言葉とは、次の様な言葉であった。
「サツキ… 

もっとみる

『夏祭り』 第15話 長岡の花火大会

八代神社の境内から花火大会の花火を観ていた僕とサツキは、花火を観ながらこんな会話を交わしたのだ。
「ハヤトくん。昔、一緒に観に行った花火大会覚えてる?」

 こうサツキが僕に言うと、僕はサツキに向かってこんな言葉を掛けた。
「サツキ… もしかして、長岡の花火大会に行った時の話?」

 僕がサツキにこう言うと、サツキは嬉しそうに僕にこう言葉を発したのだ。
「ハヤトくん。あの時ハヤトくんが、わたしに言

もっとみる

詰襟とスカーフ(1):April,Age-of-15.

築40年の鉄筋コンクリートの古校舎が、こんなに新しく見えるのは入学式のせいなのかもしれない。なぜか新たな学生生活は色眼鏡のような感じがして、何もかもをキレイに見せてしまう。

 市街地の真ん中にあって、拡張できないからと校舎の間を埋めるように並ぶダンジョンのような自転車置き場も、足りない教室を補うために増築した歪な形の校舎も、狭苦しさではなく面白さに思えた。
 自転車置き場の柱は所々にサビがあった

もっとみる

あの張り詰めた美しさ

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.2476 /2955
[chapter] 背かれた独眼

[space]
騒がず、無駄に動かず、事がどう進めばある程度の周りの人が幸せな状態であるかを焦点とした、あの静けさ。あの張り詰めた美しさを僕は愛した。

そん

もっとみる

『夏祭り』 第14話 線香花火

八代神社の境内から花火大会の花火を観る事になった僕とサツキであるが、二人は幼い頃、一緒に花火をした時の事を思い起こし、こんな会話を交わした。
「ハヤトくん。昔、一緒に花火した事、覚えてる?」

 こうサツキが僕に言って来たので、僕はサツキにこう答えたのだ。
「サツキ、覚えてるよ。一緒に線香花火、競争したよなぁ…」

 僕は笑顔でこうサツキに向かって言った。その時、サツキも嬉しそうに僕にこう話し掛け

もっとみる

『夏祭り』 第13話 友達との約束

八代神社まで辿り着いた僕とサツキは、ユウタが待つ八代神社の一本杉へと向かおうとした。するとサツキは僕に向かって、こう言ったのだ。
「ハヤトくん。わたしは大丈夫だから、先に行って…」

 こうサツキが僕に言うと、僕はサツキにこう言い返した。
「サツキ… サツキひとりにして、置いて行けないよ!」

 そう僕はサツキに言ったのだ。するとサツキは僕に申し訳なさそうに、こう言葉を発した。
「でも……ユウタく

もっとみる