Publicrelations

Russia Advertising, Public Relations, And Related Services Industry 202 Industry Analysis, Top Players, Revenue And Market Share Report

The Business Research Company published its Advertising, Public Relations, And Related Services Global Market Report 2020 which provides strategists, marketers and senior management with the critical

もっとみる

社内広報は「意味の再定義」に尽きる

昨今の新型肺炎関連で、命を狙われるような感じがして気分が滅入るだけでなく、社内外コミュニケーションで少なからず手も取られて慌ただしい日々である。リモートワーク(テレワーク)の取り組み関連などで取材が集中している広報さんもいらして、すごいなと思うとともにきっと大変だろうなと慮る。

本件は既知の通り大変な局面だが、社内外のコミュニケーションという意味では各所の動きに学びがたくさんある。本当に。だが、

もっとみる

リモートワーク時の社内広報で大事なこと

昨今、新型肺炎の感染拡大により、在宅勤務を取り入れる会社が増えている。私が勤める会社でも在宅勤務が推奨されており、私自身も在宅にて勤務している。

在宅勤務を実現するためにはそもそも、社内環境(ハード面)と文化やノウハウ(ソフト面)の両方が必要な実感がある。今は過渡期で、感染拡大という差し迫った理由があり多くの会社が取り入れているものの、まだそこかしこで混乱が起こっているように感じる。その混乱が少

もっとみる

広報・人事・マーケティングの重なりについて

仕事にて、広報と人事とマーケティングの重なりについて、雑な言語化をした。
今勤めている会社の代表から相談された、「貴方のような広報(ブランドマネージャーと言われた)を採用する提案をしたいから、人材要件を洗い出すために情報が欲しい」と言われたからだ。

ブランドマネージャーと書かれたのは、どうやら、表層の見えやすい部分と、思いや社内などの見えにくい部分とを、組織の中で一貫させるように促す行動するとこ

もっとみる

「広報を理解されない」中で、動きやすくしていくための考え方

今の会社に入り5年と少し。広報だけでなくバックオフィスチームもなかった中、ようやく広報の体制をつくり、ある程度の社内協力体制が築けたと言えるところまで来ることができた。
まだまだ足りないところはあるものの、少なくとも私の広報としての知識や可能性に頼ってもらえるようにはなっている。5年もかかるのか、と思うとしんどくもあるが(また同じことをやれ、と言われたらやれる自信はあまりなかったりもする、汗)。

もっとみる

社内を巻き込む発信活動、最初の落とし穴

相変わらず、「社内広報」「チーム広報」「リモート勤務広報」などなど毎日あれこれ模索しているが、ちょうどこの月末に、社内広報観点から書き留めておきたいことがあったのでまとめておく。

私の広報活動におけるポリシーは、「社内の皆が自慢したくなるようにして、ついみんなが会社のことを言いたくなるようにする」である。このアプローチにしているのは、少人数の広報担当者だけでは会社の多面な側面を見せることができな

もっとみる

広報担当が担うは、会社の心と脳

最近の私は、社内広報、経営の言語化、社内コミュニケーション促進、リモート広報などにて試行錯誤を続けている。
広報としてやりたかった本質の追求に、なんとなく指先が届いている感じはしていて、やりがいもある。引き換えに、頭は毎日高速回転、脳から熱を放出している感覚。

いずれは考えていることを整理して、文章にしてまとめたい。ノウハウのようなものもなんとなくある気がする。でも、なぜか「書きたい!」とはまだ

もっとみる

広報活動に欠かせない「根気」の話

私のいる会社では、ありがたいことに最近、広報への理解や期待をもらうようになってきた。

社内からは「発信したいが、アドバイスが欲しい」「こんなトピックがあるので発信して欲しい」などと言われ、社外からも(これまでよりは比較的多く)取材依頼をいただくようになった。
注目が高まるタイミングでちょうど広報メンバーが1人入社したため、雑な引き継ぎになりながらもなんとか、3ヶ月ほどやってこれた。めまぐるしくて

もっとみる

意味と価値

「それ、意味ある?」

何気なく使うこの言葉。
この場合の「意味」って、ほぼ「価値」と同義である。

ちなみに、「価値」とは、「その事物がどのくらい役に立つかの度合い」(by goo辞書) のこと。

人は、意味によって生きている。

大学生のころから、レヴィ・ストロースやシニフィアン/シニフィエのテーマが好きだった(詳しくはない)が、最近僕のなかで、いろんなことがこのあたりに収斂しつつある。

もっとみる
I love you three thousand!
3

社内広報視点のメディアリレーションについて発表した話 #PRLT

先日の #広報LT大会 #PRLT 「メディアリレーションをアップデートする」にて、5番目にLTをさせてもらった。このnoteではその時に話せなかったことや、発表した今の感想をまとめる。

イベント詳細

私のLT資料は以下

期待値マネジメントに必要なのは、情報の可視化

当日は、社内視点からメディアリレーションを見つめ、その効果や捉え方を発表させていただいた。
発表時は気づいていなかったが、発

もっとみる