GKコーチ

【楢﨑正剛×シュミット・ダニエル】新旧日本代表が欧州最先端を語る!トップレベルのGK観とは?

日本でもっとも長い間トップで戦い続けた守護神と、その背中を追いかける選手。現役を退いた今も絶大な人気を誇る楢﨑正剛と、第一線のピッチに立つシュミット・ダニエルは、世界最高峰のGKをどう見ているのか。

 現代サッカーのGKには、止めることと、ゴールを奪うための第一歩となるプレーが求められている。「どちらも大事」という議論を超えてGKが直面するテーマに、日本を代表する2人が迫る。対談本編は、28日(

もっとみる

【楢﨑正剛×シュミット・ダニエル 新旧日本代表対談】現代GK進化論「シュートストップvsビルドアップ」どちらが重要か?

元日本代表・楢﨑正剛と、現日本代表シュミット・ダニエル。日本のゴールマウスを守ってきた新旧の守護神が、誰も踏み込むことができなかったGKの進化論に迫る──。

「足を使えることが、GKの最重要テーマなのか?」

 我々は今、この問いに向き合う時期を迎えている。マヌエル・ノイアー、エデルソン、テア・シュテーゲン、アリソン・ベッカーといった足元の技術にも優れるGKが世界最高峰に君臨してきたなかで、いつ

もっとみる

無名のGKコーチが日本高校選抜のGKコーチのオファーをもらった方法。

こんにちは!
GKコーチの甲斐龍之介と申します。
GK HACKSというゴールキーパーのためのウェブサイトの管理人をしています。

2019年まで僕は、佐賀県の高校サッカー部でGKコーチをしていました。
2012年に就任し7年間。
全国高校サッカー選手権に3回、インターハイに5回出場することはできましたが、それでも全国的に見れば無名のGKコーチです。

GKコーチとしての僕の名前を知っている人なん

もっとみる

2021年、命を燃やして動きます。

「どうせ僕は大丈夫」

これをモットーに活動しています

3年間の準備は全て完了。だからこそ本気で「選手とGKコーチを繋ぐ全国各地の”GKクリニック”」を2021年に実現できると信じています。

こんばんは!

”GKコーチと選手を繋ぐ”、身近にGKコーチがいなくて悩む選手の問題解決を中心に活動しています。まっさんです😄

今回のnoteは「3分」で読み切れます。

「どうせ」の持つ言葉のチカラ

もっとみる
Twitterも見てね!(@zaruzGK)
8

ゴールキーパーの愛情。たっぷり

9号、10号と焦るように台風が7月台風なしの汚名を挽回している最近ですが、耳を澄ませてください・・・・ 

『きたで。』 

今、秋の足音(声)が届きました。 

終わりは始まり。夏の終わりは秋の始まり。

海にはまだ行ってない。 

。。。

中学から大学まで10年間ゴールキーパーしてきましたって3万回言ってきても、まだアジア全域に、この人生の縮図(note)が届いてないとコメントをいただいたの

もっとみる
今日の僕は、明日の僕より価値がある。そしてあなたも。
2

GK哲学 公式サイトオープン!

【日本のGKを世界水準へ!】

ゴールキーパー哲学 公式サイト
グランドオープン!!

 日本では専門的な知識や指導法を学だGKコーチが慢性的に不足しており、
選手はジュニアからの長い期間しっかりしたGK育成を受けることが出来ていない状況が続いています。

GK哲学では、世界で学んだ知識や理論を基に
「世界で戦える日本人GK」を育成するメソッドを、選手はもちろんコーチたちへ伝えて参ります。
 

もっとみる

サッカーコーチになった今考える「大学サッカーによる人間的成長」

「サッカーは子供を大人にする」

「サッカーを通して人間的にも成長する」

その恩恵を受けられるのは、ひたむきにサッカーに向き合った者、その先にのみあるものだと思う。

〇サッカー「で」教える

サッカースクールのコーチを仕事にするようになってから三か月ほどが経った。

指導歴もない自分が子供たちに
’’サッカー「を」教える’’ことなんて出来ない。

であれば、僕は’’サッカー「で」教える’’こと

もっとみる
できればTwitterのフォローもよろしくお願いします!
7

指導者とは・・・

■スポーツ指導者とは、プレーヤー自身が“なりたい”と思う自分に近づくために、その活動をサポートする存在であるとともに、スポーツの意義と価値を社会に発信し、望ましい社会の実現に貢献するという役割を担う存在である。(日本スポーツ協会)

■「コーチ」という語は、ハンガリーのコチ(Kocs)という町の名に由来する。コチは四頭引きの四輪大型乗合馬車が走った最初の地であった。そこから「人を目的地に運ぶ道具」

もっとみる

背中を見せる

Twitterで全国のGKコーチたちからこんな質問をよく受ける。

「指導方法を教えてください!」

きっと、指導方法に答えはないし、
同じテーマでもトレーニングメニューも違えばアプローチも違う。

それぞれ自分のスタイルがあって、正解も不正解もない。

ただ僕が意識してる事は、
目の前の選手に負けない情熱を持ち、理論的な指導だけを意識して指導している。

プレーヤーファーストだからこそ、上手くな

もっとみる

本気で向き合う

石川GKスクールのレッスンで大切にしてることは、選手と本気で向き合うこと。

週に1度しか関われない選手たちに何を伝えられるのかにこだわる。

チームのGKコーチじゃないから細部まで指導できないなんて言い訳や妥協はしない。

テーマを決めてそのテーマを中心にメニューを構成するが、テーマ以外のミスや現象も無視せず選手に伝える。

ただ楽しければOKのスクールではなく、成長させる事が1番の目的だから。

もっとみる