退団

珠城りょうの退団発表と自粛ムード

注)表紙写真は最近の星組公演のものです。

本日、宝塚からの退団者メールに驚かされました。

2020年4月24日から月組公演が始まるというのに、
このタイミングでの、こんな先の退団発表。

早い。早すぎる。

何がって、時期が。

最近のトップスターやトップ娘役の退団発表は、
『退団公演の前の公演の、宝塚大劇場公演と東京宝塚劇場の間』
だった。
望海風斗・真彩希帆の退団発表も、多少、聖火ランナー

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
3

贔屓の退団に寄せて

今日は研究やら留学やらスイスやら博士課程の問題やら、そんなこととは一切関係のないことを書きます。

もしかしたらそのうち非公開にするかもしれません。
あとから見返したら、何を書いているんだと自ら穴を掘ってしばらく埋まってしまうような内容になるかもしれません。
でも、いまこの時この瞬間に心に溢れている思いを、想いを、なんらかの形で吐き出しておきたい。残しておきたい。

せっかくいただいた貴重な留学の

もっとみる
ありがとうございます! 明日もいい日になりますように。
23

退団・引退

26日にチームはオフ明け、2020年度の活動に入りました。MIOとして3年目の勝負の年です。しかしながら、僕は心臓病のため2019年度でスタッフを辞め、退団しました。あがりゃんせで3年、MIOで2年という間でしたが、楽しかったです。関わった皆さん、ありがとうございました。

一番好きな写真、冥土の土産にしよっ(笑)

そして、昨年退院してからSNSで投稿しましたが、審判も同じ病気のため引退しました

もっとみる

高崎寛之

その名前を初めて聞いたのは、かれこれ5、6年前だと思う。
当時、徳島ヴォルティスが初めてのJ1を戦っていた。

徳島はぶっちぎりで弱かった。
初めてのJ1を地方クラブが戦っていくのは簡単なことではない。
あっという間にJ2降格が決まってしまった。

そんなチームの中でも、1人気を吐いてゴールを決め続けていた選手がいた。
高崎寛之である。

チームがどんなに弱くても、降格間違いなしと言われても、ひた

もっとみる
拙い文への「スキ」に感謝です。ご興味があればフォローもぜひどうぞ。
4

真っ白に染まる日。

2019年10月13日

愛する人が退団されました。

頑張って早起きした入待ち
仕事終わりの出待ち
休日に向かう日比谷の街並み
現代では書くことが少なくなった
手書きのお手紙。
手渡しのときの不安とトキメキ。
目が合ったときの、高揚。

恥ずかしそうに笑うご贔屓の笑顔。
ご贔屓からの粋なサプライズ。

千秋楽での投げキッス大会。
日比谷の街に、悲鳴が木霊していた。

全てがとても大切で、宝

もっとみる

明日海りおさんの退団によせて

千秋楽も終わり、無事ご卒業されるのを見届けたので、
今の気持ちをnoteに残しておこうと思います。
まだ気持ちの整理がついておらず、まとまっていませんが、読んでくださると嬉しいです。

今年でみりおさんと出会ってから、約11年経ちました。

初めて出会った時の衝撃を今でも忘れられません。こんなにも美しい人は見たことがない!
と思ったのが、ファンになるきっかけでした。

それから、
初めてタカラジェ

もっとみる
ありがとうございます!フォローも是非!
20

先日、みりおさんの最後の生観劇をしてきました。
生で見るのはこれで最後かと思うと、涙が止まりませんでした…
あとは千秋楽のライビュを残すのみですが、タカラジェンヌとしての最後の姿を目に焼き付けてこようと思います!

ありがとうございます!フォローも是非!
9

A Fairy Tale —青い薔薇の精—/シャルム!大劇場千秋楽 ライビュ感想

昨日、千秋楽のライビュを観てきましたので、感想を書いていこうと思います。
みりおさんの話ばかりになりそうですが、読んで頂けたら、嬉しいです。

『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』

本当に感動しました。
これがみりおさんの大劇場に立つ最後の公演だと思うと、胸がいっぱいになりました。
特に最後のシーンでの涙をポロポロ流しながらの熱演には、見ていて心が動かされました。相手役の華さんも涙でい

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
16

リバプールを去っていった有望株達…

ノートを書くのは夏の放出予想以来2回目!!!

ということで今回は完全移籍で去った選手とまたもレンタルで他チームに貸し出された選手 計5名の選手を紹介していきたいと思います!

Sheyi Ojo
今夏ジェラードが指揮するレンジャースに1年レンタルで移籍した選手です
リバプールサポーターからは常に期待されながらも中々トップチームで出番が与えられることなく気がつけばオジョ自身の年齢も22歳とそろそろ

もっとみる

【ネタバレ注意】A Fairy Tale —青い薔薇の精—/シャルム! 感想

先日、大劇場にて、
『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』『シャルム!』を観劇してきましたので、感想を書いていこうと思います。

下記、作品の概要は宝塚HPより引用
『A Fairy Tale —青い薔薇の精—』

“青い薔薇”この世には存在しない禁断の花…。
自然界の掟に背いた罪で、闇と孤独の中に閉じ込められた“青い薔薇の精”。過ぎ行く時の中で、彼の心に残ったものは…。
19世紀半ば、産

もっとみる
ありがとうございます!フォローも是非!
13