施設園芸農業で活躍するヤシガラ

私たちが輸入しているスリランカ産のヤシガラ培土(ココピート)。

日本市場では農業・園芸用培養土の原料として活用されたのが、スタートです。
やがて取扱が容易であることから、ビニールハウス栽培などいわゆる施設園芸農業で活用される様になりました。

軽量培土…つまり軽いから、持ち運びが楽。
それに水をかけて膨らむから、扱いも楽。
もちろんヤシガラが持つ、培土としての優れた機能もあってのことですが、これ

もっとみる
ありがとうございます!

ODAプロジェクト スリランカ

少し前の話ですが、2016年日本政府(国際協力機構/JICAが主体)は、100億円を限度とするスリランカ向け円借款(開発政策借款)の調印を、同国政府と行いました。

開発途上国への援助を積極的に行ってきた日本は、スリランカに対しても繰り返し援助・開発支援を行い、同国の発展に寄与しています。

近年では中国の援助(ODA)が目立ちますが、援助相手国の雇用を生み出すか否か、援助後の相手国との付き合い方

もっとみる
ありがとうございます!
3

ロジモプロ(LogiMoPro)を使って中国輸入ビジネスを軌道に乗せる最速の方法【2020年最新】

今回のnoteでは

ロジモプロを使って中国輸入を軌道に乗せる方法

を紹介します。

楽天・ヤフーショッピングとロジモプロを組み合わせて、商品を販売する方法を中心に紹介します。

特にヤフーショッピングとロジモプロの組み合わせで中国輸入ビジネスを軌道に乗せる方法を紹介します。

中国輸入代行会社にロジモプロへの納品をお願いすると、

「え?ロジモプロ?なにその倉庫?聞いたことないけど大丈夫?」

もっとみる
スキありがとう!!私もあなたのことがスキですよ笑
9

総合商社シリーズ (貿易ビジネス編①)

皆さんこんにちは。
総合商社シリーズ第二回、本日は貿易ビジネスについて説明します!

総合商社は「商社」というくらいですから、貿易ビジネスが総合商社の全ての始まりなのです。五大商社と言われる会社も、豊田通商も双日も、過去を振り返れば貿易ビジネスから会社の歴史が始まりました。つまり、貿易ビジネスが商社の祖業ということですね。

余談ですが、三菱商事を有する三菱グループの創業者は岩崎弥太郎ですね。彼は

もっとみる

船便が遅れる理由

今回は、物流のお話。

前回、日本国内のモーダルシフトについてお話しました。

今回は、国際物流について。

貿易における物流は、航空機輸送または海上輸送です。
鮮度を求められる食品類などは航空輸送が多いですが、私たちが扱うヤシガラ培土(ココピート)の様に資材・原材料の場合は、取扱量もコンテナ単位であることから、基本的に海上輸送を利用しています。

航空輸送は速達性が高い分、割高。
海上輸送は一度

もっとみる
ありがとうございます!
3

信用状取引(L/C) ③B/L危機対応や航空輸送の場合

前回の記事:

輸出者にとって安全性が高く魅力的な決済方法である信用状取引(L/C)。しかし、L/Cのルールは複雑で挫折しやすい。今回はより詳細なルールを確認していく。

B/L危機対応とL/C

B/Lとは船荷証券のこと。船積書類の中でも超重要書類に数えられる。L/Cを使った取引では買取銀行に提出する必要がある。しかし、最近ではコンテナ船の登場などによる輸送高速化が原因で新たなB/Lの仕組みが登

もっとみる
あなたのnoteにも遊びに行きますね!
5

インド最南端 カニャークマリ

今回はインドのお話。

日本人には殆ど知られていないカニャークマリ。これ、地名です。

インド亜大陸の最南端コモリン岬に位置するカニャークマリ。
タミル語で書くとகன்னியாகுமரி.

インド国内でも有数の聖地で、多くの巡礼者が訪れる場所。
アラビア海、インド洋、ベンガル湾がこの岬でひとつに接する場所。

辛うじて「地球の歩き方」の後ろの方に載っているこの場所。行くのは本当に大変です。
外国

もっとみる
ありがとうございます!
4

スリランカ、2019年4月21日 ②

テロ攻撃のあった日は、日曜日。キリスト教の復活祭(イースター)でした。
それだけではなく、スリランカのニューイヤー・ホリディ(旧正月…毎年4/10〜20前後の10日間はスリランカの大型連休)の最終日。教会にはキリスト教徒が礼拝のために集まり、コロンボ中心街もたくさんの人で溢れていました。

その日、日本にいた私に、スリランカ・コロンボのビジネスパートナーからSlackのメッセージが入りました。受信

もっとみる
ありがとうございます!
4

06 悔しいときってどんなとき...??

こんにちは。
ヒロ/元教師秘書さんとの交換日記マガジン、6回目です。
あーー、随分とあいてしまいました。
ヒロさんすいません。

1相手の回答へのフィードバック

前回の質問、「モチベーションを保つ方法」の回答、
私もわかる!わかる!と読みました。

https://note.com/ithrk_terra/n/n2f3eb1ad33a9

私もモチベーションというよりも、日々やること、期日のある

もっとみる
嬉しいです😍
6

スリランカ、2019年4月21日

この日、スリランカで連続爆破テロが発生しました。

スリランカ人にとってはもちろん、スリランカとビジネスをしている私たちにとっても、忘れることのできない日です。

かつてスリランカでは、1983年から2009年までの長きに渡る内戦を経験しました(2002年頃までに大規模な戦闘は終結)。
内戦終結後のスリランカの治安は比較的安定していた印象です。もちろん日本よりも安全ということはありませんが、夜間で

もっとみる
ありがとうございます!
4