ベトナム撤退と法人清算の流れと現状

お盆休みか開店休業が分からない世の中になりましたが、皆様お元気ですか?

私の日本の新設法人は、今年度の予想売り上げ3000万位がこの状況で全て吹っ飛びました‼(笑) 

ですが、すでに開き直っております‼('◇')ゞ

いやはや、ついにベトナムもここ数日でダナン市を起点に、一気にクラスターで感染拡大しちゃったもんで、一気に情勢が変わりましたね!

そうそう、私が代表と務めていたベトナムの会社が昨

もっとみる
素晴らしい
3

NGなコスト削減~多言語マーケティング材料を作るにあたって

海外進出するのに欠かせないのが良質のマーケティング材料なのですが、時々NGな節約をしてしまっている企業をみかけます。

何がNGかというと・・・例えば翻訳です。

こちらはあるキッチン用品メーカーの英独カタログです。ドイツで開催された見本市で配布されていました。

商品はとてもオリジナリティがあり、スタッフの感じもよく、英語訳も自然なのですが、ドイツ語訳が不自然でした。たとえば「やかん(Kettl

もっとみる
スキありがとうございます!
2
逆境の中で咲く花は、どの花よりも貴重で美しい
7

インドネシアへのビジネス進出の際に知っておくべきこと

こんにちは。外国弁護士(Not admitted in Japan)のFiesta Victoria(@victoria_fiesta)です。

私の母国であるインドネシアは、天然資源が豊富で、近年では安定した経済成長率を記録しており、東南アジア最大の経済大国となっています。
しかし、インドネシアでビジネスを始めるのは、特に経験がなく、頼れる人脈もない外国人投資家にとっては非常に困難です。そこで今

もっとみる
ありがとうございます!よろしければぜひフォローもお願いします!
26

コロナ関連HRニュースダイジェスト 7/27

今週のニュースをアップデートしました!
現在最も感染者数が多いのは・・・⁈

アメリカ・東部時間:月曜7:30pm(日本時間8:30am)前後に毎週新しい動画を挙げておりますので、是非ご覧ください。

ありがとうございます!宜しければシェアもお願いします👍
3

グローバル時代の必須情報!~ニューヨークから日本へ~

今回のセッションは、「働き方改革」「終身雇用制度の先」や、「アメリカ進出」「アメリカ拠点の活性化」のヒントとなる内容をお届けします。

その中で最も重要となる「権限移譲」とはどういった事なのか、それがなされるためには何が必要なのかという事に関して解説しています。

ありがとうございます!励みになります👍
1

マネジメントが絶対に知っておきたい、 米国のHRの基礎と応用【後半】

アメリカでマネジメントをする際に、HRというものは必須項目になりますが、中には「HRは自分の仕事では無い」「HRはよく分からない」と感じられている方もいらっしゃるかもしれません。

また、「HRを雇っているので、任せている」といった事もあるかもしれませんが、具体的にHRのどの部分を任せているのかを理解する事や、業務内容と成果を確認する必要があるので、HRの機能を担当する人がいたとしてもマネジメント
もっとみる

マネジメントが絶対に知っておきたい、 米国のHRの基礎と応用【前半】

アメリカでマネジメントをする際に、HRというものは必須項目になりますが、中には「HRは自分の仕事では無い」「HRはよく分からない」と感じられている方もいらっしゃるかもしれません。

また、「HRを雇っているので、任せている」といった事もあるかもしれませんが、具体的にHRのどの部分を任せているのかを理解する事や、業務内容と成果を確認する必要があるので、HRの機能を担当する人がいたとしてもマネジメント
もっとみる

ありがとうございます!宜しければシェアもお願いします👍
1

組織が鈍化してしまう要因2

この『note』で少しでも今後転職活動をしている方やしようと思っている方々の糧に米粒程度でもいいので、参考になればと思っております。

キッカケを元に転職活動を通して気づいた事や、私なりの得た事をここでは記述されていただきます。

※先に言っておきますが、フリーランスの人はあんまり意味ないかもです。
会社に所属又は経営者の方向けに下から組織を見た時に鈍化してしまう理由を記載させていただきます。

もっとみる

やらない理由は簡単に見つかるけど・・・

僕がアメリカに移住したのは30歳半ば、妻と6歳の娘を連れて行きました。
日本で働いていた安定したいい会社を辞め無職、購入した横浜のマンションのローンは残り30年あり、アメリカには何の計画もなく学生として渡米。それもNYで同時多発テロがあった翌年。

上記の事実を見ると、「このタイミングでアメリカに移住すべきでない」という理由は数えきれない位考えられます。
しかしそれから数年経ってみて、その時に思い

もっとみる