鹿児島県日置市日吉町の讃岐うどん松家さんの肉うどん、720円。

麺ののどごし、良質な油が多めの豚肉。

短く持って、デッドボール狙い。
34

コメンテーター津良野房美#36

房美は、ポンタがモーニングタイムをやめた後、他局のコメンテーターの仕事もすべて断り、夢だったうどん屋になる為にあの店で修行を始めた、という話を百合絵から聞かされた。

「黙っていてごめんなさい!
実はポンタさんがこの店にいる事知ってて来たの」
百合絵が言った。

百合絵はLINEでポンタと連絡取り合っていたのだ。



うどん屋を出ると五重塔が見える。四国八十八ヶ所霊場の75番札所『善通寺』だ。

もっとみる
嬉しいです!
30

気ままにぶらぶら伊予の国【前編】

ども、ゆさっちです。

ひさびさに遠くへわがままな旅をしたくなりました。
その場その場で思いついたことを実現していく旅に出たいと思います。
その1「サンライズ瀬戸で四国に行きたいな」。
サンライズ瀬戸には何度も乗っているのですが、全部岡山で降りてるんですよね。
岡山乗り継ぎでサンライズを使うときは出雲より瀬戸の方が取りやすいイメージがあって、「山陰に行かないときは瀬戸」という乗り方が確立していまし

もっとみる
(*^▽^*)あなたに幸運が訪れますように
102

コメンテーター津良野房美#35

きっと昨夜の酒がまだ残ってるんだろう、ポンタさんがここにいるはずない!
房美は目をつむり頭を二度ほど振った。

すると、

「ポンタさーん!」

と百合絵が呼ぶではないか、

その人は転がしていた麺棒をカタリと止めてこちらを振り向いた。

"ポ、ポ、ポ、ポンタさんっ!"

房美は固まった。
トレードマークのオデコはタオルで隠されているが間違いなくポンタさんだ。

コレは夢か?
いや、夢に違いない!

もっとみる
ありがとう(^o^)がんばれます!
31

讃岐うどんと言えば杵屋だった

赤羽「杵屋」ランチ。「うなとろろご飯定食」@1091の「ざるうどん」を「冷やし海老天おろしうどん」に+@183でチェンジ。「うなとろろご飯」は鰻とトロロが混然となって、いい感じ。トロロのネバネバで、ノーマルな鰻が脂の乗った高級鰻と錯覚する。「冷やし海老天おろしうどん」は、海老や茄子の天ぷらを乗せて、大根おろしを混ぜて食べるぶっかけうどん。蒸し暑い残暑には、喉越しが心地よい。「丸亀製麺」や「はなまる

もっとみる
スキありがとうございます。ますます世界を掘り下げてゆきます。
5

コメンテーター津良野房美#34

サンライズ瀬戸は善通寺駅のホームに滑り込む、上り下りにそれぞれホームが一つずつしかないひなびた小さな駅だ。

「はぁーーっ!やっと着いたねー!」
二人共両手を上げて大きく伸びをした。十時間以上の長旅だった。

"ここが善通寺、ポンタさんの故郷、"
房美は思っていた。

「お腹空いたね!タクシーで行っちゃおか!」
二人は駅前に一台だけ止まっていたタクシーに乗った。

「宮田製麺所お願いします」
百合

もっとみる
スキありがとうございます!
29

四国旅行記 ~タマネギ・渦潮・うどん・かつお・まんなか千年ものがたり~

旅行が趣味なので、今年の夏も2回出かけてきました(もちろん新型コロナ対策を行いながら)。まず最初は8月のはじめに四国へ・・・。

【初日】
 徳島阿波踊り空港でレンタカーを借りて、淡路島と鳴門の渦潮を見に行きました。淡路島のオニオンビーフバーガーは2013年の"全国ご当地バーガーグランプリ"優勝という名物品。普通のハンバーガーでいう肉のパテの代わりに厚めにスライスしたタマネギが主役として収まってお

もっとみる

コメンテーター津良野房美#31

『すごいチケットが取れました!』
百合絵からLINEが入った。

同時に送られてきたチケットの写真を拡大して見る。

 サンライズ瀬戸
 サンライズツイン
 東京22:00発 善通寺8:32着

『金曜日の夜出発にしましたけど房美さん大丈夫ですよね?詳しくは明日ルパンで』

房美は百合絵に「りょーかい」のスタンプを送った。



「この列車のツインルームなかなか取れないんですよ!」
翌日、房美が

もっとみる
^_^ ありがとうございます!
27

四国一周 一人旅② 2020.08.28

つづき

28日、素泊まりだったから、朝ごはんはうず芋どらを買って食べた。

これ超美味しい!!芋がごろっと!!!好き

朝の丸亀城を見てから

丸亀駅から観音寺駅へ。

平日朝7時前の電車だったから、通勤通学ラッシュに当たり、40分立ちっぱなしだった、、

観音寺駅、思ったより小さかった。

バス乗り場がよくわからず、地元のおじさんに聞いたら丁寧に教えてくれた!観音寺のりあいバスと、三豊市コミュ

もっとみる
いい湯ありがとうございます♨︎
5

原付四国一周⑥〜徳島で味わう世界の芸術、香川で味わう日本の伝統〜

今日は、徳島市スタート、丸亀市ゴールの1日でした!

一日で徳島と香川を攻め倒すというタイトスケジュールとなった本日の旅路。

さっそくまとめていきたいと思います。

ルート

 ①大塚国際美術館

鳴門市の北部にある、世界で唯一の技術をもった、国際美術館です。

それは、「陶板名画」と言われる技術で、陶器の板に原画に忠実な色彩・大きさで作品を再現したものです。

この技術を用いることで。世界の歴

もっとみる
ナイスボール!
6