背徳

手に入らない、「理想のヒト」【つぶやき】

行為の時
途中でへばってしまった私に、休憩をくれた。
私の良い所を少しずつ覚えて、積極的に甘やかしてくれた。
これまでの相手とした事ないことを色々としてくれて、まだ「初めて」を味わえた。

終わった後だって
スマホいじってばっかとかじゃなくて、テレビを観ながらダラダラと話してくれた。
二人でお風呂に入ったらちょっとだけ余韻を楽しませてくれた。
お風呂から上がったら、髪を乾かしてくれた。男性に乾かし

もっとみる
支えていただき、ありがとうございます。
8

一次創作/オリジナル歌詞6

【仏画師の秘かな罪背徳】

仏の道を示す僧に深く愛されたいと不妄(ふもう)す

不邪淫(ふじゃいん)の説法説かれる唇(くちびる)で私の唇を吸うって欲しいと一欠片(ひとかけら)

の願い

仏画にて欲情す 罪重し事されど充たされる背徳感

筆にて桜花弁二枚(さくらかべんにまい)に挟めば私の唇から生まれる罪艶音(つみつやね)は吐息と消え

根元から溢れる華蜜液

(かみつえき)は美しく尊い仏の画と飛び

もっとみる
精進致します!応援有難う御座います!(❁´ω`❁)

背徳のディナー

お仕事(ライター業ではなくて本業の方)で、年に1回ほど立食パーティー形式の懇親会に参加することがある。

立食パーティーと言ったら聞こえは良いが、みんな黒いスーツだし、会社の上司やお取引先の偉い方がたくさんいる、怖くて緊張する楽しくないパターンのやつだ。

ただでさえ立食パーティー形式は苦手なのに(ぼっちになるから)、堅苦しい雰囲気の懇親会なので、もう完全に苦行である。

上司の後ろについていって

もっとみる

赤い縄で縛られた恋

私ほど運がよくて、運の悪い女はいないだろう。

かつて私と付き合った男は、みんな出世した。

最初は「うだつの上がらないサラリーマン」だったのが、急にモテるようになり、やがて他の女と結婚する。

そして、私の恋は終わりを迎えるのだ。

彼らが、今、どこで、どうしているのかは
知らない。興味もない。

ただ、私を振って結婚したのだから、幸せにやっていてほしいとは思う。

最後の恋が終わって、もう男は

もっとみる
ありがとうございます❤️
8

ままむす

半ば冷えた浴室で、手を握り合うようにして大小の影が重なっていた。
大きな影にうずまる様に小さな影がかわいらしい声を上げて喘ぎ、裸身の母子は契りを交わす。
上と下とで交わった二人。肉の棒が、母の宮を探り、その奥深くで精を放つ。
「優くん……」
母の吐息が、子の頬を撫でた。
二人の家で、二人の男女として。

◇◇◇

一時間ほど前。

〈では、ま~た来週~!〉
画面の中、司会者の男性が快活にそう言った

もっとみる

真昼の夢は

「まこせんせ~! おっぱ~い!」
「先生はおっぱいじゃありません!!」
あるうららかな午後。まだまだ新人教師の香りの消えない女教師、柊真子は、今日も今日とて休み時間ごとにセクハラしに来襲する少年、喜多幼平をあしらっていた。

特に時間の長い昼休みは、彼の学校生活で最も楽しみにする時間である。
しかも男子の例に漏れず給食をありえない程の早さで平らげ、給食時間が終わるか終わらないかのうちから真子へアタ

もっとみる

常識も良識もぶっ壊れる話

これからね、私の事助けてくれる人なんているのかなと不安になる。

母は大丈夫なんですよ。
獨協騒ぎの時も圧倒的に母の味方が多い事、母の立場が強い事を思い知らされから。
あの人はこれから先も誰かに守られるでしょう。
住む世界が違うんだよね。
あの人の住む世界は私にとっては敵陣なんです。

程々に頼れる人間はいる。
私に嫉妬してきても自分の仕事に誇りを持ち、ズルをしない人間は程々に頼れる。
経験上

もっとみる

デコった内臓を見せる

「note読んでますよ」と言ってもらえることがあって、とてもうれしい。「あの人も読んでるって言ってたよ」と伝え聞くのもうれしい。

私はネット上に載せたものは、誰に読んでもらってもうれしい。Facebookの投稿も基本的には全体に公開してる。せっかく書いたんだから、1人でも多くの人に読んでもらいたい。

「SNSって、なにを書いていいか分からなくて。基本は見るだけで、あとはみんなの写真を上げたり、

もっとみる