絵本専門店

Sitakkeで公開中
+2

Sitakkeで公開中

【今月の絵本通信】第2弾が、HBCのwebマガジンSitakkeで公開となりました! 今回は、ちいさなえほんや ひだまりを訪問し、青田正徳さんにインタビューした内容をまとめています😊 https://sitakke.jp/post/1117/ HBCラジオ「アフタービート」の中では伝えきれなかった内容も含まれていますので、是非お読みください✨ #したっけ #HBC #堰八紗也佳 #絵本専門店 #ひだまり #アナウンサー #はじまりの日に #ボブディラン #鮭 #絵本 

スキ
7
〔第2回〕つづきの絵本屋(岡山県・倉敷市)

〔第2回〕つづきの絵本屋(岡山県・倉敷市)

今年4月で開店して6年目を迎えた、倉敷駅徒歩8分の住宅地に突然現れる絵本屋さん。店主の都築照代さんは、長年公共図書館・大学図書館・小学校図書館の司書として子どもたちと絵本に関わってこられました。 2016年のオープニングイベントでは、くすのきしげのりさんのトークショー&サイン会、そして岡山の書店さんの商談会「もっとBOOK MAN」にも参加されました。自らも「司書」・「司書教諭」の経験に加えて「絵本専門士」「JPIC読書アドバイザー」の資格を活かして、お

スキ
10
吉田進み矢 絵本沼講座 「青虫の必然と逡巡」【6/20開催報告】

吉田進み矢 絵本沼講座 「青虫の必然と逡巡」【6/20開催報告】

こんにちは。スタッフの本田です。 6月20日(日)に吉田進み矢さんによる「絵本沼講座」を開催しました。 今回は初のオンライン開催! 吉田進み矢さんって…? ご存じの方も多いと思いますが、おさらい。 吉田進み矢さんは30年近く出版業界にいて、絵本史研究、絵本評論、絵本考察を愉しみ、 趣味は「考えること」と、数独など。(他多趣味!)という方です。 「絵本沼」というのが進み矢さんのブログのタイトル。 「絵本沼講座」としてパワポを使った講座を日本全国で開催しています。 絵本沼講

「赤ちゃんと楽しく過ごすための絵本選び」

「赤ちゃんと楽しく過ごすための絵本選び」

赤ちゃんと楽しむ……というタイトルの講座でしたが、 最終回のシェア会では絵本に関するあらゆる話題がでました。 みなさんのご感想から ご参加くださったSさんが、東條さんが以前ブログで紹介した認知症をテーマにした絵本を読んでみて、子育て中の今、このテーマの本に出会えてよかったとお話してくださいました。 同じ本でもいつ出会うかで、響くかどうかがかわりますが、 「今出会ってよかった」とご自身が意識しているのが心が柔らかい状態なのだなぁ となぜだかとても嬉しかったです。 こんな良い出

スキ
4
➊子どもの本の専門店エルマー   (福岡市・春日)

➊子どもの本の専門店エルマー   (福岡市・春日)

1989年のオープン以来30年以上、地域の親子から愛されている専門店の老舗。店主の前園敦子さんご自身が子育てで困った経験を活かし、子育て中のお母さんをいつも励ましてくれる。今や2世代にわたって通うお客さんも多く、教師・保育士・司書さんそして保護者の方々の強い味方。 読者だけでなく、多くの作家さんや出版社の方々も立ち寄るのは、作品に対して率直な意見を言ってくれるのと、良い作品はどんどん紹介してくれるから。赤いエプロンがトレードマークの前園さんは、常連の子どもたちと一緒になって

スキ
4
あなたの心に響く絵本が見つかります。

あなたの心に響く絵本が見つかります。

スキ
1
管理人(店主)の活動について

管理人(店主)の活動について

2005年10月にお店を始めてから、2020年で15年目になります。 15年の間に自身の活動がちょこちょこと派生して、現在は「お店のこと」「商品のこと」「記事のこと」「デザインのこと」という4つに分けてご説明するのが一番ご理解頂きやすいのかな?という状況になりました。 ということで、そのように分けてざっくりご紹介させて頂きます。ご興味を持って頂けたら嬉しいです。 お店のこと 26歳の時、創作絵本の教室に通ったのがきっかけで、個人が手作りした創作絵本の魅力にはまってしまい、

スキ
18
韓国で人気No. 1の絵本作家ペク・ヒナさん『あめだま』 | えほんやさんで考えたこと

韓国で人気No. 1の絵本作家ペク・ヒナさん『あめだま』 | えほんやさんで考えたこと

えがしらみちこのえほんやさんラジオを更新しました。 えほんやさんラジオ2回目です。 『あめだま』(ブロンズ新社)作:ペク・ヒナ 訳:長谷川義史 内気で、お友達なんていらないと思っている主人公のドンドン。 よく行く駄菓子屋さんで、いろいろな種類の「あめだま」がはいっている袋を発見します。そしたら、それは不思議な「あめだま」で、口にふくむと身近なモノや人の声が聞こえてくるというもの。 ドンドンと一緒にファンタジーを体験して、この絵本の世界を味わってほしい一冊です。 会話に

スキ
20
ラジオはじめました | えほんやさんで考えたこと

ラジオはじめました | えほんやさんで考えたこと

こんにちは。お久しぶりです。絵本作家のえがしらみちこです。 3月下旬からえほんやさん実店舗を自粛にし、通販のみで対応させていただいていました。 えほんやさんでネットショップ用のサインを書いたり、運営の方針を決めたり手伝ったり…それと同時に、絵本の制作を進めていましたが、子どものお世話をしながら自宅で仕事をするってほんとに大変…。作業が、いつもの3分の1しか進んでいなくて愕然とし、疲れがたまってきています(弱音) でも、そんな状況の中でも、新しい絵本に出会って心がワクワク

スキ
25
絵本って素敵だと思うのだけど説明が難しい | 本棚

絵本って素敵だと思うのだけど説明が難しい | 本棚

柳田邦男さんの『生きる力、絵本の力』(岩波書店)読了。 前にも読んだのに‥ 忘れてる‥(ˉ ˘ ˉ; ) ので、忘備録です。 柳田邦男(やなぎだくにお)さんとは、ノンフィクション作家で評論家。絵本作家いせひでこさんの夫さんです。 この本は、絵本をめぐるエッセイや講演をまとめたもの。 ちなみに、↑この画像の「絵本は人生に3度」というのは、一度目は自分が子どもの時、次は子どもを育てる時、三度目は人生後半になった時や重い病気になった時。だそう。 「いつも絵本を置いて、ゆっく

スキ
33