ギャラリーリールのノート

アカウントの管理人は、店主つねまつあけみです。複数の執筆者が毎月1本ずつ記事を担当。 自分の好きなこと・創作物など楽しむ様子を伝えることで、創作やライフワークを始めてみたい人が「楽しそう、私もやってみよう!」と思えるような、モチベーションが生まれる場になることを目指しています。
  • 商品の画像

    フルーツパフェ逍遥/seedbooks premium ビーナイス collection

    「自分でくみたてる本 seedbooks」は、豆本作りが楽しめる紙工作キットです。お話やデザインがあらかじめ備わっているので、作り方のとおりに組み立てるだけで、ちゃんと読める豆本が1冊完成します。特別な道具は不要。身近な文房具だけで作れます。 ■どんなお話?■ 画家・樋上公実子さんがこよなく愛する、東京・浅草にあるフルーツパーラーゴトーのパフェ。アートカードブック『フルーツパフェ逍遥(ビーナイス発行)』がseedbooksとしても楽しめるようになりました。油彩で描かれたパフェが美しい作品です。 (デザイン協力/三宅理子) ■お話を作った人は?■ 樋上公実子 画家。東京生まれ。関西学院大学ドイツ文学科卒業。『おとぎ話の忘れ物』(文・小川洋子/集英社・ポプラ文庫)、『チョコレータひめ』(文・もとしたいづみ/教育画劇)、『柘榴姫社交倶楽部』(文・水城せとな/講談社)、『バンビと小鳥』(ポプラ社)ほか。チョコレート専門店「テオブロマ」のパッケージイラストや、本の装丁画なども手掛けている。 http://www.kumiko-higami.com/ ■関連情報■ フルーツパーラーゴトー 1946年創業の老舗果物店のフルーツパーラー。こだわりの旬のフルーツと自家製アイスクリームを使ったフルーツパフェ各種、ジュース、フルーツサンド、ホットケーキ、かき氷などを提供。 〒111-0032 東京都台東区浅草2-15-4 (浅草ひさご通り沿い) ビーナイス 2009年に東京で創業の「港区でいちばんちいさな出版社」。社名は、ブルーハーツ「人にやさしく」の英題に由来。 http://benice.co.jp ―――――――――――――――――――――――― パッケージ タテ160×ヨコ215×厚さ3(mm) 完成する本 タテ69×ヨコ54×厚さ9(mm) ハードカバー、31ページ、2018年4月発行 ――――――――――――――――――――――――
    1,100円
    GALLERY RiRE
  • 商品の画像

    泣きむしハナ 泣かなかった/seedbooks premium ビーナイス collection

    「自分でくみたてる本 seedbooks」は、豆本作りが楽しめる紙工作キットです。お話やデザインがあらかじめ備わっているので、作り方のとおりに組み立てるだけで、ちゃんと読める豆本が1冊完成します。特別な道具は不要。身近な文房具だけで作れます。 ■どんなお話?■ 『泣きむしハナ泣かなかった(ビーナイス発行)』がseedbooksとしても楽しめるようになりました。激しい地震と津波を経験した子猫。一人っきりになったけれど、やがて新しい仲間ができ、彼女はまっすぐに生きていきます。 2011年7月、東日本大震災がきっかけとなって製作された、心温まる作品です。 (デザイン協力/竹歳明弘) ■お話を作った人は?■ 東野ひろあき(文) 1959年生。関西学院大学文学部卒業後、放送作家として、数多くのTV・ラジオ番組の企画・構成に関わる一方で、舞台脚本、ライブプロデュース、コメディ研究本執筆など、活動は多岐の渡る。長年に渡って収集した猫本・猫グッズに囲まれ、猫を溺愛する妻と、猫たちと共に、武蔵野の片隅で気ままな猫暮らしの日々。ボブ・ディランを心よりリスペクトしつつ、定期的に“猫旅”を続けている。 川﨑あっこ(絵) 1980年兵庫県生。幼少期、両親に連れられ山・海・川の中たくましく育つ。京都精華大学美術学部デザイン学科卒業。在学中からテレビ番組で使用されるイラストを描く。毎日放送“ちちんぷいぷい”をはじめ主に関西のテレビ番組で活動中。描くことに限らず裁縫、料理、粘土細工など一人遊びが好きで、いつかそれらが人を楽しませることに役立つよう鍛錬中である。 ■関連情報■ ビーナイス 2009年に東京で創業の「港区でいちばんちいさな出版社」。社名は、ブルーハーツ「人にやさしく」の英題に由来。 http://benice.co.jp ―――――――――――――――――――――――― パッケージ タテ160×ヨコ215×厚さ3(mm) 完成する本 タテ54×ヨコ54×厚さ8(mm) ハードカバー、23ページ、2018年4月発行 ――――――――――――――――――――――――
    1,100円
    GALLERY RiRE
  • 商品の画像

    てんてん流 十牛図/seedbooks premium 細川貂々 collection

    「自分でくみたてる本 seedbooks」は、豆本作りが楽しめる紙工作キットです。お話やデザインがあらかじめ備わっているので、作り方のとおりに組み立てるだけで、ちゃんと読める豆本が1冊完成します。特別な道具は不要。身近な文房具だけで作れます。 ■どんなお話?■ 細川貂々コレクション第2弾。 牛をもちいて禅の悟りを十枚の絵で表現した「十牛図」を、貂々流の解釈でかわいらしくリメイク。 心に優しく寄り添ってくれる作品です。 ■お話を作った人は?■ 細川貂々(ほそかわてんてん) 1969年生まれ。セツ・モードセミナー卒業後、漫画家、イラストレーターとして活動。 著書に「ツレがうつになりまして。」「コーヒー・ルンバ」「息子の将来、大丈夫?」「いぬがかいたかったのね」「リボンちゃん」「サカサムシちゅういほう」など多数。 http://www.hosoten.com/ ―――――――――――――――――――――――― パッケージ タテ160×ヨコ215×厚さ3(mm) 完成する本 タテ54×ヨコ54×厚さ8(mm) ハードカバー、23ページ、2016年12月発行 ――――――――――――――――――――――――
    1,100円
    GALLERY RiRE
  • 商品の画像

    オチビサンの巻/seedbooks premium オチビサン collection

    「自分でくみたてる本 seedbooks」は、豆本作りが楽しめる紙工作キットです。お話やデザインがあらかじめ備わっているので、作り方のとおりに組み立てるだけで、ちゃんと読める豆本が1冊完成します。特別な道具は不要。身近な文房具だけで作れます。 ■どんなお話?■ seedbooksでオチビサンがお楽しみいただけるようになりました。単行本コミック『オチビサン』1巻~4巻から、おもにオチビサンが活躍しているエピソードを抜粋して再編集。 元気いっぱいの女性が活躍するストーリーで、人気作品を生み出す安野モヨコさん。 その一方で、「疲れている人でも読めるような、優しいマンガを生み出したい」気持ちもあったとか。そんな思いが募り、2007年に誕生したのが『オチビサン』です。 オチビサン公式サイト https://ochibisan.com/ ■お話を作った人は?■ 安野モヨコ 漫画家。『働きマン』『さくらん』『ハッピー・マニア』などの作品がある。『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞を受賞。現在「AERA」で『オチビサン』を連載中。 https://annomoyoco.com/ ■関連情報■ 株式会社コルク コルクは作家と同じ船にのるエージェント会社です。創作のサポートのみならず、作家の頭の中にある世界を、あらゆる媒体をつかってパブリッシュし、より広く多くのひとに伝えることを目指しています。 https://corkagency.com/ ―――――――――――――――――――――――― パッケージ タテ160×ヨコ215×厚さ3(mm) 完成する本 タテ69×ヨコ54×厚さ8(mm) ハードカバー、22ページ、2016年4月発行 ――――――――――――――――――――――――
    1,100円
    GALLERY RiRE
  • 商品の画像

    ナゼニの巻/seedbooks premium オチビサン collection

    「自分でくみたてる本 seedbooks」は、豆本作りが楽しめる紙工作キットです。お話やデザインがあらかじめ備わっているので、作り方のとおりに組み立てるだけで、ちゃんと読める豆本が1冊完成します。特別な道具は不要。身近な文房具だけで作れます。 ■どんなお話?■ seedbooksでオチビサンがお楽しみいただけるようになりました。単行本コミック『オチビサン』1巻~4巻から、おもにナゼニが活躍しているエピソードを抜粋して再編集。 元気いっぱいの女性が活躍するストーリーで、人気作品を生み出す安野モヨコさん。 その一方で、「疲れている人でも読めるような、優しいマンガを生み出したい」気持ちもあったとか。そんな思いが募り、2007年に誕生したのが『オチビサン』です。 オチビサン公式サイト https://ochibisan.com/ ■お話を作った人は?■ 安野モヨコ 漫画家。『働きマン』『さくらん』『ハッピー・マニア』などの作品がある。『シュガシュガルーン』で第29回講談社漫画賞を受賞。現在「AERA」で『オチビサン』を連載中。 https://annomoyoco.com/ ■関連情報■ 株式会社コルク コルクは作家と同じ船にのるエージェント会社です。創作のサポートのみならず、作家の頭の中にある世界を、あらゆる媒体をつかってパブリッシュし、より広く多くのひとに伝えることを目指しています。 https://corkagency.com/ ―――――――――――――――――――――――― パッケージ タテ160×ヨコ215×厚さ3(mm) 完成する本 タテ69×ヨコ54×厚さ8(mm) ハードカバー、22ページ、2016年4月発行 ――――――――――――――――――――――――
    1,100円
    GALLERY RiRE
固定された記事

ここでの連載について

自分に合った、自分だけの生き方を見出すために 「素敵だな」と感じた欠片を、集めて、つないで。 皆さんは、何か自分にとっての「愛してやまないこと」って、ありますか…

常磐、うつろう楽しみを

朝起きると、冬の香りがするようになってきたこの頃。 皆さんは冬の朝、お好きですか? 眠いながらもこの香りがハッとして大好きな 絵本作家まつしたゆうりです。 二十四…

雲海に浮かぶ竹田城跡を目指す

霧や雲が多過ぎず、少な過ぎず。 恰好の気象条件を期待しての登山 こんにちは、イラストレーターの北村ハルコです。 第八回は兵庫県北部にある、雲海に浮かぶ竹田城跡を目…

メルカリを利用する

売るのも楽し 買うのも楽し こんにちは お着物大好きRokoです。 着物は高価だと思われがちですが、リサイクル帯や着物は、安いものが多く、2,000~5,000円でいいものが買…

心にエアバッグを標準装備する

その人がどんな思いで、 どうしたくてそう言ったのか 「自分と向き合うって、どういうこと?」 先日、久しぶりに会ってランチした地元の友人が「ちょっと聞いていい?」と…

「うつぼ猿」と世間様

前回は、文楽の演目にある「うつぼ猿」をマンガでお楽しみ頂きました。 今回は、マンガを描きながら感じたことを文章で綴っています。描くことでより見えてきたこと。前回…