#13 手(ホセ・ワタナベ)/ペルー風餃子エンパナーダ

このあいだ、ペルーのオリーブオイルを買った。 
それをきっかけに「そういえば、ペルーの詩人って?」と調べたら、
ホセ・ワタナベ(1945-2007)がヒット。

お、同じ名字やん。(私:ワタナベメグミ)

日本から労働者として来た父と、ペルー人の母のもとに生まれた彼は、
高く評価されている現代詩人であり、逝去後は「ホセ・ワタナベ文学賞」や「ホセ・ワタナベ図書館」ができたらしい。

ワタナベ族の一員

もっとみる
ありがとうございます〜〜♫
11

私が見た #0530渋谷署前抗議 の怒りを記録する

5月30日、警察によるクルド人男性への不当な暴力に対する抗議デモ #0530渋谷署前抗議 に参加した。私がこの問題を知ったきっかけは、フリージャーナリストの樫田秀樹さんのツイートだった。

威圧的に怒鳴りつける警官、「助けてください」と叫ぶクルド人男性、「ウケる」と冷笑する傍観者。悲しみと怒りでいてもたってもいられなくなった。

当日集まったデモ参加者は約200人。15時にハチ公前に集合し、渋谷の

もっとみる

[妻子晩ごはん] 山を飛び越えヨーロッパ

12月も終わりに近づきクリスマス一色の頃、私はいつもの“思いつき” でふらりと旅に出た。

旅の途中で旅に出た

一年が終わりに近づいた時、「年末はどこにいられたら私はハッピーだろうか…」と考えた。
その時パッと思い浮かべたもの、それは当時滞在していた “北米でのイルミネーション” ではなく、ヨーロッパの町を歩く自分の姿…だった。

当時の自分の思考回路は少しばかり ブッ飛んでいる。
後に私は長い

もっとみる
スキありがとうございます!
2

「ガイジン」って

ども。

一切の実務に関わっていない人間がこんなことを発信するのもアレですが、、、

前回の記事では多文化共生というか多文化主義を若干ディスりました。

その上で多文化共生の実現方法を論じるのも少しズレている気がしますが。

1.他のガイジンは怖いけど、、

これはつい3日くらい前にとある日本在住の外国籍の方に伺ったお話なのですが、日本人の同僚に「他のガイジンは怖いけどあなたはガイジンみたいじゃな

もっとみる
他の記事も読んでもらえると嬉しいです^^
4

日本で「難民」として暮らすということ。(2)制度への疑問とクルドの人々の暮らし

大学3年次に執筆した、日本で暮らすクルド人に関するレポートの後編。
まず日本の難民認定制度から始めて、多くのクルド人の方々が暮らす川口市についての調査から、彼らの生活のために何が必要か、考えたことを書いています。

3. 日本の難民認定制度

(出典:UNHCR駐日事務所ウェブサイト)

ここまでトルコ国内の事情を見てきたが、以降は日本におけるクルド人の状況を見ていく。そのためにまず、日本の難民認

もっとみる

日本で「難民」として暮らすということ。(1)なぜクルド人は故郷から逃れるのか

私が大学3年次に授業で執筆した、在日クルド人に関するレポートを、2つの記事に分けて公開します。
今回の報道を受けて、これまでの日本でクルド人の方々が経験してきた歴史や困難を踏まえないままされる議論を見て、不安を覚えたのが記事公開のきっかけです。デモをしている人々は、今回の事案に怒っているだけではないんです。アメリカの人種の問題のように、積み重なってきた不当な扱いに抗議しているという面も大きいはずで

もっとみる

コロナよりも危険なウィルスに警鐘を鳴らしたい。~民族主義・排外主義が加速する理由~

ミネアポリスの警察署が燃え、人々が歓声を上げているシーンをCNNのニュースで見ながら、映画「ジョーカー」のラストシーンを思い出していました。
 トランプ大統領は、かつて公民権運動を弾圧したマイアミ市警トップの有名な言葉を用いてこんなツイートを投稿:「暴徒たちはジョージ・フロイド(今回の暴動のきっかけとなった、警察の暴行により亡くなった黒人男性)の名誉を傷つけている。そんなことは起こさせない。さっき

もっとみる

「不思議な薬箱を開く時」

こんにちは、
「不思議な薬箱を開く時」です。
あの人には、いい薬だ。
なんて言い方がありますよね。
たいていが、経験した本人にとっては、
嫌なことだったりします。
薬には、あまりいい印象はありませんね。
痛みや苦しみから救ってくれるのですが、
痛みや苦しみを経験したくないことも確かです。
あなたが薬のお世話になりませんように。
では、今日も、お薬箱を開けてみましょう。

お薬番号・46

「眠らな

もっとみる
うれしいです。これからも、精進いたします。
4

200529 | ケベック州、PEQでの永住権申請の条件が若干大変になった

移住考えてない人にはマジでどうでもいい日記です。

===

カナダのケベック州では、PEQという、学校行ってフランス語流暢に喋ってくれたら永住権あげるよ制度があったのだけど、今回改定になった。

別に改定になるのはいいんだけど、仕事をどうするみたいな人生設計が崩れるのでやめてくれ〜と思わなくもない。

どう変わったかっていうのを公式がアナウンスしているのがこのページで、

永住権サポートの会社が

もっとみる
好きなお菓子言います。鳩サブレ
11