たとえば難民キャンプにいくとしたら

大したスキルもなく、
大きな夢もなかった私…

せめて可能性のある人たちが
夢を叶える環境を整えたい!
サポートをしたい!
という、かろうじて夢?というか
目標があります。

1、「難民」という情報との出会い

また別記事に詳細書きますが、
昨年、会社を通してイギリスに留学しました。
基本的にはインターナショナルの学生達と
英語の授業だったのですが、
優秀?だった人だけ招待された特別授業を
最終週

もっとみる

人を助けたいと、人は思うもの。 戦争とは。“原爆75年”Dr.SOKO DAY47/50

チャップリン

私たちは皆、お互いに助け合いたいと思っています。人間とはそういうものだからです。相手の不幸ではなく、お互いの幸福によって生きていきたいのです。

We all want to help one another. Human beings are like that. We want to live by each other’s happiness, not by each oth

もっとみる
ありがとうございます。どうか良い一日を!
2

ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表土井香苗さんインタビュー「声を上げれば、難民は守れる」

日本に住んでいると、難民問題を“どこか遠い国の話”として捉えてしまうという人は、多いかもしれません。では、今の日本に、難民を苦しめる “強制収容所”があると知ったらいかがでしょう?

正式には「入国者収容所入国管理センター」というこの施設は、在留資格をもらえない外国人などを、裁判所の関与のないまま法務省入国管理局の内部決定によって期限なく収容するところです。難民申請者がこの施設に強制的に入れられる

もっとみる

受け入れたくないものから逃げ続けることは不可能です。
あなたがずっと避けてきたものに直面しなければならない時が来るでしょう。
Sayuri

Living in Peace難民プロジェクトのnoteを開始します。

皆さまこんにちは、Living in Peace(以下、LIP)難民プロジェクトです。
このたび、LIP難民プロジェクトの活動報告や様々な情報をお届けするために、noteを始めることになりました!

私たちのことを知らないという方のために、まず簡単な自己紹介をさせてください。

■Living in Peaceとは

LIPは「すべての人にチャンスを」をビジョンに掲げ、「機会の平等を通じた貧困削減

もっとみる

今日でスウェーデン移住2年目!

別にお祝いするつもりもないけれど、2年で私の中身がガラリと変わりました。そのことに1番びっくりしているのは自分。

1年目はとにかく帰りたかった…そしてとりあえず2年我慢すれば永住ビザに切り替わる!と信じて耐えていたのは否めません。

自分の世界ができて変わった

息子が園に入って私も語学学校に通い出したら自分の世界が外にできて、日本で暮らしていた頃とはまた違う色々な国の友達ができたことで月並みだ

もっとみる
Tack!(スウェーデン語の「ありがとう」です)
5

【Meet Refugee Talents!! ~こんな人会ったことない!世界の激レアさんをご紹介~】 第一弾 キャシーさん

普段、あまり馴染みのない「難民」と呼ばれる人たち。

その言葉の向こうに、実は、誰かにとっての未来の友人や仕事仲間、ワクワクする挑戦を共にする仲間がいるかもしれない。

そんな「難民」という言葉の向こうにいる一人ひとりの魅力と強みを伝え、「会ってみたい」のキッカケをお届けします。

「難民」と日本のビジネスセクターの化学反応を目指して

これまでWELgeeでは、「貧困」「悲惨」などのイメージで描

もっとみる
逆境パッション🔥をおすそ分けします !
4

パトさんとすべての入管収容者を解放せよ!Free Pat and all migrant detainees in Japan!

English to follow.

トロント日本領事館前抗議行動 8月7日 16:00~Toronto Dominion Centreビル前 (77 King Street West)

Facebookイベントページ

日本の出入国在留管理局に収容されているフィリピン出身のトランスジェンダーの女性パトさんと、コロナ大流行にもかかわわらず投獄されている500人以上の移住収容者の人々の解放を求

もっとみる

英国・豪州の香港人に対するビザの措置は難民の国際保護に役立つのだろうか。

香港に対する国家安全法が成立したのち、今月、英国と豪州が香港人へのビザの優遇措置を発表しました。一見すると、自由と自治が損なわれる恐れがある香港の人々への救済措置のように見えるのですが、このような措置は果たしてプラス面ばかりでしょうか。ことに、難民の国際保護という枠組みに与える影響はどうでしょうか。

国家安全法の成立

今月の初めに、中国が香港国家安全維持法案を6月30日に可決した(以下、国家安

もっとみる
スキありがとうございます!
1

「いつでもおいでや」 無条件に受け入れる言葉の持つ力

昨年の8月に企画・実施した、ステップハウスとも(大阪市西成区で身寄りのない若年女性の自立を支える、荘保共子さんの取り組み)の運営資金を集めるクラウドファンディング。

企画を取材してくださったノンフィクションライター、飯島裕子さんによる記事では、ステップハウス利用者(DV被害から逃れてきたAさん)の次のような声が取り上げられていました。

荘保さん:うちのことをどうやって知ったんだっけ?
Aさん:

もっとみる
ありがとうございます! いつでも遊びにきてください!
38