畜産業

#田舎暮らし

 こんばんは。IERU(挑戦するマン)です。
 記念すべき、10本目の投稿です!これまで何事も続かなかったIERUですが、あっという間に10本投稿することができました!

今日は、ふと思いついたことを投稿させてください。結論から言います。
"田舎で、一次産業(農業、水産業)を営みながらyoutuberとして配信する。”

ありきたりですよねー(笑)ぶっちゃけ、鉄腕ダッシュみたいな感じですね!昔のダ

もっとみる
元気出るわー!
3

牛飼いが楽になる?スマート農業

スマート農業と言う言葉を聞いたことはありますか。どういう意味かと言うと、ネット技術やロボットを使って簡単に良いものを作ろうという農業です。

牛飼いにもスマート農業がありまして、例えば遠隔カメラを使って自宅でのんびりしながら牛を見たり(実際は見に行かないとわからない事もある。)牛にセンサーを付けて体調管理や発情、分娩の発見を機械に頼んだりするわけです。

私は、ど素人からスタートだったので逆に機械

もっとみる

引きこもり、牛の競り市へ行く(前日準備)

学生時代に教員から性的関係を求められて人間不信になり、摂食障害(主に過食症)に苦しみ、もちもちに太った引きこもりの私が、牛を育てながら人生をやり直す話その5です

牛は生後数ヵ月したら、ピアスを開けるみたいに耳に黄色い番号札をつける。
この時に牛の名前、性別、生年月日といった個牛情報が正式に登録される。
名前は農家さんが好きにつけることもあるけど、特に指定しなければ親牛の名前の一部をもじって名付け

もっとみる
Thanks❤️ 黒毛和牛はワサビ醤油で食べるのがオススメです🐮
2

今日の新聞[2021.3.23]

意外にも、日本は畜産国だという。農業生産額のシェアを見ると畜産業は約36%を占め、野菜や米よりも高いそうだ(「経済気象台」朝日新聞2021.3.23, p.10)。

ところが35面の「ニュース3Q; 「SDGs的な生活」無理なくできる?」の、記者が1週間肉食をやめることを試みた記事が目に留まった。(朝日新聞2021.3.23, p.35)

家畜の飼育に必要な水や飼料が必要なので大量の資源が必要

もっとみる
スキありがとうござます。

化学ニュースピックアップ Vol.7 ~培養肉の可能性と課題~

数年前から話題になっている培養肉。
読んで字のごとく、培養した肉です。
アメリカでは試食や店舗での販売が試みられています。
日本においても、培養肉の研究・実用化(?)が進められています。
では、どのようにして培養肉は作られているんでしょうか?
普及に向けた課題や、普及するとどんなメリットがあるのか、解説します。

まずは、培養肉が登場した背景からお話しします。
*タイトル画像は培養肉ではありません

もっとみる
ゲルの謎にまた一歩近付きました!
1

移住から就農までの3年を振り返る

表題の通りです。あまり回りとは比較したくないけれど、同時期に就農目指してた人達は私より2年とか早く就農してます。なので、なぜ私がこれだけ時間が掛かったのか?答えは

ノウハウがなかった。

農業のノウハウじゃなくて、就農のノウハウ。このさつま町でも、新規就農者ってのは何人も毎年出てて皆さんそれぞれ苦労はあれど道筋がしっかりしてた。例えば、地元はこっちだけど東京にずっといて牛飼いなんかした事ない友人

もっとみる

牛乳へのおもい

給食に牛乳ってどうなの?

おはようございます。
娘が夜泣き?でずっとグズグズしてて起きてしまいました!
朝活できたから逆にありがとう。

さて,日頃より,気になっているのが給食時の牛乳。
小さい頃は生活クラブの牛乳を飲んでいたけど,いつからか牛乳飲むとお腹痛くなることもあったので気づいたときには家にもなかったのですが,こうして教職に就いて給食時牛乳があることにやっぱり違和感があります。
だって白

もっとみる
嬉しい!励みになります!
5

農家で働く

非農家出身の私が様々な牧場で働いた経験をもとに、農家ならではの独特な感じから社会人としては当たり前だよねってことまで。
あの時こうすりゃよかった〜!、こうしてよかった!なんて思ったことを書いてみたいと思います。

1 大きな声ではきはきと明瞭に

え、暗い性格な人はだめなの?ぺちゃくちゃしゃべるの苦手なんだけど.....って思う人もいるかもしれませんが、そういうことではないので安心してください。

もっとみる