20201201|心に残ったゲームを思い出してみる。

思い出のゲームって言われたら、迷宮組曲かな。

1980年生まれだから40歳。
やっぱりファミコン世代だからね。
思い出してみてるけど、何が心に残ってるかな。

ゲーム関係のnoteはまぁまぁ書いている。

ん〜。
実家が結構町から離れてたから、
対戦もののゲームって兄弟だけでしか出来なくて、
ケンカの種になるからあんまりやらなかった。
町の友達の家に行くと、対戦ものばっか。
野球だのサッカーだの

もっとみる
いい日でありますように!
9

オタク超絶有能説【普通のサラリーマンがオタクを目指して頑張る(?)日記(123日目)】

こんばんは。

今日も今日とて、オタクにまつわるニュースを読んで感じたことを書き記そうと思います。

今日取り上げる記事はこちら。

収集するタイプのオタクっているよねと言う話です。

この手のオタクを見て僕が思うことは一つ。

その集めるお金どこから出てきてるん?

…これみなさん思いますよね?

僕なりに考えてみたのですが、以下の2つに集約されるのではないかとの結論に至りました。

1.生活の

もっとみる
毎日更新しているので明日も覗いて下さい!
6

レイトマジョリティですけど、何か?

今流行っているものに対しては基本的にあまり見向きしません。
ライターとして、著しく欠如していることは認めましょう。
なぜかと言うと、みんな良いと言っても自分が良いと思うわけではないからです。

新しいモノ好きではありますが、多くの人に人気のあるモノを取り入れても、何の面白みもなくって。
どうせ面白みを求めるのであれば、自分が新しいと感じた唯一無二のモノを探して取り入れたい派なんです。

…とはいえ

もっとみる
私の承認欲求が満たされました♡♡
15

大学生で最強な奴

抽象的すぎるタイトルではありますが、最強な奴=有益な大学生活を送っている と解釈してくれればと思います。

私が思う最強な奴とは頭がいいことや学校の成績が高いこと、英語が話せることではありません。

とにかく、1つのことに熱中していることです。

私の周りでいた事例を紹介します。

彼はYoutuberとして活動していて、そのYoutubeの動画を制作するのに熱中してしまい、大学は留年、成人式でさ

もっとみる
NOTE勉強中です。よろしくお願いします!
38

「成功への一本道」仕事に”モーレツ”に熱中する秘訣

こんにちは、株式会社Ex-Work代表の馬渕です。

前回のnoteでは「熱中している人が“最強”な理由」をお話ししました。今回は後編として、実際に仕事に熱中するにはどうすればいいか、その秘訣をお話しします。

また、こちらの内容は@DIMEさんに取材してもらった記事もあります。

(前回の振り返り)「熱中している人が“最強”な理由」

仕事に熱中している人は、

①労力の投下量が多い
②自ずと目

もっとみる
スキありがとうございます!
4

「どんなエリートも勝てない」熱中している人が“最強”な理由

こんにちは。
若手ビジネスパーソン向けの教育・人材事業を行なっている株式会社Ex-Work代表の馬渕です。

自己紹介:
京都大学卒業後、総合商社、外資戦略コンサルを経て、株式会社Ex-Workを設立。「すべての人が自由に面白く働いている社会を創る」をミッションに、若手ビジネスパーソン向けの人材・教育事業を展開しています。

詳しい自己紹介はこちらのnoteをご覧ください。

突然ですが、皆さんは

もっとみる
スキありがとうございます!
15

熱が出なくなった話

20歳からパッタリとあらゆることへの興味がなくなった。

ADHDという障害を持っているため、注意力散漫はめちゃくちゃあるが、はっきりと、20歳から【情熱を持って心血注いで熱中すること】がなくなった。

中学時代は絵を描くことに夢中だった。自分の絵が下手だとは思い続け(本当に描けない)ながらも、好きなキャラクターを描き続けた。

高校時代は部活に熱中し、全国大会出場も果たした(競技人口が少なかった

もっとみる
ありがとうございます。

イタリア語との出会いは突然に

私が人生の中で寝食忘れるほど没頭したのは

イタリア語とバイオリン。

今日はイタリア語について語ろうと思う。

出会い

時は1990年代。

大学3年生の頃、赤坂の語学学校の英会話レッスンに通っていた。

週3回通って確か月5,000円の月謝。イタリア語と出会うだなんて想像もせず、英語を話せるようになりたくて通い始めた。

あまり日本に友好的ではないように見えたアメリカ人の講師と数人の日本人と

もっとみる
わー、うれしいです!
27

熱中するもの

各種電鉄の経営戦略に関する研究は、食事を忘れるほど熱中してしまう。

3年後の就活に備えて。

いや、就活が目標ではない。

今の日本ではできなくなった、持続可能なまちづくりの解決策を提示し、実現させるという人生をかけた課題を解決したいという目標を目指し…。

今、私は、熱中している。

もちろん、大学院入試の勉強にも腰が入る。

サクサクと理解が進む。

ようやく、人生に光が差し込み、その光に向

もっとみる
ありがとうございます!今後の励みになります!!
1

寝食忘れるほど、打ち込む必要さ

10月、11月といえば美容技術のコンテストが

各団体、各メーカーで催される時期ですね。

夏前に各エリアによる予選が開かれ、秋になると

全国大会になるコンテストも多いですね。

※専門学校生のときにロレアルカラートロフィ出場
その時の写真。


【寝食忘れるほど打ち込む】



自分の昔話をすると

コンテストは日常茶飯事。先輩も自分も関係なく

参加していました。若手だったボクは

特に

もっとみる
ありがとうございます✄
55