海外バックパッカー

タイ風カレーうどん「カオソーイ」とピッタリな砂糖入り玄米茶【タイ・チェンマイ】

2016/10/2投稿

-----------------------------

タイは全くのノープラン旅。ずっとバンコクにいるとさすがに退屈なので、北に行くか、南に行くか。つまりは山に行くか海に行くか悩んでいましたが、色んな人の話を聞いて今回は北に行くことに決定!

決めるまでには紆余曲折ありました。なぜなら…私はビーチリゾートは苦手なのだけれど、兼ねてからパタヤには行ってみたいと思ってい

もっとみる
あなたの旅の思い出もよかったきかせてください
1

[travel note #31]バンビエンのレストランで

バンビエンは自然に囲まれたとても静かな街だった。

と言いたいけど、ここはヒッピータウンと呼ばれるくらい街中にヒッピーが溢れていて、レストランにはどこも欧米人でいっぱいだった。

ここは本当にあののどかで静かなラオスか?と思うほど、ラオス感はなかった。

それでも、バイクで街を出ると一気に雄大な自然に囲まれて、訪れた小さな村々では素朴で無邪気な子供たちの笑顔が見れたので、僕はやっぱり好きだった。

もっとみる
ありがとうございます!
9

サンフランシスコでやってみたかったこと

どこもかしこも坂だらけのサンフランシスコには、ケーブルカーが走ってます。ちょうどパウエルというところが始発なのですが長蛇の列でやはり観光客には大人気のようです。

バスやケーブルカー3日間乗り放題のパスも利用できます。私はこちらを購入しました。

このケーブルカーにつかまり立ちしてみたかったので、
始発から乗ってみることにしました。

うふふ!楽しみ。

手動で、先頭をクルッと交換させて発車です。

もっとみる
励みになります
5

タイのセブンイレブンで売ってるチルド餃子が日本並みのクオリティで驚いた【タイ・バンコク】

2016/9/28投稿

-----------------------------

どうも!日本ではスタイルワンの100円チルド餃子をよくお弁当に持っていっていたオウミです。

さて、世界餃子ハンター(と勝手に名乗ってみている)の側面も持ちつつ世界一周中の旅をしている私。もちろんタイでも、この国にしかないご当地餃子を探していましたが…これがなかなか見つからない…!ネットでリサーチしても、人に聞

もっとみる
あなたの旅の思い出もよかったきかせてください

[世界遺産][幻の天空都市] マチュピチュ遺跡を巡る!

マチュピチュとは

マチュピチュはインカ帝国の一つの都市, 標高2430mの断崖にそびえ立つ空中都市と言われている インカ帝国はケチュア族によって作られた帝国で、現在のペルー・ボリビア・エクアドルに位置. 1200年頃に成立したが1533年にスペインによって滅亡. インカ帝国のアンデス文化は文字が存在しなかったため, その時代の詳細記録が残っていない. 様々な説があるが, 誰がなんのために築いたの

もっとみる
スキありがとうございます☆彡
5

突っ込みどころだらけのバスガス爆発(後編)

日本人は皆、南米のバスで財布やパスポートやiphoneをスられているから気をつけてと、私に注意してくれたのは、チリで出会った女の子だったかしら。

現地人99%(つまり私以外全員)のこのバス、お隣には今風のお兄さんが座りました。
スリだったらどうしよう。

あ、全然心配ないわ、この人大量の札束が覗く財布を、よりにもよって私側のポケットにしまったわ。
完璧に私よりお金持ちだ。

悪路だから、酷いバス

もっとみる
スキ100倍返し♡
8

灼熱のアユタヤを自転車で爆走したら、その日を"ビール記念日"にしたくなった【タイ・アユタヤ】

2016/9/24投稿

-----------------------------

バンコクについて私が必ずやりたかったことは2つ。1つはデジカメの修理。そして、もう1つはアユタヤへ行くこと。

前日の夜、ちょうど時を同じくしてアユタヤに行く予定だったTさんと一緒に行こうと話していると、同い年のNくん、そして最年少18歳Yくんも一緒に行くことになり、アレヨアレヨという間に4人のパーティ結成!日

もっとみる
またお目にかかれたら嬉しいです。

美女たちの国、魅惑のイランを行く!vol.6 ~エスハファーン編2~

 バリブルさんというイラン人の同行人を得た私は、世界の半分と言われたエスファハーンをハイピッチで巡った。テヘランに職探しに行かなくてはならないバリブルさんは、この日夕方近くまで私の観光に付き合ってくれた。そして別れの時間が近づいていた。

 2019年ゴールデンウィークにおける旅程は4月26日~5月6日の11日間で、ここまでは次の通り。

4月26日 昼頃、成田から出発
4月27日 シーラーズ到着

もっとみる
頑張って書きます!

旅行中にカップル成立!?(東南アジア6・ラオス)

2019年12月30日(8日目)

この日は個人でカヤックツアーに申し込んだ。

始まってすぐ絶望。

みんな団体で申し込んでおり、私だけぼっちだったのだ。

しかし、そんな私を察したのか、近くのベトナム人が気さくに話しかけてくれ、彼らと共にツアーをまわることに。

この左4人が話しかけてくれた。

ぼっちではじまったツアーだったが、ベトナム人のお陰でみんなと仲良くなれ、なんだかんだ楽しめた。

もっとみる
励みになります!ありがとうございます!
5

汚い話をしてすみません(東南アジア5・ラオス)

2019年12月29日(7日目)

パークセーから南下して、シーバンドンという地域のデッド島へ向かう。

デッド島到着後いつものごとく裸チャリ。

道も整備されておらず自転車での移動はかなり困難だが田舎道に裸は気持ちがいい。

デッド島は滝が有名。

島内観光を終え帰路に着く。

ラオスらしく、17時ごろには街灯が殆どないので真っ暗になる。

ちょっとした灯りには虫が群がりまくる。

トイレ後、手

もっとみる
励みになります!ありがとうございます!
2